« 今日の爺次くん | トップページ | 生きていることに、ありがとう。 »

2006年11月27日 (月)

訃報とボタ

金曜日、帰宅後ポストをあけると一通の手紙が。

喪中葉書?

苗字をみてもだれだかわからなかった。

文面を読むと、2回目の化学療法からずっと一緒だった、Oさんの訃報を知らせる葉書だった。

驚いた。

とても悲しかった。

大腸癌だった。

はじめて会ったとき、ベッドが隣同士になり、「化学療法をはじめて受けるので、緊張している」と言っていた。

私は2回目の投薬だったので、「大丈夫。私も今日から点滴だから一緒に頑張りましょう」と言葉をかわした。

同室のメンバーともすぐに仲良くなり、「次回からもきゃんべる。さんと、同じ治療日にして!」と担当医に話し、都度、その通りになった。

さっぱりした性格の方で、私が先に化学療法を終えると「さあ、もう病院なんかに戻ってきちゃダメよ」といって背中を押してくれた。

友人Nさんの調子が悪くなり、何度か病院へ行ったとき、顔見知りの看護師さんから「Oさんが大変なの。励ましてあげて!」と言われ、半年ぶりに再会した。

もう化学療法は終わっていたと思っていたのに。

以前のまま、綺麗だった。

でも、車椅子にのっていた。

「私、車庫いれ、上手いのよ!」

病室内にある狭い隙間にバックでうまく入れ、とても自慢げにしていた。

「足がおかしいのよ。」

浮腫んでぱんぱんになった足をみせてくれた。

「でも、大丈夫。車椅子があれば動けるし、痛みはないの。」

手で温めてあげたらとても喜んでくれた。

本当に喜んでくれた。

帰り際に言われた。

「きゃんべる。さんは、もうこんなところに来たらいけない。お見舞いにくる時間があったら、自分が生きることに使いなさい。私は大丈夫、負けないから。」

これが最期の言葉になった。

心配で、心配で、何度もメールで「体調はどう?」と聞きたかった。

でも、そう聞かれる、聞くことが、お互い1番辛いことを知っていた。

だから、年賀状を待っていた。

本当に待っていた。

「今年は家で過ごしています!」

そんな葉書が届くのを待っていた。

でも、届いたのは喪中葉書だった。

6月に亡くなったと書いてあった。

Nさんと同じ月だ。

ひょっとしたら、別の部屋に入院していたのかもしれない。

近いうちに会いに行こうと思う。

年賀状をもって。

********************************************************

そんな気持ちを引きずったまま、ボタに行った。

今日ははじめての園芸作業だ!

http://botakids.com/katudoukiroku1125.html

みんなの笑顔が嬉しかった。

いつもにも増して輝いて見えた。

Oさんにもお孫さんときてもらいたかった。

また、ひとり、間に合わなかった。

********************************************************

私は今生きている。

そしてみんなも生きている。

ありがとう。

最期まで頑張ろう。

人はいつか死ぬものだから。

« 今日の爺次くん | トップページ | 生きていることに、ありがとう。 »

コメント

なんて悲しくて辛い日でしたね。人間いつかは「死」を経験するんだね。今、たった今を生きていられることに感謝。

投稿: メリー | 2006年11月27日 (月) 20時40分

悲しい気持ちを抱えながらのボタの活動、お疲れ様でした。

Oさんはちゃんと空からきゃんべる。さんの活躍を見守っていらっしゃると思います。
きっと素敵なかた方なのだろうと、文面から想像させてもらいました。
自分もいつか死ぬ・・・恐くないと言えば嘘になるけど、今生きていることを大切に、ありがとうの気持ちで過ごしていきたいです。

投稿: ちゃこら | 2006年11月27日 (月) 23時57分

きゃんべる。さん、、
いろいろ重なって、ちょっとココロがざわざわしてますね。。眠れていますか?
頑張り過ぎていませんか?
偉そうな事を言ってすみません。汗)

マイミクさんから教えていただいた動画(アニメ)です。
既にご存知かもしれませんが、死についてのものです。
逝くもの遺されるもの・・・ 泣けました(ToT)
きゃんべる。さんにも見てほしいなと思い貼りました。
気に障ったらごめんね。

http://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=6468

投稿: オレンジ・みかん | 2006年11月28日 (火) 11時44分

あまり普段はくさくて言えないけれど・・。
皆さんの前だったら、堂々と言えるかも。
みんな一緒に・・ が ん ば ろ う !

投稿: カラカラ | 2006年11月28日 (火) 19時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134301/12837522

この記事へのトラックバック一覧です: 訃報とボタ:

« 今日の爺次くん | トップページ | 生きていることに、ありがとう。 »