« サタサポへ | トップページ | 夏に向けて! »

2006年5月21日 (日)

園芸療法★ボラの日

Cimg0005_1 本日は園芸療法★ボラの日。しかも、施設のお祭りday、地域交流をテーマにしたイベントでい!いぇい!  江戸っ子の血が騒ぎます。ざわざわ。

午前中はガーデンで花の植え付け。いつもは16名のGG&BBが一度にどどっとやってくるが、お祭りなので、各自が好きな時間に家族や学生ボランティアたちとふらりとやってくる。待ち受ける我々も、ゆったり対応できた。

Cimg0004_1 午後は、花苗の販売。   学生以来、久しぶりに「売り子」を体験。結構、面白かった。性格的に向いているのかもしれん!

花苗はあっという間に完売。カラーリーフとヒマワリの苗は売れ残り。やっぱり、見た目が地味なものは、消費者のロココを掴めないようだ。売り子を手伝ってくれた利用者さん同士の「空」なギャクに大笑いの1日でした。マジ、笑った。人生のゆとりを感じたわい。

この施設でボラをはじめて約1年。利用者さんの顔と名前も一致するようになってきて、じょじょに肩の力が抜けてきた。

最初の頃は、「ああ、この人たちより、私、先に死ぬかもしれないんだわー」と考え、「なんで、私がいのち削って、ご奉仕せねばならないのか?私の方こそ労わってくれ」など考えたり、「長生きは得だよなー」とひがんだり。葛藤してた。

50歳生ききることを目標にしている私にとって、70.80歳生きた人たちっていうのは、はっきり言って「もう、あんたら良いじゃん、十分だよ」ってな存在。夢の夢。

でも、1年たって、少しづつ、自分の感情が変化してきていることを感じる。多分、当事者に対するボラのスタンスが「お年寄り←奉仕する存在“ではない”」と気づき始めたからだと思う。

「ボラ=奉仕」することではなく、「一個人としてふつーにつきあう」とか「対等に接すること」なんだよ。

もっとも、それは、1年間の付き合いを通して、GG&BBが、私をそういう気持ちにさせてくれたおかげなのかもしれないが。

全てを受け入れよう、あるがままに。

人生は長さじゃない。

« サタサポへ | トップページ | 夏に向けて! »

コメント

お祭りいいなー。祭りだ祭りだワッショイ!!お疲れさまでした。んー確かに人生長さじゃないですね。ぶっとさですよ。きゃんべる。さん80才まで生きようよ。きっと楽しいかも。

投稿: さかな | 2006年5月21日 (日) 21時02分

この園芸療法を、特養でボランティアとしてやっているんですね!
うーん。今の私は、お年寄りを見ると、うらやましく思うことが多いかも。きゃんべる。さんのような境地に至るまで、まだ少し時間がかかるんでしょうね。

投稿: yue少納言 | 2006年5月21日 (日) 21時30分

うんうん。
今日という一日を笑って過ごせればスゴイ幸せ。
他人を笑わすことができればWポイント、かな?(笑)
私、きゃんべるさんのブログみて毎日クスっと笑ったり、ジーンときたりしてます。
だから、きゃんべるさんに100ポイントくらいあげないとね。(←そんなポイントいらねー??)

投稿: カラカラ | 2006年5月21日 (日) 22時06分

人生は

長さじゃない

人生は

密度と

自己満足で

できている

投稿: yann | 2006年5月21日 (日) 22時40分

お祭りいいですね~!!
でも、開催者ならそうでもないですかね?
自分では前向きに過ごそうと思っているんですが、未だなかなか気持ちと行動がうまくコントロールできずお年寄りの人達を見ると長生きできていいなぁ~。とか小さなお子さん連れの家族を見ると、普通に子供ができて子育てできてうらやましいなぁ~。私なんか子供を作っちゃいけないし、いつ再発してこの先どうなるかわからないけど、あの人達はこんな苦しい思いをして生活していないんだよな~。それだけでも、うらやましい。って、ひがんだ気持ちでしか見れない自分がイヤで仕方ない…(/o\) 恥ずかしい
きゃんべるさんみたいに早く前向きな考え方になりたいな♪

投稿: ゆうたん | 2006年5月21日 (日) 23時42分

無念でならないのは、「短さ」ではなく、”命の砂時計”を何の予告もなく、闘う猶予も悩み悶々とする時間も与えず、涙を流す場ももてないまま、時計ごと壊される、そういう事態。
現時点のはむうしは、そういうふうに認識しています。きっと、次の局面に行ったら、この認識が修正される可能性は高いと思うけれど。

 明日は、松戸で社会学の講義です。学生への素朴な問いかけ…「あなたにとって、誰が家族だと思いますか?」。学生たちの頭が、きっとグルグルするはず!!はむうしにとっての家族は、ネコと夫。決して、夫とネコではない。

投稿: はむうし | 2006年5月22日 (月) 01時27分

>さかなさんへ
ぶっとく80まで生きると仙人のようになりそうじゃのー。いや、仙人だったら細く200年ぐらい生きねばならぬかも。

>yue少納言さんへ
私も去年なんかは「なんで私のほうが早く死ぬかもしれないのに、税金まで払って、こいつら支えてやらなきゃならんのじゃ!」とか「年寄りがいっぱいいるおかげで、未承認薬が進まんのじゃ」とか思ってましたよ。
今でも、病院の会計で「170円です」とか言われているGG・BBをみると、ぶん殴りたくなりますもの。あたしらいつも万札払いですからね。

>カラカラさんへ
仕事のリズムには慣れてきましたか?好い加減でいきましょうよ。100ポイント、ありがたいですねー。よし、次は200ポイント目指していくぞ!(←煩悩のかたまり、欲張り)

>yannさんへ
いつも素敵な言葉をありがとう。
密度と
自己満足
納得

>ゆうたんさんへ
いやいや、わしもそんなことばかり考えていましたよ。
先日、患者会のサポートで、84歳の人がGになって、、、みたいな話がでたとき、サタデーメンバー全員(平均年齢40代)、「そんだけ生きれば御の字よ!」ってため息でちゃいましたよ。
あの歳になるまで大病もせずに生きているってことが奇跡!

>はむうしさんへ
そうやのー、時計ごとぶっつぶされたら、本人だけじゃなく家族も辛いじゃろうに。
その状況にならないと見えてこないことっていっぱいありますものな。うんうん。

投稿: きゃんべる。 | 2006年5月22日 (月) 08時41分

どっこいっ、江戸っ子は粋でやんすね!

ボランティア活動、えらいですね。
口ではいいこと言えてもなかなか実行できませんよ。

素敵です、きゃんべるさん!

投稿: merry | 2006年5月22日 (月) 16時31分

確かに!対等におつきあいすることって大切。
きゃんべる。さんのように行動の中で育んでいくモンです。ほんといつも感心しています。
私は今日ご年輩の方に労ってもらいました。

粋な女で生きたいもんだわぁ~

投稿: ムク | 2006年5月22日 (月) 21時15分

>merryさんへ
病気をして、人は一人では生きられんということに、ようやく気づいたのですな、わしは。
merryさ~ん、私、東京の食い倒れ人形と呼ばれているんですよ~。似ているらしい、、、。洋服の趣味とか、、、。

>ムクさんへ
おおおー、ムクさん。元気でてきましたか?
お互い、しっかり前向いて生きていきましょうよ。
「奉仕」していた頃は、「GG&BBに精力吸われる~」とか思っていましたが、対等に付き合うようになったら、逆にパワーもらえるようになりましたぜ。

投稿: きゃんべる。 | 2006年5月22日 (月) 21時56分

今回のブログ&みんなのコメント、身にしみました。ゆうたんさんと同じく、私もひがんだ気持ちに時々なるから・・・。気にしないでおこうと思ってもこれが難しい。落ち込んだり傷ついたりの連続です。
私には、生まれたばかりの子供を生後14時間で亡くす、という経験をした友達がいます。「人生は長さじゃないよね」とその友達とよく話します。あと、知り合いに、91歳のおばあちゃんがいるのですが、長生きだし元気だし幸せじゃん!と思っていたけど、「夫、子供には先立たれるし、私も死にたいと思うけど死ねないし、生き続けなきゃならない辛さもあるのよ。他の人から見れば幸せだと言われるかもしれないけど」という話をしてくれたことがあり、その時、何が幸せで何が不幸せかは、それぞれの感じ方で違うんだなーと思いました。やっぱり「人生は長さじゃない」んだろうなーって思います。
きゃんべるさんの言われるように、「全てをあるがままに受け入れる」ことができれば一番いいですよね。そうなれるように生きていきたいな。

投稿: こうめ | 2006年5月22日 (月) 23時11分

>こうめさんへ
じゃけん、この「あるがままに受け入れる」のが1番難しいとよ!わしもまだ葛藤して、もがいちょるとばい。
なんか、長生きしてるとかいうモノサシで人を見たり比べるのではなく、「一個人として人格を見ること」が重要なのかなーと思いはじめています。最近ですが。

投稿: きゃんべる。 | 2006年5月22日 (月) 23時28分

遅ればせながら。
仕事としてGG&BBとおつきあいしていた私。
よく、自分だけのことしか考えられない、我が儘な言動に(仕事中は決してイヤな顔せず笑顔をこころがけて、というか、努力していましたヨ)ヘルパー仲間にさんざん悪態ついていました。
Gとわかった時ストレスも原因の一つと言われ、真っ先に思いついたのが「げっ、悪態つきすぎた!自分の心の貧しさが原因かぁ・・・」でした。
どれだけ、長く生きても、小さなことに幸せを感じられず、感謝することを忘れた人はいつも「自分は不幸だ」と言っているように思います。
若年(私は微妙だなぁ)発症の方達、特に私が訪問する方々のブログを見ると思いやりがあって心優しい方達ばかり。
歳は重ねるばかりじゃ、バランス悪くて崩れそうになります。
ひとつ、ひとつ丁寧に積み上げていかねばと思うこの頃です。

投稿: のほほん | 2006年5月23日 (火) 08時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134301/10173221

この記事へのトラックバック一覧です: 園芸療法★ボラの日:

» 温泉で健康になろう! [温泉で健康になろう!有馬・下呂・草津温泉に行こう!]
初めまして けんけん と申します。 日本各地で健康になれる温泉を探し、温泉の力を追求。湯治療法や症状別の効能を紹介しています。 [続きを読む]

受信: 2006年5月22日 (月) 04時06分

« サタサポへ | トップページ | 夏に向けて! »