« 「はじめる」ということ★園芸療法 | トップページ | サクラサク »

2006年3月24日 (金)

本日の外来

朝1番・産婦人科モモちゃん外来へ。本日のミッションはゲノムの報告と子宮体G、子宮頸口G、卵巣Gのチェック。

ホルモン療法をやっていると、これらの婦人科系Gの発症率が高くなるので、わしらNEW-G患者はふつーの人よりこまめにチェックをせなあかんのだ。前回9月にチェックをしたので、半年点検。先生はモモちゃん。はかちゃんの弟子。同い年なので、結構、話があう。検査は嫌だけんど。

出産経験の無い私は、モモちゃん曰く「しまりが良い」ので、検査は毎回たーいへん。俺っちピチピチだしな。

エコーを使って卵巣チェックをしたとき、カーテン越しにモモちゃんが「あああーなるほどねー、そういう理由かー。」んあ?「何が“なるほどねー”なんですかー?」「んんんー、あのねー子宮が前傾しているんだよー。だから入りにくいんだなー。」「前傾?お辞儀してんの?」「わかりやすく言えばそんな感じかなー。」あたしの子宮は工事現場の看板かよ。

んで、器具はスムーズに入り、「うん、これで体Gレベルまで入っているな!今回は確実!」おいおい、じゃあ前回は何だったの?結果は2週間後に。

会計を済ませた後は、病棟へ移動。N藤さんのところへお見舞い。月曜日に行ったときは呼吸が苦しそうだったけど、胸水が1500㍑以上抜けて、かなり楽な状態へ。酸素はつながっているけど、血中酸素濃度も98まで回復。ベッドの角度もフラットへ。良かった!来週、管を太いのに換えて、残りを抜くとのこと。

本人は予定していた化学療法が2週間伸びたことを心配している。でも、今、あんなしんどい治療をやったら、それこそ体力との勝負になっちゃう。しっかり栄養をとり、体力を回復して欲しい。

いくらしんどい治療でも、患者にとって化学療法ってやつは、生き抜くための「希望」なんだなーと思っちまいました。G治療、寿命を選ぶ勇気って難しいね。

« 「はじめる」ということ★園芸療法 | トップページ | サクラサク »

コメント

化学療法、やって辛し 休んで不安、どちらにしても選ぶのは難しい・・・
私は、体力を落とさない方を選びます。
先日の「大集会」と「自分を生ききる」 から選びました。
どの道、完治は難しい私のがん殿と、勝負するには、体力を落としては、弱虫の私の気力がもたないと思ったからです。
どうしても必要な時は、拒否しませんが休みを多くとって・・・ と。
主治医には、まだメールで気持ちを伝えただけですが、医師としては困るのか、まだ返信が有りません。
生き抜く希望は、一人ひとりみんな違って、自分の決断ですが、兎に角一生のお付き合いだから、癌めに大きな顔をされないような生き方をしたいね。

投稿: 享子 | 2006年3月25日 (土) 10時57分

やっとコメ出来るようになりましたぁ(T▽T)
私は人よりホルモン療法が長かった為婦人科
系の癌子にはかなりビビッてしまいます・・
でも決して楽な検査ではないですよね・・
足取りが重くなってしまってるのが現状です・・

投稿: まりん | 2006年3月25日 (土) 12時02分

>享子さんへ
「自分を生ききる」私も好きな言葉です。化学療法で数ヶ月延命できても、その数ヶ月が寝たきりでは意味がないですよね。そこら辺の見極めが。。。

>まりんさんへ
ようこそ此処へ、くっくくっく。
検査を受ければ結果がでて。。。その度にドキドキ、バクバクしてます。「産」婦人科ってことも足取りを重くさせます。

投稿: きゃんべる | 2006年3月25日 (土) 16時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134301/9226974

この記事へのトラックバック一覧です: 本日の外来:

« 「はじめる」ということ★園芸療法 | トップページ | サクラサク »