« 化学療法5回目(3日目) | トップページ | 化学療法5回目(5日目) »

2004年12月17日 (金)

化学療法5回目(4日目)

CIMG0094 本当に驚いた!私が手術入院したときに反対側のベッドにいたMさんが、今、私の隣のベッドで抗がん剤を受けている。

手術入院の翌日に彼女が退院してしまったので、重なったのは2日間しかない。私が人生初入院・超初心者モードでいたので、あまり話しもせずに終わった。そのとき、噂話好きの暇人Iさんが「彼女もNEW癌だけど、手術は受けないんですってよ。仕事ばかりしているの。嫌よね。」とわけのわからないことを言っていたのを覚えている。

カーテン越しに、超速ブラインドタッチで打ち込んでいるノートパソコン音が良く聞こえていた。手術前でナーバスっていたので、その音が気になって仕方がなかったのを覚えている。某大手電気メーカー社員。

8月からもう4ヶ月。なんで入院?? 治療方法がまったく読めなかった。耳をダンボにしていると、抗がん剤を受けながら看護師さんに、

「今回で抗がん剤9回目なんです」と言っているのが聞こえた。

「9回目!!そういうこっちゃ!!」

「左手の血管、もうダメなんで、右手でお願いします。」

「右手!!手術したほうじゃないの??」

NEW癌患者は、リンパ節切除をした側の腕の免疫力が激減しているため、手術側の腕は採血も点滴も禁止が原則だ。ところが彼女は両方いけるという。どういうことだ。

点滴終了後に「お会いしたことありますよね」と声をかけ、落ち着いて話を聞く。彼女は手術をしたくない、QOLも下げたくないので、抗がん剤で癌をたたくことにした。標準治療ではない。病巣そのものは壊死した状態になっている。

はかちゃんは、1月の手術を薦めているそうだが、本人は受けたくないと粘っている。人ぞれぞれいろいろな意見はあるが、やはり「コンサルタント」の意見は素直に聞いたほうが良い。抗がん剤で死ぬ人もいるのだから。

検温(朝)36.5度(昼)36.4度(夜)36.6度 サンカマはもう手放せない

« 化学療法5回目(3日目) | トップページ | 化学療法5回目(5日目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 化学療法5回目(3日目) | トップページ | 化学療法5回目(5日目) »