« パワーランチ | トップページ | 人生はフルスロットル! »

2006年3月17日 (金)

ゲノムー

昨日の続きから。

パワーランチ後、友人Sと別れ、昭和通りでタクシー(個人)を捕まえ、乗り込んだ。「国立Gセンターまでお願いします。」ちょいと走ると晴海通りの交差点あたりから渋滞。運転手のじーちゃんが「Gセンターって誰かの見舞いかい?大変だね。」一瞬、どう答えようか迷ったんだけど、嘘つくのも嫌だったんで、「あああ、私が患者なんですよ。」「えっ???」運転手バックミラー越しに私をみたままフリーズ。良いから前みろ前を、おカマほるぞ!

さあ、このじじーもきっと言うぞ、あの決めゼリフを。。。

「あんた、まだ若いのに。。。」

でたー!ビンゴ!予想通りの展開。何百回目だろーね、このセリフを聞くのは。「いやー、若く見えるけど、結構いってるんですよー、ヘラヘラヘラ」。

フツーはこの後「かわいそうに・・・」と続くのが定番。ところが、このじじー、ここからがちと違った。「人生、山あり谷あり、いろいろあるけれど、あんたも前向いて生きていかなきゃダメだよ。」ぐげ、いきなり説教モードかよ!なんか午前中のはかちゃんと一緒やんけ。「ええ、大丈夫ですよ。たくさんの人に支えられてますから。」「そうか、そりゃー良かったな。」

んで、昭和通りの街路樹がイチョウだったので、銀杏をどうやって食べるのが1番美味しいか話で、Gセンターまでの車内は大盛り上がり。

RIMG1208 Gセンターに着いてお金を払おうとしたら、「金はいらねーよ。こっちの方が励まされたよ。」OHじじー!「いや、それとこれとは別です。払います!」「いや、いいって、とっときなよ。何か美味いもんでも食べて精つけな!」「いや、銀杏採れんのまだ先だし、良いですよ。払いますよ。これ以上、精つけてもなんだし。」「いや、俺の気持ちだ。これも縁だと思ってとっときなよ。」

負けたぜ、じじー。なんだかファミレスのレジでもめるおばちゃんになるのもあんだったので、「ありがとうございます。頑張ります。」「おお、まだ若いんだから元気だしていきな!」「ありがとうございます。」いやー濃かったーねー。名前見ておくのを忘れてしまって後悔!

ゲノム相談室へ行くのも今回が最後。廊下で担当の看護師さんにばったり会い、時間より少し早かったけど、すぐ説明へ。遺伝子検査の正式名称は「BRCA1およびBRCA2遺伝子の全塩基配列直接解析検査」。塩基配列なんて単語を聞くのは、20年ぶりぐらいだな。

因みにこのBRCA1とBRCA2に異常がある場合、次のような傾向があると指摘されています。

  • NEW癌にかかる率は70歳までで87%、50歳までで33-50%という数値(フツーの人は7%と2%)。若年での発症が多い。
  • 卵巣癌の発症率は27-44%(フツーの人の15倍のリスク)。
  • 対側NEW癌の発症率は50-64%(70歳まで)。
  • NEW癌のあと卵巣癌になる危険性は16%以上で、一般の人の10倍。
  • 遺伝子に異常があっても発症しない人もいる。

んで、オレッチの結果は、、、

“NO MUTATION DETECTED!”

訳すと、

“BRCA1とBRCA2遺伝子に関しては異常なし”

という結果。先生も私も、口を揃えて「意外な結果でしたね!」

RIMG12110 この結果。癌を発症していない一般的な人の場合は、危険性が低くて良かった良かった、ってなことになるのですが、私のように既に発症している場合、医学的には【まれな状態】にあるということになるらしい。つまり、

  • 若年で発症していること
  • 親類に癌が多いこと
  • 特殊癌であること

などの結果から、「現時点では解明されていない、BRCA1、BRCA2以外の、未知な危険遺伝子に異常があると考えられる」・・・ふぉん→ふぉん↑ふぉん→ふぉん↓ふぉん↑未知との遭遇のテーマ曲が頭の中、流れましたよ。つまり、

「遺伝的要因の有無は現時点では不明」

ということらしい。結局、現時点の医学ではようわからんってこと。ただし、若年で発症したということは、確実に正常遺伝子にキズがついている状態なので、今後とも注意が必要とのこと。つまりハイリスク保持者だよというハンコがおされたってことかしら?

genomugenomu

私の場合、できた場所も【まれ】、癌の種類も【まれ】、遺伝子も【まれ】、性格も【まれ】、趣味も【まれ】、掛け声は【ほれ】、ってことでつくづく変わり者のレア人間なんだわ。

マレマレマレーシアな人生に乾杯!!

でもさー、なんでも“マレ”で片付けられても困るのよね。

« パワーランチ | トップページ | 人生はフルスロットル! »

コメント

よかったね、というべきかな。
タクシーのウンちゃんにもゴチになったことだしね。
いろいろな事が分かって来ているんだねぇ。

マレマレマレーグマ・・・しか思いつかんかった・・・

投稿: rider | 2006年3月17日 (金) 13時44分

マレーバクだったのか・・・
それをどう解釈してよいのかわからないけれど、よーするに「しぶとい」ということになるわけ?きゃんべるさんてば。

タクシーじじいに出来た借りは、何らかの社会活動で返していくのだな。
運ちゃんて、すごく人間ぽい人が多くて、会話もめちゃめちゃ興味深いし、海苔もらったりメロンもらったりしたことあるよ。
今度からタクシー乗ったら、運転席後ろにあるタクシーカードを持ってきた方がいいと思うよ。

投稿: yann | 2006年3月17日 (金) 14時32分

へぇぇ マレマレじんなんだ
なんだか難しい話だけど結局マレマレずくしってことね やっぱGセンターは普通の大学病院とは違うのかなぁ

私も病院からタクシー乗って何度かおまけしてもらいました
私も嘘付きたくなくて聞かれると患者だって言うので。。。
(私はお育ちがいいのでじじいとはいえませんわっ)いい人

投稿: hhitomii | 2006年3月17日 (金) 16時21分

多いですよね!(途中で誤送信しちゃいましたすみません)

投稿: hhitomii | 2006年3月17日 (金) 16時22分

>riderさんへ
なんだか、喜ぶべきなのか、悲しむべきなのか。医者は「あなたを巡る病気の状況はまったく変わりがありませんよ」とか言うし、はぁ?って感じです。まあ、検査をきっちりやって、神に祈れってことかしら?

>yannさんへ
現代医学じゃ原因ようわからんけど、ハイリスクよ、ってことみたい。「しぶとい」うん、わかりやすいです。図太い?こりゃ私の神経。
タクシーカード、忘れてましたよ!いいおじさんだったー。でも、メロンをもらうって、、、?海苔???どういう会話からそういう場面がはじまるのか???

>hhitomiiさんへ
本当にマレマレづくしなんよ。珍味セットみたいなものかしら?でも、このマレを掛け合わせて行くと、モノスゴイ稀少な確率がでてくるような気がするんだけど。。。

投稿: きゃんべる | 2006年3月17日 (金) 16時38分

深夜タクシー年間使用日数が年の半分くらいだったあたくしは、
言っちゃなんだけどタクシーに関してはちょっとウルサイ。
というか、うるさかった。
今はもうタクシー使うほど仕事してないので、車を選びません。
「個人」で「禁煙」という車以外はNGですが。←選んでるって!

海苔とメロンに関しては、いずれ書くずら。

投稿: yann | 2006年3月17日 (金) 17時44分

マレ、マレって特別天然記念物指定!世界遺産登録!近し???
稀少価値の高いきゃんべる様とお近づきできて光栄です!
きっと、タクシーのうんちゃんもそう思ったのよ!
ひょっとしてマレに200年くらい生きる人なんじゃないすっか!

投稿: のほほん | 2006年3月17日 (金) 18時46分

>yannさんへ
>「個人」で「禁煙」という車以外はNGですが
・・・それってすげー選んでますよ!ってか、タクシー捕まえられない!

>のほほんさんへ
レアモノ!限定品!ふふふ。世界を征服したる。。。
わしらのような婦人科系の「ピチピチキャンサー娘。」は、全方位的な注意が必要ちゅーこってすわ。

投稿: きゃんべる | 2006年3月17日 (金) 20時00分

私もよく言われますよ。まーず、あんだよぐいぎでんないって。福島弁ですけど。結構へこむんですよね。今どきある意味粋なタクシー爺さんでは。マレ×5×ほれ=超ラッキーってことでは?んーすごすぎますね。

投稿: さかな | 2006年3月17日 (金) 22時10分

やっぱりきゃんべるさんは、おやじキラーなのね。。。。

投稿: tumabuki | 2006年3月18日 (土) 00時06分

>さかなさんへ
“あんだよぐいぎでんないって。”
↑濁点が多いなー(笑)!これって“かわいそう”よりキツクねえかい?
爺さん、70歳ぐらいに見えた。。。もう趣味で走ってます、みたいな人でした。人生で接点があったことに感激ずら。

>tumabukiさんへ
おやじキラーというより、正真正銘の“おやじ”ですから。類友がきたと思って、心を開いてくれたのでしょう。うひゃひゃひゃひゃ。

投稿: きゃんべる | 2006年3月18日 (土) 09時16分

くくく。
このような会話は、仲間だから出来ることですなー(^^)
ちょっと乗り遅れたら、何書いたらいいのか分からなくなったよー!

投稿: カラカラ | 2006年3月18日 (土) 13時50分

>カラカラさんへ
うんにゃー、まだ間に合うだーよ。後ろ乗ってく↑

投稿: きゃんべる | 2006年3月18日 (土) 14時50分

置いてけぼりのメリーです。。。通夜があったり飲み会があったり、はたまた姪が夜行バスで上京してきたりですっかりブログにおいて行かれちゃいました。きゃんべるさん、知れば知るほど不可思議で不安ですが「なるようになるさ!」いつものように今を大切に生きていきましょうよ。親が赤×を持っていると子供の半分に・・・その通り、弟は元気。私は虚弱な子供だったしあげく《癌》だもの。父ちゃんは29歳で病気で死んじゃったし。恐るべし遺伝子。

投稿: メリー | 2006年3月18日 (土) 16時33分

>メリーさんへ
大丈夫だーよ。置いてかないよー。
ゲノムの結果、尊敬する先輩姉貴・T村さんからもこんなアドバイスをもらいました。
“ゲノムの結果は前向きに捉えるべき。マレな癌患者でOKOK!ゲノムの異常がなければ、これからの生活を改善していくことで、良い方向にいくと信じています。やはり、過労、ストレスですよ。”
もう本当にそう!こんど、これもUPしようかなー。

投稿: きゃんべる | 2006年3月18日 (土) 18時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134301/9121309

この記事へのトラックバック一覧です: ゲノムー:

« パワーランチ | トップページ | 人生はフルスロットル! »