« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006年7月31日 (月)

スイカの色は・・・

仲よきことは美しき哉・・・サネアツ。

Rimg1938

んでスイカの色は、、、赤でした!

Rimg1941

味はちょっと早熟。もうちょっとぶらさげておけば良かった~。スイカは熟れどきが難しい!来年もリベンジだ!

| コメント (18) | トラックバック (0)

2006年7月30日 (日)

花火と入院

Rimg1935

今年の誕生日、相方からもらった二つ目の結婚指輪に刻んだ文字。

2004.07.30 HOPE

7月30日。私が手術を受けた日でござんす。あれから2年。あの日から2年。

隅田川の花火大会。ちょうど入院中でした。6階の患者さんや看護師さんたちと、窓から歓声をあげて眺めたことを思い出します。

あの時、どういう気持ちで花火を観ていたのかな?   今頃、みんなどうしているのかな?                 花火を見て、あの日のことを思い出しているかな?

私?

ワタシハ、イマモ、イキテイル。

ライネンハ、ワカラナイケド。

それは、皆、一緒。

| コメント (35) | トラックバック (0)

2006年7月29日 (土)

健康診断

むか~しむかしのことじゃった~。木曜日に職場の健康診断がありました。

2年前、私はこの健康診断でひっかかっりました。確定診断もこの病院。んだもんで、あのときのことが虎と馬になっていて、この病院へ行く足取りはいつも

ドナドナ状態。。。

電車やホームの風景、音、街の喧騒、、、今でもあの日のことが、鮮明に蘇ってくるから不思議。診断された直後、気を落ち着けるために相方と入った喫茶店も営業中。

自分にとっては長かった2年。自分は変わったけれど、町はあまり変わっていないわけよ。

んで肝心の検査。会社の健康診断では、はかちゃん病院で検査していない項目を受けることにしています。余計な被爆をしたくないし。採血も下手くそだし。

今年はオプションで肝炎の検査が受けられるので、あまり深く考えず、「広範な外科的手術をしたことがある人」に◎をつけといたら、、、失敗。肝炎検査って採血なのね・・・。

採血室に入ると、若いねーちゃんとベテラン看護師が2人でスタンバッている。「ここは経験豊富なベテランに賭けるか、感度の良さそうなねーちゃんか・・・」と考えているとすかさず『こちらへどうぞ~!』・・・若いねえちゃんに呼び止められる。下手な人に限って積極的なのよね。悪い予感。

『右腕は術腕なので、使えません。左腕は化学療法やって血管がさようならしてます。難易度ウルトラCです。SSのトンボを使ってください。』と前フリ。『えっ?!』と絶句していたけど、左腕をみて思案中。血管探し。なぜか初心者に限って家庭教師のトライをするのよね・・・。はう~。これは逃れられないと思い、『痛くても良いから、手の甲でお願いします』宣言。

んで1回目・・・『あ、逃げちゃった』・・・失敗。

2回目・・・刺さっているのに、途中から血液がほとんどでなくなり、『またか・・・』と絶望感に包まれかけたところで、ベテラン看護師登場!

おお、メシア光臨!

新人が針先を押さえ、ベテランが注射器をひっぱって血を吸い出す!『おばちゃん、空気、入れんなよ~~~!!!』と祈っていると、

『早く、止血ベルト外して!』

『ハ、ハイっ!』

美しい、師弟愛の図。んで、20分かかってようやく終了。振り向けば、長蛇の列・・・。

だ~か~ら~、嫌だったのよ!採血!

時間がかかったせいか、青たんができちゃいました。くすん。痛いです。左が1回目。右が2回目。絶対に痕に残りそうな赤い目がふたつ・・・でもブロガーとしては、

↓祝・採血コレクション追加!

1434324_img

厚労省様へお願い。がん拠点病院制度も良いけれど、採血マイスター制度(採血師)を立ち上げてください。

んで、問診やら視力やらを済ませ、体重計。。。痩せてた!術前の体重にほぼ戻りました。うし!

次に聴覚。

担当の兄ちゃんが『音がしたらボタンを押してください』と説明。去年までは『ぴ~~~』『ぽ~~~』『ぱ~~~』だったので、音が鳴っている間、ボタンを長押し。

ところが今年は音が全面リニューアル!耳を澄ましていると、『ぴ・ぴ・ぴ・ぴ・ぴ・ぴ・ぴ』『ぽ・ぽ・ぽ・ぽ・ぽ・ぽ・ぽ・ぽ』『ぱ・ぱ・ぱ・ぱ・ぱ・ぱ・ぱ・ぱ』と聞えてくる。

きゃんべる。は、音にあわせてボタンを押すのかと勘違い。北斗の拳のように激しくBボタンを連打!あたたたたたたたた!元ゲーマー魂炸裂!すると途中で、

『あ~、2番の方~、音がなっている間、長押してもらえばよいですよ~』

2番って俺のことかよ。あっそ。随分、挑戦的な聴覚検査だと思ったよ。音の回数まで数えたのに。ぽ・ぴ・ぷ~!

次にバリウム。私、これは結構得意。発泡剤は苦しいけど、バリウムの味、そんなに嫌いではない。ただし、その後の運動がキライ。『こっちからあっちへ回って~、あっちからこっちへ一回転~』しまいにゃ、まっさか様状態に。

私、十字懸垂してるよ。。。

あれ、お年寄りにもあんな運動させているのかしら?腕プルプル。友人で“気がついたら前がはだけてた”って人がいたけど、ほんまや。はだけるで。

んで、最後は医師の診察。

診察室の中へ入って上半身裸になると、だいたいの人がフリーズする。んで、がんになったことを言うと目を伏せて、、、その後、かかりつけ医がいることを言うと、『じゃあ、そちらで診断受けてくださいね』であっさり終わる。

どうせ今日も、そんなもんだろうと思っていたら、れれれ。採血でひっかりました。ぬわんと、白血球数が

2000しかねーじゃん!

化学療法時代でも2600をキープしていたというのに!なんてこってす!おまけに

血小板も※印じゃん!

ついでに

赤血球が大きいじゃん!

どういうこと?んで『主治医の先生にこの結果を伝えてください!』と指導されちゃいました~。ふぇ~ん、どうじで~???ふわ~い???

だから検査って嫌なのよ!

| コメント (21) | トラックバック (1)

2006年7月28日 (金)

収穫の哀しみ

採り損ねた・・・。ま、こんなこともあるわいな。

Rimg1931

| コメント (14) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

収穫の喜び

お昼のお弁当に持っていくトマト。野菜が高騰しているので助かるわ~。ってか、最近トマト攻めにあっている・・・。

Rimg1926

| コメント (14) | トラックバック (0)

2006年7月26日 (水)

『自然はホスピタル』コピーについて

皆様。『自然はみんなのホスピタル』というキャッチコピーですが、協和発酵さんで既に使用されているコピーということで(無知でごめんなさい・知りませんでした)、このままボタで大きく使用すると、著作権などの問題が発生するのでは?とのアドバイスを頂いております。

そこで、ボタのHPも『自然には人の心を癒す効果があります』表記に変更しました。

Botakopi1_2 

みなさんのブログ上でもお使いになられていたら、変更して頂いたほうが無難かも・・・。済まぬー!

| コメント (7) | トラックバック (0)

本日★外来

本日午前中は、女性専用外来・ののちゃん先生の日。

マイスリー様のおかげで最低限の睡眠は確保できているものの、最近、朝の4時頃、目が覚めることしばしば。まぁそれからウトウトしていられるので、身体的には問題がないのですが・・・。

それから、たまに、思わずフリーズしてしまうようなドキドキ動悸に見舞われることがあるのだ。むむむ?これは心配。

んで、ののちゃん先生に話をしたところ、睡眠薬については、マイスリーの効き目が3-4時間程度なので、ちょうどそれが切れる時間に覚醒しているのでは?とのこと。

『最近、明るくなるの、早いしね~♪。もう1ヶ月、マイスリー使ってみようか、それでも眠れないようなら、また考えましょ♪』

動悸に関しては自律神経失調症とのこと。フーミンもドキドキも、これが原因なんだそう。

『日常生活の中でリーゼをうまく使ってみて♪。それでもイマイチのときは、心臓自体に問題があるかもしれないから検査してみましょっ♪』

検査しましょ♪って、、、ののちゃん先生、なんか楽しそうだわ。

んで、そのあと、ボタ★キッズの話をば・・・。これには、ののちゃん先生、ばか受け!

『すっごく、すっごく、楽しそう!』『絶対良いわ!これ。良い!良い!』

お友達モードスイッチON!歳近いしな・・・。んで、そこから質問攻め。なんでこんなことを考えたのか?どうやって調整したのか?いつから企画をしたのか?・・・診察5分、ボタ話15分~。朝イチ外来で次の患者さんもまだいなかったので、大盛り上がり。

『子供ががんだったり、親ががんだったり、いろいろあるけど、病気をして感じることって一緒ですよね?』⇒『その通りよ!』⇒『お勉強系の患者会活動は多いけど、ニコニコ・ワクワク系は少ないでしょ?』⇒『うんうん、講演会とかが多いわよね♪』んで、

『そうだわ、活動をがんばってもらうためにも、やっぱり朝までしっかり寝てもらわなくちゃね!マイスリーの他にレンドルミンを出しておくわん♪』

どっひぇ~!ののちゃん先生、そげな理由で・・・!素敵だわ、ののちゃん先生!んで出ました、レンドルミン。効きすぎて、朝、起きられない可能性があるらしい。仕事がない週末にでも試してみるつもり。ドキドキだわ。

Rimg1927

会計を済ませ、薬をげとーした後、病棟へ。手術入院でお世話になった看護師Nさんに、ご挨拶をしに。

実は、以前、Nさんのお見舞いで病棟へ寄ったとき、『はかちゃんが転院になってから、乳腺の患者さんの層が変わってしまって、、、若い患者さんがポツンと浮いちゃうのよ。何か明るい話題があったら教えて!』とベテラン看護師Eさんに言われていたのだ。んだもんで、ボタ報告&御礼手紙をもってひさびさ6階へ。EVから出た瞬間、S看護師とばったり対面。いきなり、

『おおお~、きゃんべる。さん!この前、夜中に観ましたよ!』『ほえ?』

NHK特集に出演したときに私がこいたセリフ。パブ受けが良いのか、結構再放送で使われているのだ。んで、それを観て驚いたらしい。『きゃんべる。が出ちょる!』って。

そんな話も混ぜながら、ボタ話で大盛り上がり。Nさんへの手紙を預けてきました。

医療従事者の人たちだって、心の癒しが必要なはず。ボタが患者や家族だけじゃなく、支えてくれている人たちにとっても元気の源になってくれれば良いな~。

| コメント (14) | トラックバック (0)

2006年7月25日 (火)

ふんでみるとバッシャー!

yannさんに触発されて、こちらでもフンデルトヴァッサーを紹介(笑)。

フンデルトヴァッサー。関西方面の方は焼却炉をご存知でしょうか?あれを設計した芸術家・建築家です。

あの建築に関しては、『税金使って何やってるんだ』と賛否両論がありますが、焼却炉にヴァッサーという企画はタンスにゴンのようで(←違うぞ)素敵です。“アゲハ”建築士に構造設計をやらせたのか?という、手(愛情)のこんだ面白い建物です。

フンデルトヴァッサーはこう言います。『束縛されるな、追随するな、定規で引いたものには不信を、直線は胸に抱くな、自由であれ、そうすれば何者にも脅かされぬであろう』

その言葉通り、彼の三角スケール(愛称:サンスケ)は曲がるのです(笑)。ユリゲラーか!

P040626_19

直線というのは、効率化の象徴。そして、いろんなものを仕分けるときにつかうツール。線があるから争いごとや対立が無くならないのかな?ヴァッサーの言葉が響きます。

ポリシーもってそれを貫いている人って、いくつになっても格好良いですな。変人オヤジは格好がよいのだ。

『束縛されるな、追随するな』

見習いたいですな。

彼の建築について知りたい方はこちらがよくまとまっています。

| コメント (6) | トラックバック (0)

2006年7月24日 (月)

botaバーナー★バナー

パンパカパ~ン!ボタキッズのバーナー、違ったバナーを作成しましたでやんす。

Botarogo000_1

<a href="http://botakids.com"><img src=http://botakids.com/image/botarogo000.gif  width="170" height="45"></a>

ご自由にお持ち帰りいただき、みなさんのHP、ブログ上でペタっとはっていただけると嬉しいな~。因みに、supportする側なので“じょうろ君”がキャラになっています。『大きくなれよ~』ということで。

サイズが大きい場合はwidth="170" とheight="45"の数字を小さくして貰えれば大丈夫だと思いますです。

↓んで、バナー作成中、隣で爆睡する息子。遠い目をしています。。。

Rimg1897

| コメント (24) | トラックバック (2)

2006年7月23日 (日)

本日の収穫

トマトがみるみる赤くなりました。お天気イマイチなのに植物ってスゴイですね。(豪雨被害を想うと心が痛みます)

Rimg1922

↓つい先日まで緑色だったのに。

Rimg1921

↓ピグモンに興味深々(赤い物体)。食べるなよ!

Rimg1924

| コメント (5) | トラックバック (0)

2006年7月22日 (土)

ネットの輪★ワッ!

がんが結んだ不思議な縁。このネット上で巡り合ったつながりもそのひとつ。インターネットワークなのだ~。

チーム関西&チーム関東、総勢14人が銀座に大集結だ~!

02rimg1915

社会的な立場も年齢も経験も、みんな、一人ひとり違う。でも、同じ病気を経験して、戸惑って、悩んで、乗り越えて、そしてこうして巡りあって。運命的なつながりを感じます。

実際にお会いすると、ブログやコメントのやりとりを通じて感じるその方の雰囲気が、ほんわか伝わってきて、、、面白いな~。

私はどうでしたか?きゃんべる。らしいかな? また皆と会いたいヨ!

| コメント (26) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

夢を描く

突然ですが、

きゃんべる。↓こげな企画を立ち上げちゃいました。

Botanical-Kids★Club》←クリック

愛称『ボタキッズ』でおじゃります(←riderさん、七夕で詠った単語はこれなの)。

Botakopi1

※画像データ、web用に編集していないページ(プロフィール)や工事中のパートが多く、すみましぇ~ん。

今年の10月から、東京都立川市にある国営昭和記念公園で月1回、(財)がんの子供を守る会の協力、国営昭和記念公園の共催というかたちで、大人がん&小児がんなどの難病と向き合う患者さんやその家族、遺族、それを支える人たち、子供から大人までみ~んなが一緒になって活動する、園芸療法プログラムをスタートします。

皆さんの力を借りて種を蒔き、しっかり地に足のついた活動に育てていきたいと考えております。

みなさんのブログ・HPの中でも紹介して頂けると嬉しいです。ご支援のほど、宜しくお願いします。

**************************************************************

この企画、実は入院中のベッドの中でずっと考えていたのです。

『私がこの歳でこの病気になったことには、何か意味があるはず。その意味を探してみよう。』この活動は、私なりにだしてみた、答えのひとつです。

3月から関係者の所へ何度も足を運んで、調整・協議を重ねてきました。

『なんでわざわざ身体に負荷をかけて、こんなことやってるんだろう?』くじけそうになる度に、たくさんの人が私の背中を後押ししてくれました。もちろん、病気にも後押しされました。

今月の18日に、ようやく国営公園から『共催で』という正式な回答をもらい、こうして皆に伝えることができます。ご支援、本当にありがとうございます。ひとりでは途中で諦めてしまったと思います。

がんに関する講演会や勉強会。これはたくさんありますよね。

きゃんべる。は勉強嫌いだし、、、難しい話はちょっと横においといて、もっとた~んじゅんに皆で笑えるような場があったら良いな~と思っていました。『患者会』っていうスタイルじゃなくてね。

大人のがん患者会と子供の患者会、同じ病気を経験した者同士なのに、なんで交流がないんだろう?なんで部位を越えた交流ができないのかな?患者会に入らないといけないの?なんで?なんで?なんで?・・・とことんあふぉですな、ワシは。

同じ病気を経験した仲間のために何か行動を起こしたいと考えている人、多いと思います。Gってヤツは、そういう気持ちにさせる病気だと思っています。そういう小さな気持ちを受けとったり、人にあげたりすることができる場所になればと願っています。

自分の身体が滅びても、仲間がこの活動を引き継いでくれるだろうし(生命保険がはいるも~ん)、この活動を通じて出会った人のつながりや思いが残っていってくれればな~、なんてネ。子供は諦めざるを得なくなったし、お金やミニカーもあの世にゃー持っていけないしね。

I have a dream!

いくつになっても失いたくないですね。

もしご興味があれば、お問合せくださ~い。

◆追記

私はこの活動にyue少納言さんファミリーに是非来て欲しいと思っていました。一度、コメントをいれたことがありましたが、『秋は体調がわからない・・・』と。

大人も子供も、みんな頑張ってるよって、ニュースだけでも伝えたかった。でも、正式な回答がもらえるまではopenにできなくて・・・。間に合わなかった。もうちょっとだったのに。ごめんね。

ぱぱっちさん、気持ちが落ち着いてからで構いません。是非、まおたんとyue少納言さんと一緒に来てください。青空の下で会える日を楽しみにしています。

| コメント (62) | トラックバック (6)

本日外来

本日外来でした。混んでた~。手術説明でもあったのか、1人目の方が出てきた時点で既に40分遅れ。ひゃおう~。5番の座をげと~でしたが、呼ばれた時点で1時間ち。Iさん、Kさんと一緒だったので、おしゃべりで時間をつぶせたのは良かった。薬も混んでいてチト疲れたじょ~。

最近、肩の先端部分に痛みを感じるときがあり、気になっていたので、触診のときに聞いてみました。するとはかちゃん、とても嬉しそうな顔をしながら、、、

『それ、四十肩だよ』

ええええええええええ~?!

『ここだろ↓?』、、、触られた場所、ビンゴ!『リュック背負ったときとか、肩紐があたって痛かったりするだろ』、、、ビンゴ!『動かさなくても痛いときがあるだろ?』、、、ビンゴ===!

『四十肩だよ』

二度も言うか~~~~~!しかも、本当に嬉しそうな顔をしながら!ホルモン療法の影響らしいが、、、

ワシはまだ四十にもなっとらんぜ~!

でも、ノルバにボナロンに湿布薬を7袋もだしてもらい、大荷物(薬)を抱えて帰るその姿は、どうみてもBB。とほほ。

060720162609_1

本日の診察代約35000円也。諭吉さんが3人、お出かけになりました・・・。

| コメント (7) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

ぞらぞらぞ~ら~ぞ~ら~

明日はゾラの日。砲弾うちこむ2時間前に麻酔シール(ペンレス)を貼るのですが、前回、これを忘れて痛かったっす。

忘れんなよ!自分。(←ブログをメモ代わりに使わないように!)

Rimg1908

それから、明日は3か月分のノルバとボナロン、関節炎用のモーラステープを頼むのも忘れんなよ~。

それからそれから、諭吉を4人、忘れんなよ~(泣!)

| コメント (13) | トラックバック (0)

2006年7月18日 (火)

腹毛

オレンジ・みかんさんの腹毛に対抗して、うちの息子のタマナシ・腹毛をアップします。

いや~ん、みないで~。

Rimg1896

| コメント (18) | トラックバック (1)

2006年7月17日 (月)

今年の収穫

じゃがいも君とタマネギ君を収穫しました。タマネギ君はまだ2/3が残っています。

Rimg1904 Rimg1905

今年の出来はイマイチ~。小さい~。日当たりがイマイチだったのか、後半ほったらかしすぎたのがまずかったのか。よし、来年も生きてリベンジするぞ!

収穫の間、庭でワンコを放し飼い。草の臭いが気に入ったのか、タレ耳たなびかせて狂ったように走り回ってました。全身泥だらけでにっこり微笑むじぃじ。昨日、シャンプーしたばかりなのに・・・。

↓今年のかぼちゃん。

Rimg1901

↓今年のすいか~。新品種なの~。

Rimg1902

↓ トマトも色づいてきました。

Rimg1900

↓こっちのトマトはますます大きく。

Rimg1899

↓アガパンサスはもう終わりかけてる。Rimg1906

あ~、これをYさん見せたかったな~。 うんにゃ、見てるな、きっと!どうよ?

| コメント (19) | トラックバック (0)

2006年7月16日 (日)

服用後30分の使い方

骨粗鬆症の薬・ボナロン。服用後30分は飲食&身体を横にすることが禁止されている、メンドーコテな薬。でも身体に必要な薬だから飲むのだ。

以前はこの30分間をメ~ルチェック!もしくはブログ更新timeにあてていたのだが、最近は朝のお散歩に変更。

お散歩先は近所にある『教育の森公園』。旧東京教育大(現・筑波大)の跡地で緑がたくさんある。裏には筑波大付属小学校なんぞもあるので、制服着たクソ生意気なガキどもがわんさか歩いている。

最近、私とよくやる遊び・綱引き。先代犬も大好きだった遊び。家の中では専用ロープでやるのだが、最近、散歩ロープでもこれをやろうとせがむのだ。困ったな~(←親ばか)。

↓こんな感じなわけよ。ばうー!放さんかい!

Rimg1871

↓んで、かまってやらないとこういう顔をする。彼は自分の武器を知っているのだ。

Rimg1872

教育の森公園に到着。おねえたんの膝の上にてひと休み。あっちむいてホイ状態。

Rimg1874

ボナロン服用後の30分安静タイムは、こうしてあっという間にバタバタと過ぎていくのであった~。今日は仕事がたまってこれから休日出勤。行ってきま~す。帰ってくるまで良い子にしてろよ~。

| コメント (14) | トラックバック (0)

2006年7月15日 (土)

サタサポへ

暑いですな~。っと言いつつ、心の治療室・サタサポへ。

本日からウエルネス・サタサポ創設にかかわった伝説の男看護師O氏がファシリテーターとして静岡から参戦!

沖縄出身のO氏。ビギンのリーダーにクリソツな極太&濃い方でござんした。で、自己紹介がてら各自の近況報告なんぞを。

私は、11日に亡くなったYさんの話を。途中で思わず感情がこみ上げてきて声が裏返ってしまった~。

心筋梗塞による突然死など、『死』のかたちって色々ある。がんは、緩慢に進行していく病なので、よく『死への準備ができるから良い』などと言うけれど、私は、せっかちなのでそこに至るまでの『過程』を経験するのがたまらなく嫌だ。普通の人より、『知識をもって』仲間の死を看取る機会が増えているから、余計にそう感じる。『死ぬには労力が要る』って。

それから、ホスピスへ行くタイミングの難しさ。これも痛感している。特に歳が若いと治療との見極めがとても難しそうだ。

仲間の死を見るたび、一般病棟ってのは、やはり『完治を目指す場所』なんだな~と感じる。だから、居場所が違うのでは?と。ただ、希望するホスピスがタイミングよく空いているかどうかは大問題どぁ~。

以前、私は『一般病棟併設の緩和ケアが良い』と宣言していたが、実は最近、少し考え方が変わってきている。どう変わったかというと、一般病棟、独立病棟の違いではなく、『知っている人がいる・信じることができる人がいる緩和ケアが良い』と思っている。

そういった意味でNH病院はウェルネスのYちゃんあたりがボケっぷりをみせに来てくれそうだし、場所が良いので家族や友人も来やすそうでGood。

あとは友人のOちゃんがボラやってるPH。『桃源郷のようで絶対に嫌』と思っていたけど、案外こういう信頼できる友人に看取ってもらうというのも良いものかな?と思いはじめている。相手は迷惑かもしれんが。

結局、私はひとりで死ぬのが嫌なのだ。じぃじと同じく、甘えん坊なのだ。多分、術日の夜にみた幻覚の影響もあるんだろうけど。

ランチは世界の食めぐりを目指し、ベルギー料理の店へ。ところが、2件とも土曜休業。残念!干からびる前に、ベトナム料理『蓮花館』へ突入。生春巻、揚げ春巻、焼き鳥、ベトナム・ふぉーーーっ!(←レーザー・ラモン風に)マンゴーアイスがついて1500円也。

お味は美味!美味!ダシの効いた塩味はバッチグーよ!赤坂は美味い店が多いっすネ。はずれが少ない。これだからサタサポはやめられまひぇん!

Rimg1889_2 Rimg1890   Rimg1891 Rimg1892

| コメント (8) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

モップ。

↓とても生き物にはみえない・・・。

Rimg1803

| コメント (21) | トラックバック (0)

2006年7月13日 (木)

追悼

こころぐメンテナンス中の7月11日。yue少納言さんが旅立っていきました。私の目の前を全力疾走で駆け抜けて行ってしまった。悔しい気持ちでいっぱいです。

彼女から初めてコメントをもらったのは2月24日。以来、ブログ上での交流が始まりました。同時に、文字にのせて、心の交流も始まりました。同じ病を患う仲間として。

彼女は、どんなに厳しい状況下にあっても自分の現状をしっかり見据え、その中で「今、何をなすべきなのか?」、「自分はどうありたいのか?」という問いかけをしていました。そして、「自分の生き方」、「けじめのつけ方」を選びとっていきました。

最後の最後まで、生に対する『自分の意志』と、病に対する『自分の姿勢』を貫き通して・・・、私もそうありたいと思います。

彼女の病に対する凛とした姿勢は、多くの人に勇気と希望、元気を与えてくれました。それを支えているものは何なのか。一度話をしてみたかったです。

息切れがひどくなり、トイレへ行く途中で椅子に座り込んでしまった自分のことを、『情けないのと困ったのとで、そこでちょっと泣いていた・・・』と記しています。この一文が忘れられません。心が痛いです。痛いです。

こんなに衝撃的なことなのに、世の中は何事もないように、朝が来て、電車が来て、規則正しい日常が繰り返されていきます。きっと、私が逝ったときも同じでしょう。

これから先、乗り越えなければならない様々な状況が私にもやってくるでしょう。そのとき、あなたのことを想います。私の声が聞こえたら、ほんのちょっと、あなたの勇気を分けてください。

yue少納言さん。

あなたと人生の中で接点が持てたことに感謝します。

あなたの生き方を誇りに思います。

魂の底からあなたに「ありがとう」と伝えたい。

かなうなら、今すぐ飛んでいってあなたを抱きしめたい。

まおたんを抱きしめたい。

ぱぱっちを抱きしめたい。

みんなを抱きしめたい。

みんなで抱きしめたい。

それができない自分がもどかしい。

| コメント (14) | トラックバック (0)

2006年7月10日 (月)

こげな狭かところで・・・

ブログサイトこころぐは、明日から3日間もメンテナンスに入ります!なげ~!しかも、メンテ終了直後はブロガーどもの大量入稿が予想され、これに巻き込まれる可能性大!

ということで、こころがーどもが、みなさまのブログを俳諧させていただきますので、よろしこお願いしますね~。

↓隙間に顔突っ込んで爆睡。顔もひんまがってます。

Rimg1845

| コメント (12) | トラックバック (0)

2006年7月 9日 (日)

今日のきゃんべる湖

↓なんも見えんがな。。。

Rimg1856

| コメント (8) | トラックバック (0)

2006年7月 8日 (土)

ひさびさのH倶楽部

ったく、最近の「こころぐ」はメンテに備えてか、レスポンスが著しく低下しております。プンプン!かきこしようと思っても、管理画面までたどりつくのに5分以上もかかってしまう!これで有料サービスだっちゅーから笑わせてくれます。というわけで、ブログの更新滞っても、@niftyのせいなので、きゃんべる。は、生きております(因みに、11日-13日までメンテでコメできんぞ状態なので、みなさまのお宅へ徘徊させて頂きます!)

で、昨日のこと。

H倶楽部と書くと、なんだかいやらしいですが、月1回開いているO病院のがん友の集まりなのですな。で、みんな心療内科仲間でもあったりする(笑)。

短い時間だけれど、亡くなったがん友のこと、自分達の心・身体のこと、飲んでいる薬のことなど、、、同じ釜の飯を食った仲間と話をするととても楽になりますな。不思議です。

帰ってきてからは、ひさびさのお天気に誘われて庭いじり。

↓この前までつぼみだったアガパンサス。もうここまで開いてきました。

Rimg1852_2

↓エキノプス。

Rimg1854

↓ナス!ナス!ナス!

Rimg1847

↓一個だけ赤いのは何故?

Rimg1850

↓品種が違うトマト。中型サイズ。

Rimg1848

↓これはプチトマト。品種が全部ちがうの。

Rimg1849

| コメント (13) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

始まりから2年

Asagao12 7月6日・・・私ががんと診断された日でやんす。

病院の作法すら知らない当時の私。「この先生に切られるのは嫌」と(←いやさ、白衣の着こなし方がルーズで嫌だったのよねー)、先の予約もしないまま、いきなり「転院」宣言。持っていて恥ずかしくなるようなネーム入りのでかい袋(しかも黄色!)に、細胞針の結果、マンモ&エコー画像を入れて、相方とふたり、がっくり肩をおとして駅まで歩いた記憶が残っています。

ちょうど入谷の朝顔市が開かれていて、楽しそうに植木鉢をぶらさげて歩いている人をたくさん見かけました。現実のような現実ではないような、夢であってほしいような、複雑な心境で朝顔の花をみたことを思い出します。あの薄紫色の花をみると、いつもあの日を思い出します。

「転院」宣言、今から思えば、本当に無謀!実際、家に帰ってすぐO病院へ電話をすると「はかちゃんの予約は8月半ばまでうまっています」と予約係りのねーたまに言われ、思わず「えええええ~↑」。病院なんて、すぐ予約ができると思ってました。あはは。素人まるだし。

私のあまりの動転ぶりに驚いた電話のねーたまが「明後日8日にキャンセル枠がありますから、そこでまず先生とお話になってみますか?」と言ってくれなかったら、私はそのまま行き先の無い、宙ぶらりん状態になっていたと思います。

もし、あのときキャンセル枠がなかったら、もし、電話のねーたまが気をきかしてくれなかったら、、、

考え始めると、「あああ~、この病気の出会いって運命的だわー」と思わざるを得ません。

二日後の8日にはかちゃんと巡りあいました。1時間まって診察室へ呼ばれ、一番最初に言われたこと。

「今、君、ものすごいストレスを感じているでしょう」という一言。

ちょうど父親もがんで入院していたのでドンピシャビンゴ。この一言で、なんか吹っ切れました。きっとはかちゃんはそんなこと言ったの、忘れているでしょうが。

「こういう大切な話を10分や20分じゃできない。家も近そうだから、午後、もう一度病院へ来ないか?」という説明。「はいはい、来ます、来ます。」

午後、改めて出向くと、約2時間のレクチャー。レポート用紙4枚。

字が汚すぎて、今では判読できないけれど、とっても嬉しかったことを思い出します。「ああ、この先生でダメならもういいや。看取ってもらおう。」気が楽になって「うし、まだ治る可能性があるんじゃん、ほんなら頑張ろう」と前向きな気持ちにさせてくれた。

あれから2年。この2年間の密度の濃さ!自分でも驚いています。そして、本当にたくさんの人と出会うことができました。

病気になったことに感謝はしないけど(ならなきゃならないほーがマシ)、がんで結ばれたこの不思議な縁には心底感謝したいと思います。

ありがとう。末永くよろしこ!

| コメント (26) | トラックバック (0)

2006年7月 5日 (水)

今日の虎

今日は朝から雨。虎ノ門で打ち合わせがあったのですが、虎背も雨に濡れちょりますぜ。るーるーるー。

今日の虎

| コメント (10) | トラックバック (0)

なぜ顎をのせるだ

@niftyブログサイト「こころぐ」は、11-13日の3日間!にも及ぶメンテナンス準備の影響なのか、ここ数日、21時~1時までの投稿ゴールデンタイムが書き込み困難な状態に!ったく!

前回メンテナンス後もバグバグだらけで、メンテ延長になっていたし、今回の3日間っちゅーのも、どうなるの?ってな感じ。

@nifty、使えねー!

↓PCで作業中。わしの腕はアゴ枕かいな。

Rimg1800

| コメント (13) | トラックバック (0)

2006年7月 3日 (月)

庭の花

↓私が1番好きな花、アガパンサス。

Rimg1820

↓これはまだ開いていない状態。

Rimg1830

↓花の中に虫発見。

Rimg1827

↓ギボウシ。今の季節には欠かせない花。

Rimg1826 

↓キョウチクトウ。夏の花。夏の色。

Rimg1831

↓なんだっけ?蜘蛛がはりついてた。

Rimg1833

| コメント (33) | トラックバック (0)

2006年7月 2日 (日)

始祖犬

国立博物館で特別展示中。始祖犬の化石↓

Rimg1809

| コメント (21) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

サタサポへ

7月最初のサタサポへ。ウエルネスに入って2年。二人目の“年下”の仲間と出会いました~。ってか、ひょっとして一回りちがう?なんてったって20歳代後半だかんね。

彼女の現在の悩みは、かつての私と一緒。仕事との両立だ。

ホルモン療法などなどの影響で、私も以前と比べてものすごく疲れやすくなっている。たまった疲れもとれにくくなっている。術ソウ周辺の痛みや、ホルモン療法の副作用として言われている不眠症や動悸、のぼせなどの症状だけじゃなく、集中力がなくなったとか、記憶力が悪くなったとか、、、あげはじめたらキリなし!

なんでも病気のせいにしたくはないけれど、全部事実で全部現実。

病気のことを知っている同僚や友達にも、術後のQOLについては、やっぱり理解してもらえていないなぁ~と感じることしばしば。精神状態も含めて、以前の自分とはやはり違うのだ。分かって欲しいけど、こればっかりは他人様にはわからんでしょうなぁ。

仕事は面白いので、ついつい、もとのペースでやりだしてしまう。でも、やればやったで、また“あいつ”が戻ってきそうで怖くなる。その微妙なさじ加減が難しいのだ。

私の場合は、右腕の機能障害が大問題だったので、以前と同じペースで働くのは、あきらめて、雇用契約や給与形態を変えてもらった。

“は~すっきり!”と言いたいところなんだけれど、、、うちの会社は、今、もの凄く忙しい状態。寝袋生活者もちらほら。そんな中、契約とはいえ、夕方6時や7時頃、先に帰るのはとても心苦しいのだ。みんなの大変さが分かるだけに、やっぱり“悪いな~”という気持ちが強く、

針のむしろだ~。

病気を抱えながら働くことって本当に大変だと思う。彼女の予後も長いので、いろんな人の話を聞いて、何をしたいのか・なすべきなのか、自分の道を切り開いていって欲しいと思う。

| コメント (9) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »