« 園芸療法★講演会 | トップページ | 砂防の乳、もとい父・ロドリゲス »

2006年1月25日 (水)

抗がん剤の吐き気ってどうよ(きゃんべる編)

1日会社だったので、ネタ切れ。ということでyannさんネタをぱくり!ごっくん!

悪名高き抗がん剤。。。NEW癌の抗がん剤は通に言わせると(←どんな通なんじゃ!)《入門編》と呼ばれている代物。こんなん入門したかないけどな。

俺っちが受けたのは、
  1. ファルモルビシン(15分)
  2. 5FU(60分)
  3. エンドキサン(60分)←エピルビシンとも言う。

の3つの組み合わせ。いわゆる多剤併用療法。頭文字をとってCEFと呼ばれている。NEW癌にはこの他にも、CMF、CAF、AC、EC、AT、ETがある。本では、CEFの脱毛出現率は65%とあったが、あたしゃこれでハゲなかった人を見たことがない。

入院初日に血液検査をし、白血球数が3000以上あれば入院。ない場合は白血球数を上げる注射を打って出戻り。初日の午後~夜、ほぼ半日かけて点滴を行う。2日目は吐き気止めの点滴をうつだけ。1週間後に血液検査をして白血球数が2000以上あれば合格、無事に解放。ダメな場合は注射を2日間うって再受験。これを3-4週間隔で6回繰り返す。大腸癌や食道癌だと、24時間点滴3日間連続なども。。。

抗がん剤の副作用で1番最初に思い浮かぶのは、吐き気・嘔吐。初心な美少女でもある私の場合、毎回、初日の夜に、この症状が出た。2日目以降は胸焼けを中心とした食欲不振。

とにかくベッドを水平にして寝てると、奥のほうから物体がこみ上げてくる。。。江利チエミ女史のように寝ゲロで死にたかないので、ベッドの角度を15度ぐらい(←こだわり)に設定し、爆睡しようとした。。。が、初日はいつも一睡もできなかった。この角度は3日目ぐらいまでkeepされる。

実際に嘔吐したのは1回目と6回目。蓄積効果があるので6回目は3回ぐらい吐いた。あとは胸ヤケ?がひどかった。これが3.4日まで続く。1日2リットル以上水を飲むように指示されるが、この水すら飲めなくて。お茶はもっと飲めなかった。売店で買った2リットルの“おーいお茶”。そのまんまY君に持って帰ってもらったっけ。

胸ヤケが副作用だったということに気がついたのは、抗がん剤が全部終わってから。電子カルテに《胸ヤケ》メニューが無かったので、いつも備考欄に手動入力された。で、毎回聞かれた。「胸ヤケはどうですか?」おらぁ、親父か?!

手術で入院したときは「おお、結構いけるじゃん!」と思っていた食事も、匂いと味、両方×でほとんど食べなかった。「不味い!食べられない!」と言うと、白内障で入院していたばばぁ、もとい、ご婦人が、「贅沢いっちゃダメよ!まったく最近の若い人は・・・」とか言われて、、、ばばぁに抗がん剤飲ませてやろうかと思ったよ。

味の濃いものは食べられたので、毎回、食堂へ行ってカレーやらうどんやらスパゲティやらを食べていた。食堂の親父と仲良しになって、最後の頃は「毎度」って言われたよ。すっかり常連さん。あと食べたいものがあるときは、外出届けだしてセブンへ買出しに行ってた。

抗がん剤で嫌いになった食べ物。ブロッコリー、冷凍ホウレンソウ、冷凍アスパラガス、ホワイトアスパラガス、卵豆腐。以来、我が家の食材からこれらのメニューが消えました。

吐き気対策として必ず持って行ったもの。

【みゅーじっく】                                                    最大の関門・初夜を迎えるにあたっては、激しく気分を盛り上げるため、suede、R.E.M、oasis、Radiohead、Underworld、Yes、FatboySlim、808statesを大音量でガンガン聞いた。トラップ状態。おかげで夜明けとともにライブが終了。ぐったり。反動で2日目からは爆睡。クラッシック、ジャズ系でしっぽりと。

【FLISK】                                                            もともとフリ中だったけど、胸ヤケを解消するにはこれが1番。入院した初日は、昼食を食べた後、点滴が始まるまでの間に、大量の水と大量のFLISKを購入しに行くのが恒例。バリバリ食ってました。

【アイスの実】                                               なんか口の中をさっぱりさせたくて、、、アイスの実は主食となってました。病院に近かったので、入院前日に病院へ行き、アイスの実を冷凍庫にぶちこんでました。もう1人、アイスの実ファンなじじぃがいたなぁ。

総じて吐き気に関しては、それほど酷くなかったと思う。そういえば癌友のN田さんは、私の点滴中に遊びに来て見ているうちに気持ち悪くなり、ゲロ皿へ吐きに帰ったっけ。                                    

« 園芸療法★講演会 | トップページ | 砂防の乳、もとい父・ロドリゲス »

コメント

うぇぇ〜、読んでるだけで、思い出して吐きそー。
なにしろ廊下に配膳車が来た音を聞いただけで吐いてたからな。

音楽は必須だけど、Radioheadはうつを悪化させる気が。
なにしろトム・ヨークがうつだからな。

うう…コメントしてたら逆流しそうになった。

投稿: yann | 2006年1月25日 (水) 21時04分

あはははははは。うちらは配膳車を「バス」って呼んでました。
きゅるるるるるるる、バタンバタン、「お食事の時間で~す!」
8号室患者一同「あんだよー、バスの時間かよー」って。8号室は点滴部屋と呼ばれていたの。

投稿: きゃんべる | 2006年1月25日 (水) 21時07分

私も来週あたり、(カラカラ編)が登場しそうです(^^)
私の場合は、回を重ねるごとに副作用がひどくなっていきましたね。
便秘になったり、口内炎ができたり・・。

配膳のとき、病棟に篭るニオイがたまらなく鬱でした・・。

投稿: カラカラ | 2006年1月25日 (水) 21時40分

「お食事で〜す♪」
「すみませんっ、いりませんっ、ドア開けないでくださいっっっ」

私の部屋は婦人科にありながら精神科だと思われていたかもしれない…

投稿: yann | 2006年1月25日 (水) 21時42分

私は、副作用で気持ち悪くなってくると
座薬入れてもらって、テレビも見ないで、ひたすらぐったり横たわっておりました。
寝返り打つのもイヤなんだよねぇ~。
緑系のものを吐いちゃって、ほうれん草、アスパラ、ブロッコリーetc の緑色の食べ物が
見るのもイヤでしたねぇ。

あぁ...思い出したら気持ち悪っ!!

投稿: がんこ | 2006年1月26日 (木) 00時52分

ホント、みんなのコメント読んでるだけで思い出してしもた。。。
誰じゃー、こんな企画たちあげたのはー!
んま、貴重な体験ですな。

投稿: きゃんべる | 2006年1月26日 (木) 08時24分

トラバクりましたー。rider編です。
鼻を取ってしまいたかったわね、ホント。
タバコを吸うオヤジの臭いもダメだった~。

投稿: rider | 2006年1月26日 (木) 11時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134301/8336575

この記事へのトラックバック一覧です: 抗がん剤の吐き気ってどうよ(きゃんべる編):

» 抗がん剤の吐き気ってどうよ [子宮がん。STYLEBOOK]
抗がん剤などの化学療法にはもれなく付いてくる、吐き気。 我がアイデンティティを崩壊寸前にまで追いやった(←オイオイ)それを忘れてしまうのも癪なので、このへんで少しまとめておきます。 〈DATA〉 この度使われた抗がん剤は3種類併用。  1)イホスファミド(....... [続きを読む]

受信: 2006年1月25日 (水) 21時06分

» 抗がん剤の吐き気ってどうよ [子宮ガンの治療のはなし]
私は、シスプラチン&5FUで前後に大量のラクテック(ポカリスエットみたいなもの [続きを読む]

受信: 2006年1月26日 (木) 12時01分

« 園芸療法★講演会 | トップページ | 砂防の乳、もとい父・ロドリゲス »