« 森の贈り物《その2》 | トップページ | 訃報 »

2006年9月16日 (土)

温泉三昧

ストーブをだしていないお山の家はとても寒い。ということで、昼間は温泉三昧。

外湯のねらい目時間は11:00~14:00の間。10:00~11:00までの間は、openしていても掃除中だったりするので、団体&宿泊客がくる前の11時台がねらい目です。

初日は奥軽井沢温泉あさまの湯、二日目は足を伸ばして万座温泉、三日目は星野温泉トンボの湯へ。

連日通いつめたため、体臭が硫黄の臭いになりました。オヤジも真っ青です。

初日に行った奥軽井沢温泉あさまの湯の色は、茶色。ぬるめのお湯でした。

行ったタイミングが良かったのか、ほとんどお客がいなかったので、気をつかうことなくの~んびり入れました。露天風呂は居心地が良かったです。いわゆる余計なお風呂もありましたが・・・。近場だし、じもてーは半額(600円)なので、銭湯行くよりは良いでしょう。

二日目に行った万座温泉はおススメです。

草津温泉へ行くつもりで小屋を出たのですが、既に何回か行ったことがあったし、今更、湯畑もな~と。

「日本一の木造建築風呂といわれる総檜造りの大浴場“長寿の湯”」の文字に誘われて急遽ルート変更。世界の3大長寿の村は、全て標高1800m以上の高原火山帯にあるそうな。術そうにも良さそう。 火山の説明は詳しくはこちらで。Rimg2128Rimg2134Rimg2132Rimg2135

8つのお湯があるのですが、色は白。草津同様、かなり熱めのお湯です。だもんで長湯はできません。

湯治できているおばちゃんの話では、午後になると観光客が大型バスでどっと来くるので、めちゃごみするらしい。こんなに空いているのは珍しいとのこと。露天風呂は、ずーっとひとり。湯船の角に足をあげて、空を眺めての~んびり入れました。

星野温泉はリニューアル後、初めて行きました。以前は“ひなびた老舗温泉旅館”という感じでしたが、一掃されて、ただの観光風呂になってました。私のお気に入りの品、あの100円もみもみマシーンは、いったいどこへいったのでしょうか?

湯船の中では、4人組のおばちゃんが大声でおしゃべりをしまくり、しかもその声が反響して、、、公共性のないおばはんは嫌いです。水をぶっかけたくなりました。

Rimg2160 Rimg2169

で、おばちゃんを避けて露天風呂へ直行。ところが、石の置き方がいまひとつで、どのポジションでもたれても「ゴツゴツ感」があるのですわ。湯の華がたくさん浮いていました。

総じて、星野温泉は、利用する客層がイマイチ。まるでフィットネスクラブの風呂場にいるようでした。

お風呂のあとの一杯は、当然、ジョッキミルク!ジョッキで飲むのはビールだけではないのです。

Rimg2136

こんな生活を毎日のらりくらりと過ごしていました。寒かったけど、紅葉の頃になったらまた行きたいの~。

« 森の贈り物《その2》 | トップページ | 訃報 »

コメント

心もぬくもりそうです。良かったですね。
これからどんどん山も美しさを増す時期ですね。
去年はあまり出歩けなかったけど、今年は思いっきり歩こうと思っています。

投稿: カラカラ | 2006年9月17日 (日) 13時55分

お山で風邪ひきませんでしたか。
しみじみとした実に良い旅だったようで、よかったね。
人間は自然と切り離されたら生きていけませんねー。
いのちのあることを思い、思い出し、かみしめるためにも、いつも自然を感じていたいもんです。

投稿: yann | 2006年9月17日 (日) 17時54分

温泉三昧良かったですねぇ。
長寿の湯も入ったし、これで長寿間違いなし!
あれ?ジョッキの中身の色が見慣れた色と違う!
それはじぃじちゃんのでしょ(笑)

投稿: のほほん | 2006年9月17日 (日) 21時36分

お帰りなさい! 良い旅だったようですね^^

万座温泉と星野温泉、どちらも体験済みです。
万座温泉は豊国館とプリンスでした。
白いお湯はいいですよねー。酸性度高めで疲労感もありますが^^;
トンボの湯は、私はお気に入りの温泉です。
露天風呂はイマイチですが、内風呂のファンです。源泉かけ流しの温泉がたっぷりと、座ったらもぐってしまう(というか実際にもぐる)程の高さと、浴槽の石の感じがいいんですよね。景色も露天風呂より内風呂の方が広々としていていいと思います。休憩場所がないのが残念だけど、近くの村民食堂もとってもおいしい! というわけで、トンボの湯は日帰りで6回ぐらい行っています。隣接する「星のや」にも1回お泊りしちゃいましたよ。

温泉三昧のあとは、何日か硫黄臭がぬけませんよねー。それがまたいいのだ。

つい、語ってしまいました。
長文スミマセン。
ついでに星野温泉の記事TBさせていただきます。

投稿: れひ | 2006年9月18日 (月) 00時43分

お帰りなさい~
何度か書き込みしてたのですが
きちんと確認していなかったせいか
書き込まれていない事に気付きました・・・(泣)
(書いて送信して、そこで満足して終了・・)
軽井沢から車で40分くらいのところが実家なので、星野温泉行った事ありますよ
印象は「料金高い・・」って事くらいしか憶えてないです・・
普段300円から500円くらいの温泉しか行かないので、さすが軽井沢!と感心しました
普段から山に囲まれて生活しているので
あまり、ありがたみを感じないのですが普段見ている物でも写真になると、また違いますね
きのこが輝いて見えました~

投稿: | 2006年9月18日 (月) 09時10分

>カラカラさんへ
旅日記、待ってますよ。
昔だったらかけもちでグルグル旅行だったのですが、すっかり動かなくなりました。
1箇所での~んびり。

>yannさんへ
ほんまにおっさる通りでございます。
小さなものに目が向くのです。今までだったら踏み潰していたようなものまで愛おしく感じます。
気づき体験かしら。

>のほほんさんへ
身体が硫黄臭いのよん。
半分ぐらいまでは一気のみできるんだけど、そこから先が飲み進めないのです。ビールだったらいけるのに、不思議だわ。

>れひさんへ
さすが、れひさん、おされやの~。
どうも『温泉』はクラッシック『おんせん』でないと気分がもりあがらなくての。
もみもみがないのもな~。足もみしかなかったで。
内風呂はおばちゃんに占領されてしもててな。残念!

>嫁さんへ
なんか嫁に『さん』をつけると、オレッチの妻になってくれたようで申し訳ないの~。それもいっか!
1200円。ちと高めですかね。とってもきれいになっていてびっくらしました。昔の観察小屋もピッキオとかいうおされな小屋になっていて。泊まったことはないのですがねん・・・。
北軽もリゾートブームの頃、荒れましたが、バブルはじけてもとの静けさが戻りました。

投稿: きゃんべる。 | 2006年9月18日 (月) 09時50分

お帰んなさーい!
山はいい!私ワンゲル上がり。パッキング鍛えてるから退院の荷造り早いよ。いいなー、何か今回の写真見てると、理系の人の写真だね。
ドコモダケのダンス見れるなんてラッキー!
心の底力も充電完了かな?

投稿: ちこちこ | 2006年9月18日 (月) 13時07分

>ちこちこさんへ
おお、退院の荷造りが早いとは!すばらしい!
私はグッズマニアなので、毎回新しい入院グッズが増え続けました。今度、そのネタもやろうっと!へへ、おれっち理系ざんす。何故か人の写っていない写真が多いです・・・。

投稿: きゃんべる。 | 2006年9月18日 (月) 15時13分

お帰りなさい!!
お山から帰ってきたんですね~
長野県まで来ていたんだ~
もうちょい足を伸ばしてくれれば、
会えたのに?!

温泉はいいですよね~
でも術跡は大丈夫でしたか?
今回が温泉デビュー?

ジョッキミルク、うまそう~(*^_^*)

投稿: sakura | 2006年9月19日 (火) 16時07分

>sakuraさんへ
そうなのよ~、あともう1日ああれば、電話して「うまい蕎麦やおせーろ」って蕎麦アレルギーのsakuraさんへ頼んでいたはず!惜しい!

投稿: きゃんべる。 | 2006年9月19日 (火) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134301/11923631

この記事へのトラックバック一覧です: 温泉三昧:

» 星野温泉 [Singleがん患者の幸せ探しの旅]
誕生日に、彼と軽井沢の星野温泉に行ってきました ツルツル頭とストマを隠すグッズをたくさん持って。 ちなみに、ツルツル頭の隠し方(私の場合。) ・ 洋服を脱いでタオル1枚でトイレへ。(ココでついでにストマのパウチを小さいものに替えます。) ・ カツラを取っ... [続きを読む]

受信: 2006年9月18日 (月) 00時45分

« 森の贈り物《その2》 | トップページ | 訃報 »