« 今日のきゃんべる湯 | トップページ | 仕事のこと《その2》 »

2006年3月 1日 (水)

仕事のこと《その1》

今日から3月。来月は4月(←当たり前じゃ!)。実は、4月から仕事の形態を少し変えようかと目論んでいる。

人に説明するのがとても難しいのだが、私は、環境・緑地系のコンサルタント(設計・調査・計画)という仕事をしている。男女差関係なし、パソコン&マウスをバリバリに使用し(ってか握りっぱ)、残業・休日出勤は当たり前、徹夜も当たり前、出張バリバリ。マイレージたまりまくり。数日単位で仕事をオーダーされ、常に締め切りに追われる毎日。がむしゃらに働くことが生きがいだと思っていた。

そんな私が癌になった。しかも右腕を手術した。

半年間働いてみて、

  1. 術腕が機能しない、マウス稼働時間が制限される
  2. 体調が不安定で締め切りの確約ができない
  3. 疲れやすく、ちょっとしたことでストレスを感じやすい

などなど、仕事を続ける上で様々な問題があることがわかってきた。現代社会で生きている以上、ストレスと無縁な生活なんて絶対無理なので、2と3については、なるようになると思っている。問題は1のマウスと浮腫の問題だ。

つい先日も、業務が重なって必死にマウスを操作したとき、右腕がはちきれそうになった。仕事に向かう自信が戻りつつある頃だっただけに、現実と向き合わされて、ただ涙がでてきたことを思い出す。仕事を続ける上で、これが1番のネックになっている。

一応、復帰半年ということで、これまでは大目にみてきてもらったが、4月からはフルスペックで働くか、別の雇用形態(出来高性など)に変えてもらうか、選択しなければならない。社員として一定の給料をもらう限り、嫌な仕事もしなければならないし、色々なつきあいもでてくる。そういうものに自分の時間を食われるのは嫌だ。それなら独立宣言か?

我がままに仕事をしていくためには、会社に席を置きつつ、フリーランス的に動いていくしかないのでは?と思っている。来週、役員会があるので、相談してみようと思う。これからは、お金を稼ぐ、というよりは、自分の人生にとってプラスになるような仕事がしたい。ただそれだけだ。

« 今日のきゃんべる湯 | トップページ | 仕事のこと《その2》 »

コメント

いままでは「仕事をする私」がすべてだった。
これからは「仕事もする私」であろうと思う。

投稿: yann | 2006年3月 1日 (水) 21時37分

きゃんべるさん、身体は一つしかないわけで、絶対に無理をしない方法を選択されますように。私は復帰10ヶ月、残業はしていません。心苦しさを覚えながらも自分が一番大事!毎日定時に「お先に失礼しま~す」と気楽な事務員さんに変身~~です。(実はボーナスで査定されている・・)でもそんなことより私には今が大事なんです。

投稿: メリー | 2006年3月 1日 (水) 22時11分

きゃんべるさんて、すごい方なんですね。驚いたー・・・。あいた口がふさがりません。人生いろいろ会社もいろいろ、人生一度しかないですから。きゃんべるさんならどんな仕事でもできますよ(^^)応援してまーす。

投稿: さかな | 2006年3月 1日 (水) 22時13分

きゃんべるさん、キャリアウーマンはもちろん素敵☆ですけど、体壊しちゃ~意味ないですよね。元気でいてこそ人生楽しめるので。
役員さんが、話のわかる人だといいですね。
(私は、新卒で就職したときから、仕事より趣味や合コンの方を優先してきたので、もともとスタンスは全然違いますが・・・(^^;;)

投稿: yue少納言 | 2006年3月 2日 (木) 10時27分

きゃんべるさんは本物のキャリアウーマンだったんですね。
仕事をする形態は変わってもきゃんべるさんはきゃんべるさん!
私が言うのも変ですがきっとわかってもらえますって!
きゃんべるさんには他にすることもいっぱいありそうだし
人生ゆっくり、寄り道しながら歩いていきましょうよ!

投稿: のほほん | 2006年3月 2日 (木) 12時04分

なんとまあ、忙しい仕事をされていたんですねぇ(;_;)

もちろん、収入って大切なんですけど(体を維持するのが高額だしっ)、この先どうしたいかですよね、きっと。

私は収入的に足りないので、もうちっと真剣に働く必要があるんですけどσ(^_^;テヘッ

そうはいっても、正社員で働くのは、たぶんしないと思います。フリー・個人自営業で食っていくしかないと思っています。
拘束時間中、毎日気を張っているのはもうムリですよ、私。

それにキャンサー軍団と会う時間も持ちたいし、今まで先送りにしてきた事もしたいもの。

投稿: rider | 2006年3月 2日 (木) 14時46分

人は人生の中で様々な岐路に立たされますが、その時々で自分に嘘のない選択ができるかどうかで幸せが決まる…と思っています。
目に見えるものよりも自分の中にあるものが何より一番の羅針盤なのだと…。きゃんべるさんにとって最善の道が開ける事を願っています。

投稿: tumabuki | 2006年3月 2日 (木) 15時03分

<<その3>>まで読みました。
きゃんべるさんの真摯な姿が目に浮かびます。
きゃんべるさんの一番大事とする思いが仕事と結びつきますように!

投稿: ムク | 2006年3月 4日 (土) 01時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134301/8897232

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事のこと《その1》:

« 今日のきゃんべる湯 | トップページ | 仕事のこと《その2》 »