« 化学療法4回目(初日) | トップページ | 化学療法4回目(3日目) »

2004年11月18日 (木)

化学療法4回目(2日目)

夜は一睡もできず。ベッドの角度を平らにすると吐き気がくるので、起こしたままの状態で横になった。まあ、眠れなくても、会社へ行くわけでもないし、今日の昼間爆睡すればよし。これ以外の副作用は今のところない。

吐き気止めの点滴が終わり、留置針がとれて無罪放免。おふろに直行した。

「さて、身体を洗うか」と風呂イスをみると、なんとう★こがついている!!ぷっぎー!!風呂場はトイレではなーい!!ぼけ老人めー!!足でイスを蹴り、一番遠い場所へ強制移動。床をよく流したあと、無理やりシャワーを浴びた。これでは風呂掃除をするために入ったようなものだ。

なべさんは、ちゃんとお風呂の予約をしていたのに、予約時間に行くと何故かじじいが入っている。むかついてドアを叩いたら「どうぞ」と言われたことがあるそうだ。「どうぞ」って言われてもね。

おっぱいがなくなった右胸は、伸びをしたり、触ると、ゴツゴツする。骨に触れているのがわかる。はかちゃんに、「何これ?」と聞いたら、女性の場合、大胸筋が薄いので、全摘するとそのような状態になってしまうとのこと。また、術後、運動量が激減するので、筋肉もおちてしまうとの説明。なんか薄くていやだ。

検温(朝)37.1度(昼)37.1度(夜)36.7度 恒例の微熱。

« 化学療法4回目(初日) | トップページ | 化学療法4回目(3日目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 化学療法4回目(初日) | トップページ | 化学療法4回目(3日目) »