« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004年10月

2004年10月29日 (金)

化学療法3回目(8日目)

RIMG0444 3回連続の一発退院。楽勝と思っていたら、2900!!とうとう3000を切った。減少量は着実に大きくなっている。

  1. 1回目:4000⇒3300(-700)
  2. 2回目:4400⇒3000(-1400)
  3. 3回目:4600⇒2900(-1700)

ほぼ3週間という投与日程による影響もあるだろうが、薬の蓄積効果が数字にも表れはじめている。

薬剤師Tさんのところへ、薬学大の学生が3人実習できている。Tさんから担当してもらえないかと頼まれ快諾、宿題を出すことになった。今1番の悩みといえば血管痛。そこで、「血管痛は何故起こるのか?」を宿題とした。

調べてもらった結果、抗がん剤には「壊死性」のものと「炎症性」の2種類があるとのこと。血管痛は、このうち「壊死性」の薬剤に原因があると考えられ、投与されている薬の中ではファルモルビシンが相当するとのこと。

「壊死性」だなんて、聞いただけでも恐ろしい薬だ。これでは、血管も腎臓も肝臓も悪くなるはずだ。私の免疫システムにも影響大だ。

自分で選んだ道とはいえ、効果があるかどうかもわからないものに、高いお金を払って身体を壊す。抗がん剤ってなんて恐ろしい薬なんだと痛感した。

退院祝いに1人で寿司屋へ。18個食し、6000円なり。

検温(朝)36.4度

| コメント (0)

2004年10月28日 (木)

化学療法3回目(7日目)

Iさんの入院にあわせ、昼間、癌友6人が8号室へ集合。賑やかな会合となった。これで白血球数も大幅UP間違いないだろう。

下剤4錠が効いたのか、7日目にしてようやくう★こが登場。ところが、出すぎ!会合中、6回も行ってしまった。便秘するよりはまし。

検温(朝)36.5度(昼)36.4度(夜)36.6度

| コメント (0)

2004年10月27日 (水)

化学療法3回目(6日目)

CIMG0066 便秘だ。

抗がん剤を投与した後はいつも便秘だ。下剤をしこたま飲んでも、痛くなるだけで、全くでない。出る気がない。

トイレに座ったまま、便座の暖かさにつられて、何をしにきたのか忘れてしまう。出し方すら忘れてしまった。

病棟内の女子トイレにはトイレが3つある。このうちウォシュレットがついたトイレは、アコーディオンカーテンがついた個室1つだけ。たまに、ぼけた老人が開けようとするので、気が気じゃない。

トイレの背後には蓄尿ルームがある。常に人がうろついていて落ち着かない。ナースステーションも近いので、「エリーゼのために」が頻繁にながれ、気になって仕方が無い。このシチュエーションが肛門を閉じさせるのに違いない。

大腸癌のOさんご愛用の酸化マンガン(通称:サンカマ)をげとぉー。次回入院から使ってみようと思う。入院生活の大部分は、う★こ話だ。

検温(朝)36.5度(昼)36.4度(夜)36.4度

| コメント (0)

2004年10月26日 (火)

化学療法3回目(5日目)

今回は、便秘と血管痛以外、特にこれといった副作用もない。順調だ。

午前中、癌友MちゃんとKちゃんがお見舞いに来てくれた。Mちゃんにはいつも励まされている。さすが心理カウンセラー。ツボをよく知っている。

この病気になってから、仕事や生き方に対する見方、取り組み方が変わった。これは癌友がみな口をそろえて言う言葉だ。この病気にかからなかったら知らなかった世界がたくさんある。これから先の人生は、今までの人生は充実したものになるだろう。積極的にそうしたい。

時間を大切に、生きることに意欲的に。

検温(朝)36.4度(昼)36.4度(夜)36.6度 便秘。どうにかしてくれ。

★Kさんが合流。はかちゃんに「人間ステロイド剤」と言われた。

| コメント (0)

2004年10月25日 (月)

化学療法3回目(4日目)

1022 副作用の頭痛は少しおさまってきた。その他は問題なし。

午前中、外来ついでに癌友Kちゃんがお見舞いに来た。父親が肝臓癌で入院したとのこと。自分のことでも大変なのに、親の面倒まで・・・大変だ。

夕方、サブ主治医のときちゃん来襲。この頃、ようやく慣れてきたのか、フランクに話ができるようになった。表情も明るくなった。歳は私より一つ下。今は仕事が面白くて仕方がない頃だろう。

今、最大の悩みは血管痛。どうもエンドキサンかファルモルビシンを疑っている。点滴を投与している最中から痛い。右手の機能は回復したというのに、反対側の左手が血管痛のおかげで伸びも反りもできない状態。ものがあたっただけでも痛い。

腕をみると、キラウェイ火山のマグマ流出跡のような青アザが無数にはしっている。まわりの皮膚から少し窪んだ感じ。

はかちゃんに訴えたところ、リンデロンVG軟膏(シオノギ製薬ステロイド剤)とリバノール湿布(通称リバ湿布・黄色い液体湿布)で包帯を巻かれる。気休めかもしれないが、何もやらないよりはましだ。

検温(朝)36.7度(昼)36.4度(夜)36.6度 便秘中 蓄尿は今日まで。

2回目の化学療法時に隣のベッドになった大腸癌のOさんが入院。老人ホームから一気に脱出。

| コメント (0)

2004年10月24日 (日)

化学療法3回目(3日目)

副作用は頭痛。ひどい頭痛だ。思考力が落ちる。

外泊帰りのシャーからハムをもらった。スーパーで安売りしている4パックセットになってテープでとめられているやつだ。

私は朝食はパン党。それをみて買ってきてくれたらしいが、高級ハムならまだしも・・・。シャーの気持ちはありがたいが、多分食べないだろうなぁ。

CIMG0155最近、体力の衰えを実感!入院生活の中で欠かさずに行っていた階段昇降。寝たきり生活は足が弱るので、術後は毎日地下1階から6階を10往復していた。抗がん剤入院中も続けていたが、ここのところ2往復程度でめまいがするように。息切れも甚だしい。薬の影響で体が弱っていることを実感。気分を変えて病院の敷地内を散歩。冷たい空気が気持ちよかった。

体重はMAX更新中。もう誰か止めてって感じ。51.9kgまできた。抗がん剤ダイエットはできず。

検温(朝)36.8度(昼)36.9度(夜)36.7度

| コメント (0)

2004年10月23日 (土)

化学療法3回目(2日目)

恒例のノン睡眠。

抗がん剤投与後の初夜は眠れたためしがない。前回のような倦怠感は今のところないが頭痛がする。吐き気はない。食欲もないけど。

午後、はかちゃん来襲。術後から気になっていた術式のことについて質問をした。

私の癌はできた場所が乳房の下、奥のほうにあったため、CT画像からは筋肉との癒着が考えられた。そのため、「開けてみてやばかったら、筋肉も一部切除する」と言われていた。なので、「開けてみてどうだったのか」を知りたかった。

質問をすると、「おれ、切らなかった気がするな~。ちょっとカルテをみて確認してくるな。」十数分後にはかちゃんが戻り、「切除してないよ。断端もマイナス。」

私はリハビリをしている最中も「筋肉をとられた気分で」運動していた。まさかとっていなかったとは!ぷぎーっ!あのリハビリはなんだったんだー! 

筋肉は再生しないので、一部でもとってしまうとQOLの低下が著しい。運動好きな私にとっては支障大。本当に良かった。

夕方、新潟長岡市で大地震が発生。病院もかなり揺れた。6階なので、ゆれ幅が大きい。ニュースはまだ混乱している。被害が小さいことを祈る。

検温(朝)37.1度(昼)37.2度(夜)37.0度 例によって微熱が続く

| コメント (0)

2004年10月22日 (金)

化学療法3回目(初日)

本日より3回目の抗がん剤。白血球数4600という高数値で入院。今回も一発退院はほぼ間違いないだろう。

病室は620病棟の8号室。今回は年寄りばかり。老人ホームのよう。みんなカーテンを閉めっぱなしなので、くらーい雰囲気。病気になりそう。

点滴針さしは、研修医のHちゃんが失敗してときちゃんが担当。午後から点滴開始。終了予定は5時。

  1. デカドロン・・・ステロイドホルモン・アレルギー反応や炎症を抑える(10分)
  2. カイトリル・・・吐き気止め(10分)
  3. ファルモルビシン・・・抗がん剤(15分)
  4. 5FU・・・抗がん剤(60分)
  5. エンドキサン・・・抗がん剤(60分)
  6. カイトリル・・・吐き気止め(10分)

今まで採血で血管がとれなかったことなど1度も無かったが、抗がん剤で血管が焼け、肌の表面から無くなっている。「血管が逃げる」。そのため、丁寧に血管を探っていかなければならず、難易度高し。

検温(昼)36.6度(夜)36.9度

斜め向かいに「シャー」がいる。右斜め向かいには「なべちゃん」。なべちゃんとは話が合いそうだ。

| コメント (0)

2004年10月 6日 (水)

蚊に刺された!

退院早々、よりによって右腕上腕を蚊にさされた! パニック状態!

ことの発端は外での会話。いつもは十分に注意をしているのだが、夕刊をとりにいった帰りに隣家の義母につかまった。ながながと話し込んで、なかなか開放してくれない。私は蚊が気になって仕方がないというのに。

ようやく話が終わって、体をチェックすると、右腕に赤い点が・・・。ぷっぎー!!!最大のぷっぎー!!!蚊に刺された=====!! しかも右腕だ=====!!

虫刺されの薬を塗り、様子をみているとだんだん赤い点が消えていく。念のため、現在入院中のKちゃんと、本日より入院のIさんにメールを送り、夜7時30分のはかちゃん回診時に聞いてもらうよう手配した・・・、が、たまたますれ違いになったらしく、つかまらない。

「悶々としているぐらいなら、いっそのこと緊急外来へ行ったほうが良いよ」

と言われ、我に返った。確かに。そこから病院へいくと、今日の外来担当医はM先生。腕をみせると、もう何処を蚊に刺されたかもわからない状態。

「うん、これなら大丈夫だよ。 うんと腫れたり、腕全体がむくんだりしなければ大丈夫。」

よかった。ほっとすると同時に、気を抜いたことを反省。断る勇気をもとう。人に付き合うのはやめよう。

旦那から、私への屋外引止め行為・会話禁止令がだされた。ありがとう。

| コメント (2)

2004年10月 5日 (火)

化学療法2回目(8日目)

無事退院。

  • 白血球数3000
  • 赤血球数388
  • 血小板24.2

入院時白血球数4400だったので-1400。初回と比べて減少量が大きくなっている。

同時退院は無理ではないか予想されていたK藤さんも2000以上を出力!無事に退院となった。これにははかちゃんもびっくり。

前日夜のTV番組で、池袋にあるすし屋を紹介していた。退院祝いと称し、二人で食べに行くことに。清水出身のK藤さん、寿司には目が無い。

黒板メニューの高級品ばかり20個を食べ、支払いは8千円。白球級数が減少しているので、あまり生ものは食べてはいけないはずなのに、食への煩悩はとどまることを知らない。

今回の入院はとても楽しい入院だった。シャーとの出会いは衝撃的だったが。

次回は22日から。電子カルテ導入後の初入院。

検温(朝)36.3度

| コメント (0)

2004年10月 4日 (月)

化学療法2回目(7日目)

一昨日から8号室を覗き込んだり、間違って入ってくる派手なババァがいた。

お年寄りが自分の病室へ帰れなくなってしまうことは良くあるが、どうも様子が違う。「変な奴」と思いつつ、無視していると、昨日の消灯10分前になってバタバタとベッドが移動されてくる。

名探偵コナンスペシャルを見ていた8号室メンバーも、「何、こんな時間に?」。みてみると、ど派手ババァが立っている。隣のベッドの人が臭いので(おむつ)、部屋換えしてもらったとのこと。

病室間の移動は、看護師長の許可が要る。たまたま日曜日で不在だったため、特別許可がおりたらしい。「隣の人が臭い」からって、少しは相手の気持ちも考えてやれよ。もらしたくてもらしているわけじゃないんだから。

この理由からして我がままで気に入らない。公共性のないばばぁは大嫌いなオレ様。絶対無視してやる!と心に誓い、対岸のK&Kと激しいメール交換。同室の悪口もメールならOK!

ばたばたしているうちに、消灯時間。な、の、に、ど派手ババァはテレビをつけっ放し。しかも耳が遠いので音はモレモレ。挙句の果てには引き出しを開け、バリバリとお煎餅まで食べ始めた。これには怒り爆発。本人に聞こえるように

「信じらんねぇ。最低。うるせんだよばばぁ!!」と言っても、改める気配なし。自分のことだとは思っていない様子。こんな奴のためにイライラするのもアホくさいので、MDを耳に突っ込み眠ろうとした。丁度、まどろんできたその瞬間、

「シャーっ!!!」

痰がからんだかなんだか知らないけれど、夜中にあんな大声出す奴はじめて。無理言って移動してきてこのザマだ。最低。Hさんなんか、突然の奇声にびっくりして心臓バクバク状態。それから一睡もできなくなったそうだ。

このシャーを無視するため、本日より全開だったカーテンもシャー側は閉鎖。正面席のK野ちゃんは、今までテーブルの上で食べていたのに、「視界に入れたくない」と横を向いて食べている。前面のカーテンを開けようとしない。

入院患者の部屋割りは年齢や病状などを考慮して看護師長が決める。8号室は通称「点滴部屋」と呼ばれ、足の元気な若者や抗がん剤加療の患者が入ることが多い。ところが、シャーはどうみてもババァ。生活習慣が違いすぎる。

食べるときもクチャクチャ音を立てながら食べる。汁物は「ず、ずずずずー!」。食べ終わると毎回げっぷ。 最低だ。動物以下。

で、その後「放屁」。K野ちゃんによると、「放屁の瞬間、体が斜めになっていた。ケツを浮かせてやった。計画的犯行。」とのこと。

最悪だ。楽しかった入院生活の最後にこんな落とし穴があっただなんて。明日は採血の日。絶対に退院したい。2000きっていても退院したい。K藤さんと一緒に退院できることを祈るのみ。

検温(朝)36.6度(昼)36.7度(夜)36.8度

| コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月 3日 (日)

化学療法2回目(6日目)

同室のHおばさん。今時にしては珍しく、畳屋をやっている。Hさんを中心に二人の息子夫婦が手伝う、典型的な家族経営。

見舞い客がやたらに多いが、見舞い客とHさんとの会話がスリル満点で面白い。本人が言うには「渡る世間に鬼はなし」を笑って見られない状況。あのまんまらしい。

目の前で繰り広げられる再現ドラマに、同室の他3名は耳ダンボ状態。面会時間終了後、毎回みんなで大爆笑。

検温(朝)36.2度(昼)36.6度(夜)36.8度  今回の入院で思ったこと。携帯電話をカメラ付きに変えること。

| コメント (0)

化学療法2回目(5日目)

抗がん剤8回コースの5回目にあたるK藤さんも、今回は副作用が小さい。今まではカーテン閉めっぱなしでぶっ倒れていたとのこと。

8号室の3人に、看護師さん2名、T医師を加えた6人で大盛り上がりをしていたとき、はかちゃん来襲。いっしょになってしゃべり倒した後、「で、副作用は?」「ないで~す!」副作用は個人差が大きいというが本当だと思った。

今日あたりから白血球数が下がってくるので、うがいと手洗いを指示される。シャワーも今日で最後。

マイケルの付き添いをしている男の人と洗面所で会ったら、「また遊びに来てください」と言われた。悪いけれどこっちも病人。癌患者ってみためが健康な人と変わらないから、誤解されやすい。実は重病人なのに。

副作用がまだ少し残っているのか、病院食が不味くて仕方がない。食欲はあるのにのどを食べ物や水が通らない。吐きたいのに、薬でフタをされている感覚。だから胸焼け?

ところが、SMAPの中居君がでているどん平衛のCMをみていると無性に食べたくなってきた。我慢できずに、K藤さんと地下の売店でカップラーメンを購入。油で揚げた麺が少しきつかったけど旨かった。

検温(朝)36.5度(昼)36.8度(夜)36.8度 ようやく快便モードに

| コメント (0)

2004年10月 2日 (土)

今日の夕食

中居君のせいよ。051112171603.jpg

| コメント (0)

2004年10月 1日 (金)

今日の夕食

たまには毒が欲しくなる。051112171001.jpg

| コメント (0)

化学療法2回目(4日目)

気狂いフランス人のマイケル。リカバリー室から出され、個室へ移された。そりゃそうだ、あの調子で騒がれたらリカバリーなんて絶対に無理。

K藤さんはトイレに入っていく姿をマイケルに目撃されたのか、ふんばっている間中、「マドモアゼルー」と呼ばれつづけ、でるものもでなかったという経験を持つ。「きっと寂しいのではないか?」と同情。副作用も少なく、調子が良かったので、K野ちゃんとK藤さんの3人でマイケルの病室へ遊びに行った。

話してみると、意外に頭がしっかりしていることを発見。看護師さんの言うことを聞かないのは、薬の説明をしてくれないからだと言う。フランスでは、人から薬を口に入れられるのは屈辱的な行為なんだそうだ。説明をしてくれれば自分で飲むとの主張。これには納得。

マイケルが言っていることがどこまで本当かはわからないが、途中で入ってきた看護師Kの態度には怒りを覚えた。本人の目の前で、「この人、どうせわかってないんだから」。最低。忙しくてイライラするのはわかるが、この人、看護師としての資質に欠けるのではないだろうか?

その後、病室でフランス語のレッスンを始めたが、途中で何度もマイケルが別の世界へぶっ飛んで行ってしまうため、3人ともすっかり気を吸われて病室へ。疲れだけが残った。

夜はY君差し入れのマック。てりやきチキンバーガーとマックシェイク。娑婆の味が恋しい。

検温(朝)36.4度(昼)36.5度(夜)36.8度  限りなく球形に近いうん★がでた

| コメント (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »