« 化学療法2回目(初日) | トップページ | 化学療法2回目(3日目) »

2004年9月29日 (水)

化学療法2回目(2日目)

1DSC00352前回同様、全く眠れなかった。夜中じゅうMDを聞いていたため、テーブルの上はMDだらけ。

足のだるさがかなり残っている。軽い痺れあり。のどの奥にものがつまったような感じは続いている。吐きたくても、カイトリルパワーで「吐く機能」が停止させれているような状態。頭痛もする。

今回は癌友のK野ちゃんと一緒だ。K野ちゃんは、IOさんと同時期入院。IOさんのお見舞いをしたときに紹介された。病理の結果まちをしており、歳は私より一つ下。両側NEW癌だ。

彼女が言うには、9月末の外来時、一つ前の患者が私だったそうだ。中待合で待っていると、中から「抗がん剤やります宣言」が聞こえてきたらしい。威勢が良かったので覚えているとのこと。その後入った彼女は「両側★全摘宣言」。うまがあうので、初日からバカ笑いしっぱなし。おかげで気がまぎれる。

いっしょに入院手続きをしたK藤さんは47歳。天然なのか、思考が若くて話が合う。午前中の回診前、K藤さんの癌友のAさんが外来ついでにお見舞いに。Aさんのことは、手術入院で同室になったWさんから噂を聞いていた。実際に会ってみると、第一印象で波長が合いそうもなかった。

このAさんが、★談社そばの美味しい和菓子屋群林堂の豆大福を大量に買ってきてくれた。副作用があっても甘いものは入る。塩豆とあんこのバランスが絶妙。美味しく頂いている最中、はかちゃん来襲。はかちゃんも群林堂は大好物。ポケットに2個入れた。今夜は深夜勤なので夜食にするとのこと。

放射線外来のついでだといって妖怪ボヤッキーがきた。病室にきてまたぼやいている。ぼやくなら来んなって感じ。

検温(朝)37.1度(昼)37.3度(夜)36.8度 便秘中 微熱も続く

« 化学療法2回目(初日) | トップページ | 化学療法2回目(3日目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 化学療法2回目(初日) | トップページ | 化学療法2回目(3日目) »