« 術後6日目 | トップページ | 術後8日目 »

2004年8月 6日 (金)

術後7日目

右わき腹にささったドレーン。体の中からでてくる膿をためるものだ。手術したばかりのころは赤い色をしていたが、ここにきてロゼ程度に。1日で56cc。30ccをきれば、ドレーンが抜かれる。これがつながっている限り、お風呂も入れない。

高校時代の友人、CとSが見舞いに来てくれた。ケーキをどっさり買ってきてくれて、うれしいやら大変やら。とても食べきれないので、同室のメンバーと分けることに。さあ、どれが良い?と盛り上がっている真っ只中にはかちゃん来襲。すごいタイミングの良さ。

はかちゃんの指示で病室のドアを閉め、Yさんの明日の手術の説明にきていた麻酔科の研修医さんを交えた8人でケーキを食べた。Y木さんも、昨日の主治医の病状説明が厳しく少し落ち込んでいたが、おかげで病室内が明るい雰囲気に。甘いものパワーだ。

Sに言われたが10年健存率なんて気にすることは無い。数字は、10年以上前の治療方法に基づくもの。私には私の癌の個性、治療がある。今はただ、はかちゃんの言うことを信じるしかない。このあたり、仕事と一緒だ。

検温(朝)36.7度(昼)37.2度(夜)36.6度 窓際のベッドは日当たりが良すぎて、暑い!

« 術後6日目 | トップページ | 術後8日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 術後6日目 | トップページ | 術後8日目 »