« 化学療法3回目(3日目) | トップページ | 化学療法3回目(5日目) »

2004年10月25日 (月)

化学療法3回目(4日目)

1022 副作用の頭痛は少しおさまってきた。その他は問題なし。

午前中、外来ついでに癌友Kちゃんがお見舞いに来た。父親が肝臓癌で入院したとのこと。自分のことでも大変なのに、親の面倒まで・・・大変だ。

夕方、サブ主治医のときちゃん来襲。この頃、ようやく慣れてきたのか、フランクに話ができるようになった。表情も明るくなった。歳は私より一つ下。今は仕事が面白くて仕方がない頃だろう。

今、最大の悩みは血管痛。どうもエンドキサンかファルモルビシンを疑っている。点滴を投与している最中から痛い。右手の機能は回復したというのに、反対側の左手が血管痛のおかげで伸びも反りもできない状態。ものがあたっただけでも痛い。

腕をみると、キラウェイ火山のマグマ流出跡のような青アザが無数にはしっている。まわりの皮膚から少し窪んだ感じ。

はかちゃんに訴えたところ、リンデロンVG軟膏(シオノギ製薬ステロイド剤)とリバノール湿布(通称リバ湿布・黄色い液体湿布)で包帯を巻かれる。気休めかもしれないが、何もやらないよりはましだ。

検温(朝)36.7度(昼)36.4度(夜)36.6度 便秘中 蓄尿は今日まで。

2回目の化学療法時に隣のベッドになった大腸癌のOさんが入院。老人ホームから一気に脱出。

« 化学療法3回目(3日目) | トップページ | 化学療法3回目(5日目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 化学療法3回目(3日目) | トップページ | 化学療法3回目(5日目) »