« 首ヘルニア! | トップページ | 猫の糞!くっそー! »

2005年9月13日 (火)

園芸療法の日

と・に・か・く・暑かった!!

午前中はベルガーづくりを兼ねた実習。炎天下の中での作業は体力を奪う。体内バランスが崩れまくっている自分には嘘がつけない。ついつい休みがちになってしまった。木陰には大敵の蚊も飛びまくっているし。おかげで午後の講義は幽体離脱状態。口からなんか出てた気がする。疲れを感じる前に休まなきゃね。

こんな記事を発見。

エイズウイルス(HIV)に感染した人ががんの末期症状になり、緩和ケア病棟(ホスピス)への入院を希望しても、48%の施設は感染を理由に「受け入れは困難」と考えていることが8日、国立病院機構東京病院の調査で分かった。国内で報告されたHIV感染者とエイズ患者の累計は1万人を突破。発症を抑える治療法は進んだが「安らかな最期」を迎えられる体制は整っていない現状が浮かんだ。

人間って「安らかな最期」を迎えなきゃいけないのかな?

« 首ヘルニア! | トップページ | 猫の糞!くっそー! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 首ヘルニア! | トップページ | 猫の糞!くっそー! »