« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月31日 (火)

鉛茶

新製品のお茶の名前ではありません。私が11月いっぱいまで勤めることになっている会社ででるお茶の名前です。

鉛茶

そう、生茶ではありません。

鉛茶

なのです。

会社のビルはこの界隈でもかなり古い建物。最上階にあるので、昔から水の出が悪かったのですよね。

んで先日、水道屋さんを呼んで、徹底的にチェック。すると、水道屋さんの顔もひきつるような

老朽化した鉛管

がはりまぐらされていたという事実が発覚。以来、わが社のお茶は『鉛茶』と命名され、社員は誰も飲まなくなったのであった。お客さんにはだしているがな・・・。

辞めてよかった~と思う反面、17年間もこの鉛茶を飲んでいたのかと思うと、あな恐ろしいや・・・。

ってなわけで、11/2は血液検査があるので、念のため血中鉛濃度も測ってもらうことにしました。

| コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月29日 (日)

いとおかし

本日は、チャリティ兼患者会の交流会・医とおかしへ。

『治療方法が無くなったから緩和ケアへ、ではなく、初期から緩和ケアを』、『せめて鎮痛剤の薬価は下げて欲しい』というがん研・向山先生のお話。患者もそんながん医療を願っています。

大御所患者会の方々に埋もれつつ、ボタの宣伝へ。でも、やっぱり浮いてたかしらん?ボタは『患者会』ではないからな~。

久しぶりに会う顔あり、初めて出会う顔あり。これも縁ですわい。

いとおかし

| コメント (9) | トラックバック (0)

2006年10月28日 (土)

和服de乳腺外来

日本で1番信頼できるBP乳腺外来クリニック(検査専門病院)にお勤めだったM医師が、大奥(?)から追い出されて転勤。

大奥・・・それは東京駅丸の内にある・・・ですわよ。

んで、転勤先の病院案内が届きました。

遠い・・・。

はかちゃんに何かあったときには、彼に頼るしかいないと思っていましたが、なんと今度は『川』どころか『山』まで越えなければ通院できません。いくらなんでも、こら無理だわ。

なんてことを考えていながら手紙を読んでいたら、最後の注意書きを見て笑っちゃいました。

★受診の際、和服でのご来院はご遠慮ください

03rimg2253

乳腺で和服。ってか、病院に和服。。。そんなやついるのかな???

医者『はい、触診します。お胸を開いて』

患者『あああ、先生(殿)!おやめなすって、おやめなすって!帯が、帯ぐぁ~!→↑←↓(ココログ、絵文字つくとくれ) 私は待つ人のいる身でございます。お許しを。』

医者『まあ、良いではないか、良いではないか。ちこう寄れ。触診ができん。』

とかいう時代劇のようなことになるのでしょうか?一度見てみたいですな。

| コメント (10) | トラックバック (0)

2006年10月27日 (金)

本日★ももちゃん★外来

本日はももちゃん外来でした。

退職前で仕事がてんこもり状態な今日このごろ。一刻でも早く出社したい僕チンは、10:30の予約時間にもかかわらず8:30に入社!あ、違った、受付完了!

ところが、目の前を車椅子に乗った苦しそうなニンプーが!!

ひょっとして・・・

『桃原先生、急患が入りましたので、診察開始を遅らせま~す』とのアナウンス!

マジ?!やっぱりね。だから産科と婦人科は分けてくれっちゅーねん。これは昼過ぎになるわ~と覚悟を決め、ポケベル持参で地下へ移動、朝食をとることに。んで、不味そうなトーストにかぶりついた瞬間、ポケベルブルブル。タイミング悪いの。

即効、ノルバと一緒に胃の中に押し込み、婦人科受付へダッシュ!

ニンプーさんは入院受付などをしている間を利用して、特別に診てもらっちゃいました。ま、3週間前の子宮頸がん、体がん、卵巣がんの検査結果を聞くだけだからな。

んで、結果は、

問題なすび

ただ、子宮体がんは、やっぱり最奥まで届いていないらしい。

んま、大丈夫でしょう!

というもも語録を信じるしかない。診察料は拝観料より安い210円。

何事もなければまた半年後の4月に検査だす。

| コメント (5) | トラックバック (0)

2006年10月25日 (水)

『幸福行』のネコバス

土曜日のボタキッズ活動で製作したネコバス型ランタンを(財)がんの子供を守る会へ届けに行ってきました。

Rimg2252

涼しかったのに、4日目にしてカ、カ、カビが。。。

痛んだところを再度削りだしたら右目が裂けた・・・。ひょえ~!!『賞味期限2~3日』との条件付きで置かせて頂きました。守る会のみなさん、ありがとうございます。

1日の看病からペアレンツハウスに帰ってきた親御さんたちが、このランタンをみて、心に灯を灯してくれたら良いな~。

| コメント (11) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火)

走り寝

やっぱ枕が要るのね・・・。

Rimg2211

| コメント (5) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

ボタキッズ★活動スタート

10月21日、ボタキッズの活動がスタートしました。

応援いただいている皆さまには、この場を借りてあつく御礼申し上げます。有り難うございます。

10:30に集合し、内装など今日の活動準備。9月末に描いた大判の絵を、カーテンレールの要領でぶらさげました。ただの白い壁が、とたんに賑やかになりました。

Rimg2220_1

テーマは『ネイチャーハロウィン』。既製品ではなく、植物を使った手作りハロウィンです。

活動では、ハロウィンの由来、収穫祭、植物の成長のしくみや様子、種の違いなども紹介し、ちょとした植物知識も伝授。それから、活動へ入りました。

シールやマーカーを使い、参加者ひとりひとりの個性が現れた楽しい作品が出来上がりました。木の葉を使ったファッションショーも大成功。ボタニカル・キングがたくさん出現しました。

02rimg2231

02rimg2236_5 Rimg2228_5 Rimg2234_1  

入院中には見られなかった素敵な笑顔をたくさんみることができ、参加者だけではなく、私たちスタッフまで、大きなエネルギーを分け合うことができました。感謝です。

トリックorトリートでは、木の実やミニブーケ、球根をお菓子の代わりにプレゼント。大人も子供も夢中になってジャンケン。私は何故か勝ち続け、かごの中のお土産の減りが遅かったっす。

重さ比べで使用したかぼちゃは、友人の芸大彫刻科匠組に彫ってもらい、最後は火を灯してランタンに。参加者全員、自然とランタンのまわりに集まり、ほんわかした気持ちになれました。

02rimg2243

左は国営昭和記念公園へ、右は(財)がんの子供を守る会へプレゼントの予定です。もし、足を運ばれる機会があれば、是非、見てやってください。

疲れたけれど、充実した1日でした。もっと生きたいと思いました。

| コメント (26) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金)

本日★ののちゃん★外来

本日はののちゃん外来でした。神経科の診察室は暗~い隅っこにあって、待っているだけで気が滅入ってきそうです。

1番げとーのつもりで行ったら、40歳代後半と思われるサラリーマンの人がいました。薬局でも一緒になったのですが、薬をたくさんもらっていて、大変だな~と。

で、ののちゃん。

のの『どう?ドグマチール。何か副作用は出た?』

きゃ『実は3日間しか飲めなかったとですよ。やっぱり乳がでる&太るという現象は、チチ癌患者には、抵抗感ありです。癌がふえる気がしてまう。』

のの『うん。わかったわ、やめましょう。』

きゃ『リーゼって耐性がでる?』

のの『うん。あの薬は出た症状を一時的に抑えるの。根本的な部分の治療にはつながらない。』

きゃ『最近、1錠のんでも動悸がおさまらないよ。』

のの『うん。じゃあ、別の薬と組み合わせてみる?』

きゃ『うん。』

で、でた薬が

メイラックス

マイナートランキライザーですな。他の薬とうまく組み合わせながら調子をみていこうと思っています。

んで、診察をすませ、会計へ。ふと掲示板をみたら、

病院でも★VISAが使えます!

ぬわに~!!そう、病院の支払いにカードが使えるようになっとったですよ。

手術・入院中に適用できていれば、ポイントごっそり貯まって、退院旅行にでも行けたのに!!ちくそ===!

と思ったきゃんべる。でした。

明日はボタの初回活動。力まず、自然体で。

| コメント (9) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

命名:カラピー!!

ピーマン最盛期なり。

Rimg2215

で、収穫をしていたら、何故か赤い色のマンピーが!!

Rimg2213

で、その横にあるのは、、、トウガラシなわけでして。

Rimg2217 

血が混じったのね・・・。名づけて

カラピー!

週末、炒めて食べてみようっと。辛いかな???

| コメント (10) | トラックバック (0)

2006年10月18日 (水)

のりかえの悩み

携帯電話を買い替えようと思っている。

正確に言うと、メーカーをのり変えようと思っている。docomoを捨てて・・・。

今までdocomoを使っていたのですが、端末高いし、料金高いし、混んでるし、ってなわけで不満だらけ。相方のsoftbank家族割引に相乗りすることに決めた。

で、大型電気店の携帯売り場コーナーを徘徊しているのですが、何を基準に購入を検討しているか考えてみたら、

もし入院したら・・・

ってことに気がついた(爆)。だって2年間は解約できへんのよ。孫氏め!

候補になっているのが、、、

  1. 905SH=1セグ携帯。液晶TV見放題(フル充電で3~4時間)。眠れない夜、使えそうやね~。ただ、表面のデザインがやや爺臭い。でも新規加入は1円。
  2. 811SH=PCサイトが見られる。。。うちの病院、ノーパソ持ち込み禁止な可能性高し。携帯からアクセスできれば、みんなのブログを徘徊できる!デザインも◎。ただし値段も高い(新規加入でも)!買うなら限定カラーの紫。新規加入でも2万円。
  3. 705SH=iーpod付きがでたねん。2GB~!新規加入1円。ちなみにi-podは既に4GBのを持っているのよね・・・。

この3機種のどれかにしようと思っとるんだけど、う~ん、悩むで~。

| コメント (14) | トラックバック (0)

2006年10月17日 (火)

泳いだ距離と精神の関係

昨年9月から一月あたりの泳いだ距離を記録しています。結果を集計しました。

Suim_1 

どうです?

心と身体の調子を表す見事な曲線美!

しかも、

右肩下がりですっ!

思い起こせば、昨年の今頃。ホルモン療法をはじめて半年経った頃は、私、イケイケだったのですね~。1月には1日1kmの目標を達成(社会人には意外に難しい数字)、マスターズ復帰に向けて順調に記録をのばしておりました。

ところが!

2月に体調を思いっきり崩し、自己免疫疾患に。白血球の減少、人生初のインフルエンザ!泳いだ距離が激減していきます。

つまり、

ホルモン療法1年後から、心と身体に重大な変調が起こりだしたのですな。

8月は湘南OWS出場を目指し、練習を再開。距離も少しあがりましたが、9月はズンドコ状態だったのでさらに激減。

1.700m/月!

歩いた距離より少ないのではないでしょうか?

さらにヘロヘロな10月は、湯河原の温泉で10m泳いだぐらい。。。

このグラフにマーカー値や中性脂肪の数値曲線を重ねるとどうなるんだろうか・・・?みたいような見たくないような・・・。

というわけで、今日も泳ぎにいけそうもない河童なのさ。

| コメント (9) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

お嫁サンバ

お嫁サンバと聞いてメロディーが浮かんでくる人。そして、振りつきで踊れるあなた!同世代ですな。

本日は義父の13回忌でした。そう、数少ない

長男の嫁イベントです!

義父の『上咽頭がん』がわかったのは、ちょうど相方と婚約した年でした。

当時はガンマナイフなどという武器も無い時代だったので、頭部にできた腫瘍は摘出するのがとても難しく、放射線と化学療法が繰り返される日々。治療の合間をぬっての結婚式。

嘔吐、食欲不振、嗅覚異常、味覚障害、頭痛。。。家族の目に映ったのは、治療の効果ではなく、副作用ばかりでした。

あれから十数年後。同じ病院に、同じ病気で私が入院することになるなんて、思いもよらなかったの~。

で、そうそう13回忌です。

私が死んだら、多分、この場所でSOUSHIKI(←KONISHIKIみたいですな)をすることになります。住職、住職の奥さん、そして息子の小坊主にも、念入りに挨拶をしておきました。

『頼んだぞ』と。

でも、この小坊主。袈裟を着ないでウロツク姿は、まるで

マツケンサンバ(爆)!

頼むから、小坊主にはお経をあげさせないで欲しいです。彼は、木魚のリズムがユーロビートなのです。せめて、ロックにして欲しいです。

小坊主の口癖は、

『お焼香は1回でお願いします!』

今日も、“1回で!”を振り付きで拝めることができ、きゃんべる。はとても幸せな気分。

あそこに花を置いて、こっちにこうやって、、、とか、いろいろシュミレーションをしながら、坊主の話を聞いていました。んが、直前に飲んだ薬が効いてきて、最前列で爆睡!

やっちまったぜ、長男の嫁。

親戚中には、『きゃんべる。さんは、ああいう人だから』教育が行き届いている(行き渡っている)し、みんな病気のことも知っているので、『きゃんべる。さん、お疲れでしょう』と逆に気を遣ってもらっちゃいました。オホホ。

せっかく丁寧に挨拶しておいたのに、住職からの評価はガタ落ちだろうな~。ちぇ~!!

| コメント (14) | トラックバック (0)

2006年10月14日 (土)

ウツレレレ?

主治医を同じくし、かつ、精神を病む仲間と、ウツレレをはじめることになりました(笑)。

ウクレレではありません。

ウ“ツ”レレです!

発起人のKNちゃん。以前から弦楽器をやりたいと言っていました。でも、みんなで『浮腫が心配よ! 弦楽器をやるなら“琵琶”でもやんなさい』との意見。

諸行無常の~、べんべん

HAGE時代だったら、本気で似合っていたかもしれない。『ホウイチ娘。』とか『BIWAの葉温灸』とかいうグループ名で、病室で琵琶を弾く。メジャーデビューしてたかもしれない!惜しい!

で、いろいろ検討をした結果、浮腫持ち+ホルモン療法副作用の『ウツ』持ちな私たちにぴったりな音楽療法。それは『ウツレレ』しかないだろうとの結論に至りました。

ウツレレをもっていない私は、早速、昨日、会社帰りにウツレレ専門店『アキオ』に寄り道。すると入手を諦めていた、

忌野清志郎モデルが売っている!

即買いしました。やはり、がん患者は、がん患者の楽器を買わねばなりませぬ。

Rimg2197 Rimg2198

Rimg2196_1

どうです。まるで、きゃんべる。に弾いてもらうために作られたかのようなデザイン。これを着こなせる人は数少ないと思いますよ~。(弾きこなすではない!)

14yongcame_1このモデルは限定1000本リリースで、発売からすでに4年は経ってる。ネットなどで検索をかけても、なかなかヒットせず、現物を売っているとは思いもよらなかったっす。

これのコンサート型で『フライングV』型ウツレレもある。ただしコンサート型だからな~、2本目だよな。

ということで、清志郎氏が咽頭癌の治療から戻ってくるまでに、練習してうまくならなきゃね!

目指せ、牧シンジ!!

| コメント (14) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

ナルナル★ビ===ム!

フラ+メンコ=フラメンコ。本日は、アントニオ・マルケス舞踊団の公演に行ってきました。

これまでに観たフラメンコ、クリスティーナ・オヨス氏や故アントニオ・ガデス氏らの舞踊とはかなり趣きを変えたもので、『フラメンコ・バレー』のような感じでした。ひとことで言うと、

賑やか

でござんした。

スピーカーから流れる音楽の音が大きくて、せっかく踊っている足の音が聞こえないのですわ。光とナマ音だけの、シンプルな構成の方が良いな~、などと思いつつ。

メインのアントニオ君は

ナルシスト・オーラどっぷり。

20061011prof1_1 

そう、ナルシストは何故か裸になりたがる。ポスターも胸、はだけています。胸毛どころか、腹毛までついています。

どうですか、この背中のソリ具合。ナルにしかできない所業です。フリオ様かと思っちゃいました。

でも、あの足さばきは必見です。彼が貧乏ゆすりをしたら、きっと世界一になります。

ナルナルオーラに少々食あたり気味なきゃんべる。でした。

| コメント (14) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水)

ヘッドロック!

トマト、ピーマンの第二期収穫期。でも、夏と違って赤くなるスピードが遅い・・・。お日様ヘ~ルプ!ってな感じです。

で、庭で放置プレー中の爺次を捕獲。ヘッドロックされても笑っています。

Rimg2187_1

| コメント (14) | トラックバック (0)

2006年10月10日 (火)

卵巣癌抗がん剤・早期承認への願い

カラカラさんれひさんのブログで拝見し、気になっていたのですが、ここのところバタバタしていてUPが遅くなってしまいました。

卵巣癌の抗がん剤早期署名運動です。

私もホルモン療法の副作用で、卵巣癌・子宮癌の発症率が高くなっています。半年に一度の検診は欠かせません。

がん患者には時間がない。生命の、人生の選択肢を広げて欲しい。願っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日は「卵巣がん治療に関する要望ネット署名」にご協力いただき、ありがとうございました。皆様のご協力で1,408名の(8月末日現在)ネット署名をいただくことが出来ました。

この活動は、「卵巣がんネット患者会」として運営していましたが、この度、代表のすずきさんがご自身の都合により代表を辞任されたことから、残された会の会員で話し合いを重ねた結果、同じく卵巣がん患者に対しての活動を目標に準備が進んでいた「卵巣がん体験者の会スマイリー」と一丸となり活動を進めて行くことになりました。

それに伴い会の名前を「卵巣がん体験者の会スマイリー」と変更していますが、活動としては今までの「卵巣がんネット患者会」の活動主旨を継続し、署名活動を最優先課題として行いますので、活動の内容は今までと変わることはありません。

今後も、卵巣がんの治療に関して、日本では未承認である抗がん剤の早期承認および、卵巣がんの治療に関しては保険対応外である抗がん剤の保険対応を求めての署名活動を継続していきます。会としての活動や進捗状況など、詳しくはホームページをご覧ください。

http://ransougan.e-ryouiku.net/index.html

体制が整いましたので、しばらく停止していたネット署名を再開しています。また、文書による署名用紙を印刷できるようになりましたので、もし、今後も賛同いただけるのであれば、手書き署名にもご協力いただけるように紹介していただければ幸いです。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

「卵巣がん体験者スマイリー」http://ransougan.e-ryouiku.net/index.html

代表:片木 美穂

| コメント (8) | トラックバック (0)

2006年10月 9日 (月)

湯河原へ

Cimg0107 毎年秋の恒例・JWの湯河原温泉旅行へ行ってきました。普段なかなか会えないメンバーと顔を合わせることができる、数少ないイベントです。前日までの悪天候はどこへやら、快晴に恵まれました!

今年は午後の空き時間を利用し、会員企画の『陶芸教室』へ。

実は昨年も狙っていたのですが、1人で行ってもなぁ~と断念していた企画。今年は事前に準備を手伝ってもらったおかげで、総勢9人で楽しい時間を過ごすことができました。

Cimg0112 場所は向山釜。タクシーで着いた場所から延々階段を上った場所にあります(笑・はじめに言っといてくれよ~)。足もとに三浦半島、遠く房総半島まで眺めることができる高台。

教室は14時からはじまったのですが、先生のうんちくが長い、長い!あたしゃ、このまま終わってしまうかと思いました。で各自、何をつくるか熟考。

オレッチは『SOUSHIKI茶碗!』そう、OSOUSHIKIで飾ってもらう茶碗。是非、自分の手で作ったものにして欲しいのですわ。

  • 底から1cm
  • 厚さを均等に
  • 上へいくほど薄く

Cimg0115 という3つの注意事項を言い渡されロクロを回しましたが、底から1cmってどんなもんなんだか、さっぱりわからずじまい。厚さを均等にっちゅーのもようわからん。結局、みんなでぎゃいのぎゃいの言いながら、半分は先生に作ってもらっちゃいました。これが受講料の中身なんだわ。

Cimg0122 形は、いわゆる『茶碗』ではなく、漬物とご飯をそっと盛り付けられるようなコバチェフ型に。少し楕円に仕上げました。『乾燥→素焼き→登り窯で50日間焼く→冷ます』という作業工程があるので、出来上がりは1月中旬。

男女混合、世代も違うのにやたらと賑やかなこの団体。先生も不思議に思ったのか、

『どういうグループなんですか?』

『絶対に想像できないですよ~!』と内緒にしようと思っていましたが、最後の最後に種明かし。案の定、フリーズしてました。

『みんな元気なのに・・・』

やっぱり、そういうイメージなんでしょうね。

Cimg0131お月様を眺めながら、のんびり温泉につかり、夕食のパーティー、深夜まで続く団欒。とても楽しかった。最近、凹み気味なきゃんべる。でしたが、よい気分転換ができました。感謝です。

| コメント (12) | トラックバック (0)

2006年10月 6日 (金)

本日《も》外来

本日の外来はダブルヘッダー。ののちゃん先生(診療内科)とももちゃん先生(婦人科)。ののちゃんは、いつも8:40~から診察スタートなので、ののちゃん→ももちゃんの順で診察。

久しぶりに行ったO病院は、患者さんの呼び出し方が変わっていてびっくり。電光掲示板があり、《●番の方◎診察室へお入りください》みたいなお姉ちゃんの声が待合室に流れます。個人情報保護法との関係があるのでしょうが、なんだか変な感じ。

ののちゃん先生には、ここのところ2週間の大きな動きを告げました。

きゃ『会社を辞めることにしました』

私は、ののちゃんのびっくり眼と『うえぇぇぇ~?!』という激しいリアクションを期待していたのですが、返ってきた反応は、

のの『あ~~~ん』

あっさり。

私、あまりのリアクション・テンションの低さに、イスからズリコケそうになってしまいました。もうちょっと驚いてよ~。赤いマントめがけて走ったら、あっさり闘牛士にかわされたって感じです。もう~っ!

最近食欲がわかないこと、動悸がひどいこと、心が苦しいこと、昨日のはかちゃん指示内容を伝えると、『そうね、でも、まずはこの薬で様子をみて』と言われ、出された薬は、

ドグマチール!

マチルダさ~ん!(ば~い・アムロ)

食欲がわかないということから、この薬が処方されたのですが、副作用として、ぬわんと、

乳が出るらしい

これにはびっくり。

わたしゃNEW癌患者なのよ。女性ホルモンは禁忌キッズ!大丈夫なの、ののちゃん!?と根掘り葉掘り聞くと、食欲機能と乳汁を分泌する機能部位が隣り合っているために、こういった症状がでてしまうらしい。NEW癌自体には、全く問題がないから安心せよとのこと。

もし出てきたら、ちょっと飲んでみようかなぁ~と思っています。自分のナマ乳を飲む、夢でした。変態オヤジまっしぐらです。2週間だけ、我慢して飲んでみようと思っています。

そして、今日から女専→神経科にカルテが正式移動になりました。これで2週間に1回病院通いせねばならぬ。は~あ。結局、なんだかんだいって週1回は外来だな~。

ののちゃん外来終了後、ダッシュでももちゃん外来へ移動。子宮がんのお婆ちゃんが私の前で、おしゃべりしまくりました。お婆ちゃんに続いてきゃんべる。入場。

半年に一度の頚癌、体癌、卵巣癌のチェック。これもノルバの副作用のひとつ。発がん率があがるのです。

ひさびさ診察だというのに、前傾している僕ちんの子宮ちゃんの特徴をももちゃんはしっかり覚えていて、なんとか診察終了。はう~。結果は3週間後に。

明日から湯河原に温泉旅行へ行ってきます!旅レポートは月曜日に。では!

| コメント (8) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

本日★外来

本日はかちゃん外来。Iさん、KNちゃん、KRさんと一緒。KMさんとはすれ違いで合えず、残念!

ミッションは、

  1. 会社辞めます宣言
  2. 全身検査日程・内容
  3. ゾラ継続期間

でおじゃります。

予約時間は9時~。到着したら9:10分。この時点で3診6番。不思議なことに、今までは『予約時間枠』という概念があったはずなのに、はかちゃん外来に限り、撤廃されたみたい。要は早いもの順。オイオイって感じです。

しかも、番号以外に名前で呼ばれる???な患者さんが入り交じり、待ち時間はズルズル1時間強。がん友が一緒でよかったっす(ってか、おしゃべりに夢中になって1回とばされた)。

注射を打ちながら、『先生、仕事辞めることにした~』と言ったら

『うぇっ?』

と言ったまましばし絶句。フリーズ。

『どうした?なんかあった?』

かくかくしかじか。細かく説明。特に精神的に参ってしまったことを伝えると、この治療の難しさ、予後の生き方の難しさについて、診察ベッドに腰掛けた私と向かい合って、懇々と語ってくれました。こういう話しをするとき、彼は決して目をそらさない。有難いです。

私としては、10年治療満期を迎えたとしても、BC時代のような働き方をする気が全くないこと。ならば、身体や心に負荷をかけて今の会社に固執するより、新しいことに目を向けていきたいことを伝えました。

はか『そうか、わかった。じゃあ、ひとまず半年ぐらいのんびりして・・・』

きゃ『うんにゃ、1月から始動するざんすよ』

はか『んあ~?!はやぇ~なぁっ!』と大爆笑。

明日、ののちゃん外来がある旨を伝えると、予防になるのなら漢方や他の薬を処方してもらうよう、ののちゃんと良く話しをするように指示されました。

私、ののちゃん、ののちゃんと連発していたのですが、何故か、はかちゃんは『ののちゃん=M医師』と理解していて、笑えました。

全身検査の日程については、来年2月にゾラ注2年の節目を迎えるので、その際に実施して今後の治療方針を決めたいとのこと。ただ、ここのところ微増傾向にあるマーカー値については、11月か12月に実施しても良いと。次回、受けるかどうか、体と心に相談しながら考えようと思っています。

ゾラ継続期間については、3年、5年のエビデンスがあること。それまで2年間の治療から『解放された!』と考える人と、『何も無くなって不安』と思う人がおり、どちらを選んでも良いとのこと。年齢的に微妙なんですよね、私の場合。マーカー値の変動具合、2月の全身検査結果を踏まえ、じっくり考えたいと思います。

次回は11/2。明日は、のの→もも!行く場所間違えそうで不安です。

| コメント (6) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

明日ははかちゃん!

明日ははかちゃん外来。

「何か変わったことは?」

って絶対聞いてくるはずだから、「会社辞めます~!」と言った後の先生の反応が楽しみです~!

因みに明後日は、ののちゃん外来の後、ももちゃん外来。

私、この3人の医師を総称して、

3ちゃん主治医

と呼んでいます。

| コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月 3日 (火)

代理母

向井亜紀さん・高田延彦さんの代理母出産の件、みなさんどのように考えますか?

ニュースはこちらとかこちらから。関連サイトはこちら。そして、代理母問題などにも取り組んでいる国際フリージャーナリストの大野和基さんの記事はこちらから。

私、BC時代は「そこまでして」とか思っていましたけど、AC時代になってから、「選択肢としてあっても良いのでは?」と考えるようになりました。倫理上の問題など、山積みですが。。。

そろそろ子供でも、、、と思っていた矢先のNEW癌診断。化学療法、5年間のホルモン療法後、1年程度の猶予期間をとったとして、私の年齢は43歳。初産には遅すぎますよね。

治療方法を選ぶとき、はかちゃんに1番しつこく聞かれたのも子供の問題でした。

『産まない』のと『産めない』

という言葉の違いがこんなに大きいものだとは思いませんでした。

化学療法を開始する前に、卵子の冷凍保存をしておけば良かったと、今、ちっぴり後悔しています。あのときは目の前に次々やってくる治療をこなすことに終われ、そんなことを考える余裕すらありませんでした。

子供を産まなかったから得られたものもあるし、自然に任せるのが一番、神様の授かりものだという意見もよ~くわかります。

でも、それができなくて、どうしても欲しい人に対しては、選ぶ選ばないは別として、選択肢はあっても良いのかな~と。う~ん、なんかうまくまとまっていないな~。

みなさんはどう考えますか?

| コメント (13) | トラックバック (0)

2006年10月 2日 (月)

はじめてのお泊り

来週7~8日は温泉旅行。相方はオケの合宿。ということで、爺次君、

はじめての外泊!

なのでおじゃる。

自宅から歩いて5分ぐらいの場所に、「犬の保育園」というペットホテルがある。ゲージも広いし、散歩させている姿もみていたので、預けるならそこに・・・と思い、昨日、申し込みに行ったら、ぬわんと、

入園試験がある!

これにはびっくり。まあ、無駄吠え、噛み付くなどの癖がある「凶暴」な犬以外は大丈夫らしいのだけど、事前に3時間ほど預かり、その犬の特徴を把握しているとのこと。というわけで、そのまま爺次を預け、自宅に帰ったのじゃが家の中が、、、

静か過ぎる・・・。

相方とふたり、ぼ=っと新聞を読みながら、待つこと3時間。

寂しすぎる!!

爺次のいない家がこんなに寂しいとは思いもよらず。いてもたってもいられず、ふたりで早めに迎えに行ってしまった。。。

親ばかがふたり~。

で、そんな心配をよそに、外面の良い爺次君は、尻尾をふりまくって無事入園試験にパス。しかも姉ちゃんとじゃれまくり。ふんっ!

| コメント (12) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »