« 化学療法3回目(8日目) | トップページ | 化学療法4回目(2日目) »

2004年11月17日 (水)

化学療法4回目(初日)

1117 入所時白血球数5300!自分でもびっくり!いままでの人生のなかでMAX白血球数だ。今回も一発退院は間違いなさそう。

点滴針刺しは4回目にしてようやく成功。新米のH医師が3回失敗してHELP信号発令!針刺し上手のY先生がきてくれた。ラッキー。というか、はじめから呼んでこい!さすがY先生、食事などの邪魔にならない絶妙な場所に針を設置。

抗がん剤が皮膚内でもれると大変なことになるので、点滴の針を挿入する際は、血管に対してまっすぐ入っているか血管内を探られる。これが内壁にあたって痛い!で、こういう場合、結局ダメなことが多い。すっぱり入ったときは、全然痛くない。いずれにせよ、研修医に練習させるのはやめて欲しい。すっかり点滴ストレスになってしまった。

針さしを失敗した場所は血管に穴が空いているので、抗がん剤を投与すると、この穴から微量が漏れ出すようだ。失敗したところは青たんができてしまう。触ると痛い。

折り返しを過ぎ、4回目の抗がん剤。メニューはいつもと同じ。始まりが遅かったので、5時30分に終了。夕食と重ならないで良かった。

  1. デカドロン・・・ステロイドホルモン・アレルギー反応や炎症を抑える(10分)
  2. カイトリル・・・吐き気止め(10分)
  3. ファルモルビシン・・・抗がん剤(15分)
  4. 5FU・・・抗がん剤(60分)
  5. エンドキサン・・・抗がん剤(60分)
  6. カイトリル・・・吐き気止め(10分)

抗がん剤を投与している最中、蓄尿へ。毎度のことながら、これが面倒臭い。

  1. 左手に劇薬を入れながら右手で点滴台をゴロゴロ
  2. トイレの裏へ行き、自分のジョッキを右手で持ち、ゴロゴロを転がしながらトイレへ
  3. アコーディオン・カーテン部屋に入って排出。ジョッキにためてトイレを出る。
  4. 足で点滴台を蹴りながらトイレ裏へ移動
  5. 計量器へ投入
  6. ジョッキを洗って所定の場所へ

抗がん剤をたっぷり入れているので、トイレが近い。点滴の最中だけで3回も行ってしまった。1回は面倒臭くて計量せず。

検温(昼)36.8度(夜)37.0度 微熱あり。

« 化学療法3回目(8日目) | トップページ | 化学療法4回目(2日目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134301/8037901

この記事へのトラックバック一覧です: 化学療法4回目(初日):

« 化学療法3回目(8日目) | トップページ | 化学療法4回目(2日目) »