« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月30日 (火)

爺次の復活

ちょうど1歳の誕生日を迎えた頃、早くも人生2度目の手術を受けねばならなくなった爺次(1度目はタマ採りね)。

軟骨をご褒美に2ヶ月にも及ぶ、夫婦リハビリの日々。食事には、プロテインを混ぜ、マッチョな男を目指してトレーニング!!

そして、ここ数日、ほぼ4足歩行(以下、4WD)ができるようになりました!!

昨夜のお散歩。手術をした足を支えに、おしっこをした瞬間、

おおお~~~!

涙が出そうになりましたよ、あたしゃ。

まだ、走ったり、ジャンプをするときは片足をあげる癖が残っていますが、通常のお散歩、早歩きは、90%・4WDで歩けます。

諦めちゃあかん。生あるものの自然治癒力に感動するばかりです。

↓本人、毎晩アンモナイトですが。。。

Rimg2556

↓心配すんなよ~と、言いたげです。

Rimg2554

| コメント (8) | トラックバック (0)

2007年1月28日 (日)

ボタボタ★ニュース

昨日は今年最初のボタキッズ活動日でやんした。

ちょっと遅れた書初めを、恒例のかみすきを利用して行いました。書初めに印した今年の願い事は、ドラえもんの秘密のポケットにしまって、夢をかなえてもらおうというものです。

こんなこといいな、できたらいいな、あんな夢、こんな夢、いっぱいあるけど~。

かみすきの原材料は牛乳パック。リサイクルの流れとあわせて勉強をして、実際に体験しながら、紙すきにチャレンジ。

0127rimg2574

紙すきは、パルプそのままのもの、ミントを混ぜたもの、キラキラ絵の具を混ぜたものなどを用意。

0127rimg2599

ドラえもんは、本当にひとりひとりの個性がでていて、笑えました。

↓みよ、この悪役ドラ。目がいってます。

0127rimg2623

みんなの願い、みんなの夢。ひとつでも多くかなうことができたら良いなと思っています。

活動の様子はこちらから

| コメント (5) | トラックバック (0)

2007年1月26日 (金)

検査結果の日

嫌ですよね。検査結果を聞く日って。

看護師さんの動きや、画像の入った袋をみただけで

腹が痛くなります

今日も3回行ってきました。

我が家では1年検診には、相方直参なんです。当然、今日も漫才ふたり。何かあったとき、その状況をまた相方に説明するのが嫌なんですよね。頼りにしています。

で、結果。

・マーカー値:すりきりいっぱいまで来ていたのが1ダウン。これは嬉しかったですね。正常値内なので異常なし!

・画像:下腹より背中の脂肪が多いと言われた。メタボリックはなし。最近痩せた旨を伝えると、筋肉が脂肪化しているらしい。。。ふん!だって体調悪くて泳ぐ気になれないのだもの。

・白血球:問題あり。3000しかない!!

『一応、抗がん剤がうてる数値だけど、少ないよね・・・。』今の季節は要注意せよとのこと。免疫力が落ちているから、屋外や人ごみはなるべく避けるようにとの指示。マスクに手ええ洗い、注意せねば。

・その他の数字:腎臓、肝臓は問題なし。白血球に血小板異常が加わっていると面倒らしいのですが、一応基準値があるので、経過観察。

それから問題のゾラ注。はかちゃん曰く、

『きゃんべる。さんは、何か治療をしていないと不安に感じるタイプでしょ。』

『はい』

『ゾラは治療の効果としては満期だけれど、心のために、続けても良いかな?と思っている。その代わり、ののちゃんや、エビスタ、心をゆったり休めることは忘れないで』と。

私もホルモン値の急激な↑↓はもう避けたい。せめて軟着陸を試みたいです。ということで、ウツなどの症状とうまく付き合いつつ、

もう1年、ゾラ注を続けることにしました。

相方に、画像の細かい説明をしつつ、診察終了。

今月は、検査代に、薬代、診察代にゾラ代が加わって、6万円弱の医療費出費。もう泣いちゃいます。

帰りがけ、自分へのご褒美を買いました。

シュコー・ピッコロのクリスマスモデルとLoydRenndienstモデル。

前者は↓毎年買っている定番もの。

Rimg2563

Rimg2565 

これは、見た瞬間ツボ。即買いしたもの↓

Rimg2561

↓人の顔みたい。ピッコロらしさ炸裂です。

Rimg2560

| コメント (10) | トラックバック (0)

2007年1月24日 (水)

RI画像への道

禁食解禁となったので、近所のロイホで暇つぶし。

朝、体内へ入れたRI液が体を巡るのを待っておるのじゃ。注射が10:00で画像が14:30。90分間はここでねばらんとあかん。

にしても、平日昼間のファミレス。周りは子連ればかり。自転車置き場は前後カゴのママチャリで満杯。6~8人のママ&ガキンチョ軍団の島があちらこちらにでき、子供は放置プレー。そんな中、血が滲んだ腕の絆創膏を剥がす癌なオレっち。る~る~る~な気分だったわ。

メールを打ったり、本を読んだり、適当に食べて時間をつぶし、いよいよRIのオカマ入りへ。これが終われば、本日は無罪放免。

ところで、T病院のRI。幅が狭いのです。↓

Cimg0150_1

前にならえ!

の幅しかありません。おちないように、腰と胸の部分にベルトをかまされ、SM状態に。20分間の放置プレー。鼻先をトンネルがいったりきたり。。ぐぃ~~~ん。

今度はピースサインをしてみよう

と思ったきゃんべるでした。

以上で、スタンプラリー完了!結果は明日の外来で聞いてきます。

聞きたくないけれど、聞かなければ仕方ない。

耳をふさいでいても何の解決にもならない。

と自分に言い聞かせています。

画像の結果もそうですが、ゾラをどうするのか?ノルバは?

明日は人生の重大な分岐点になるので、相方を連れて外来へ。何かあったら泣きついちゃる!ついでにT病院の惨状をくまなく紹介しなきゃ。あなたの妻は、こんな病院へ行っているのよ~と。では、マーカー値が下がっていますように。

| コメント (5) | トラックバック (0)

2007年1月23日 (火)

CTへの道

スタンプラリー5番、CT!

ウグイス嬢の声が聞こえます。ETじゃなくてCTです。これさえ受けてしまえば、ひとまず食事にありつけます。お薬も飲まなくっちゃね!

一旦、乳腺外来へ声をかけると、『CTは旧病棟のCTと新病棟のCT、どちらでも受けられますよ。どうしますか?』と聞かれました。当然、

『新病棟のCTで受けます!』

そんなわかりきったことを聞くなっちゅーねん!!

だって旧病棟のCTってばこんなんよ↓

Cimg0142_1

見よ、この背景を!!

まるで草原に立っているかのような爽やかな風を感じさせてくれる、この見事な

風呂屋のペンキ絵

新宿の地下道で売ってそうな絵が壁一面に貼り付けられています。でも、今度は新病棟!きっと新しい空間と新しい機械が私を待っているわ!気を取り直して向かいました。丸イスが並ぶエコー前広場を抜けて。

新病棟の待合室は↓こんな感じ。

Cimg0156

アメ横と呼ばれる旧病棟の喧騒さはどこへやら。静かです。

検査票を提出すると、すぐに呼ばれました。んで、中へ入ると・・・

じゃ~ん!↓

Cimg0162

たいして変わんねーじゃん。

技師によく聞くと、機械は前のを移動してきたとのこと・・・。

怒!がっくし。

一度とり終わった後、なぜか少し時間をあけてからまた撮影。こういうことをされると、胃が痛くなります。なにせノミの心臓ですから。

『終了で~す。あとは午後、RIへ行ってください。』とまたしても秋葉風の眼鏡青年に言われてカルテを渡され、ドアを開けようとしたら、

重くて開かない!

見上げると、壁一面のスライドドア。。。こんなん、力が入らない乳がん患者には開けられません!どたまーきて技師に声をかけようと振り向いたら、だ~れも居ない・・・。

仕方なく、腰に力を入れ、両手に力を入れて、ふんっ!

引田天功★無事脱出!

次は、スタンプラリー6番、RI画像へ。

| コメント (3) | トラックバック (0)

2007年1月22日 (月)

エコーへの道

スタンプラリー4番。エコーへの道。

T病院は新病棟ができて、只今、あちゃこちゃ改修中。整形外科は美しい病棟に移り、アメ横から移転。でも、乳腺はそのまま。ちくそー!話が違う!

『入院すれば入れるよ』とはかちゃんが言っていたけど、金輪際、入院する気なんざぁ、さらさらない!お断りよ!

で、エコー検査室周辺は、旧館連絡通路の改修工事中。そのあおりを食って、待合室がなくなり、

↓こんな丸イスが旧廊下に並べてあるだけ。

Cimg0155

おんどりゃー病人バカにしとんのか!

おっと、口が悪くなりました。失礼。

こんな、丸イスで待てというのかしら?サービス良すぎてびっくりよ。『ぢ』だったら大変。すわってらんないわ。おまけに

ビニール破けているし。

私も腰が悪うございますし、おけつ、もといヒップにたくさん脂がのっております。こんな小さなイス、脂がはみでますわ。

このまま30分待たされたら立てなくなるぜ!と思ってたけど、予約がばっちり入ってたので、10分ほどの待ちで呼ばれました。

大嫌いなエコー

エコーって、検査技師の『やる気』と『技量』に大きく左右される気がします。

前回の技師は妊婦さん。『なにか気になる症状はありますか?』と聞かれ、『ないです』と応えたら、ものすごく簡単に終わってしまった。

縦・縦・横・横・丸かいてちょん

ってな感じで・・・。

ところが、今度の技師はマジモード。これが恐怖感を倍増させるのよ。

対側のリンパ、左脇のあたりを何度も何度も、執拗に検査する。イチイチ途中で画像をとる、

カチャカチャ

キーボードに何か打ち込んでいる。こういう検査技師の動作が気になる。

この白々しさが大嫌い!

でやんす。心の中で『ああ、この人、ここにもがんがあるわ。おかわいそうに。』とか思ってやがる、もとい、思っていらっしゃるくせに、それを表情にださない。それが嫌。

あと、はじめてプレ告知されたのが、このエコーなんですよね。

『これが正常な乳腺、これが異常なところ。変でしょ?』

と言い放った医者の言葉とみせつけられた画像。今でも忘れられないのじゃ。

Cimg0154_1

O病院のときは、甲状腺や肝臓などもみてくれたのですが、ここではみてくれない。せっかく緊張するのだから、転移の可能性がある場所はついでに全部、

み・と・け!!

とお願いしたいです。

おまけに、室内の空調が涼しくて、あたしゃ風邪ひくかと思いましたよ。

エコーの室温は裸にあわせろ!

と言いたいです。乳首も鳥肌もたっていました。 次はスタンプラリー5番。CT検査です。

| コメント (3) | トラックバック (0)

2007年1月20日 (土)

RIへの道

今回、うんにゃ、前回も大変だったのが、このRIへの道。RI試験液の注射がいつも失敗・・・。前回は3人がかりでようやく成功したのだっけ・・・。は~あ。

今回は、先に採血をしていまったので、できる場所がかなり限定されているのがネック!!

番号を呼ばれ、『主任』のカードをつけたベテラン看護師が登場。左腕を眺めつつ、ため息・・・。あんたがため息ついてどうすんの??

『手の甲でもよい?痛いけど・・・。』

『全然OK!』

ということで、手の甲でトライ。

中指と薬指の間にある見た目は太そうな血管にブスリ。

探ってる・・・

『ごめんなさいね、痛いでしょう?』を連発しながら、

探ってる・・・

ところが、一瞬痛みのないポイントが!

『あ、今、入っていると思います!』とあわてて言うと、トンボちゃんの先からお血血がどびゅー!

『やった~!成功!!』と思ったのですが、RIの液なので、漏れたら大変。念のため、生理食塩水で試すと、患部が膨れてくる・・・。

ダメ、液漏れだわ・・・。

がっくし。

『採血だったら良かったのですが、液体を投与しなければならないので、これではできない。ごめんなさい。やり直します。』

オーマイガーっ!!

そして、休憩室にいた若手看護師を呼びだし『あなたに任せるわ』と選手交代。ブタ主任決裁。早くも二人目。

ブタ主任は『血管との相性っていうのがあるのよね』と捨てゼリフ。あほか?あんたの技量が足りないのだ!!と思う一方、採血で太い血管を使用してしまったことを後悔。

先にRIへ行くべきだった!

秋葉がさした腕の採血痕からは血が滲み、ブタ主任が失敗したところは液漏れで腫れ、ゴムバンドで何度もSMプレーをされたぼくちんの腕は、血流がとまり、色が変わってます・・・。

↓腕がチアノーゼ起こしています。

Cimg0151

若い看護師さん。手の甲をぴしゃぴしゃと叩きつつ、『出て来い、出て来い』とつぶやく。

い、痛いんですけど・・・。

で2回目・・・。今までやったこともないような場所。悪い予感・・・

失敗。

増えるのは絆創膏の数ばかり。

いい加減嫌になったので、『足からでもよいですよ』と言うと、RIの液体は全身に回さないとダメなので、足は不向きとのこと。は~あ。じゃあ、この左腕でなんとかするしかないじゃん!!

で、ホカロンで温めつつ、再度トライ。ようやく3度目の針が入り、

液漏れ確認。⇒OK!!

30分もかかってようやくRI液を投入することができました。看護師さんも『血管が細いので、ゆっくり液をいれますね。痛かったら、すぐに言ってください!』

Cimg0153

ようやく最後の1滴が入り、スタンプラリー3番が終了。どっと疲れました。。。

次は、デジャブー。大嫌いなエコー。足取り重く、エコー検査室へと向かいました。(スタンプラリーは、まだまだ続く)

| コメント (8) | トラックバック (0)

2007年1月18日 (木)

採血への道

昨日の続きです。

T病院の採血。患者の間では、別名、

占い小屋

と呼ばれています。廊下をただのパーティションで区切っただけの小さなコーナー。廊下から丸見えです。新宿の母とか、細木数子が座ってた方が似合うと思います。

今回の検査。RIと採血が同じ日だったので、果たして針刺しが上手くいくのか?が最大の心配ごと。(もちろん結果はそれ以上に心配ですが。)

造影剤つきのCTまで組み込まれていたら、あたしゃ間違いなく、留置針のままスタンプラリーをしたはずです。

さて、話は採血。化学療法で壊死した血管ちゃんは、刺しても血がでなかったり、逃げたり、刺せるポイントが本当に限られておじゃります。

術腕には青々ととぐろってる血管があるのですが、リンパ郭清しているので、原則、使用できないのです。

当初の予定ではRI注射が先でしたが、時間があったので、看護師さんに勧められるまま、先に採血を済ませることにしました。嫌なことから片付けてしまおう大作戦。

前回、痛みもなく、一発で採血を成功させたマイスターS看護師は曜日が違うせいか見当たらず、、、暗雲が漂いました。

番号呼ばれて中に入ると、秋葉系のか細い青年がいました。

『微妙~』

寒いし、午前中だし、血管は縮こまっています。だもので、家をでるときから、左腕にホカロンを巻いて行きました。この作戦が成功したのか、なんとか、

お血血がびゅ~!

Cimg0147

ラッキー!血管探られて痛かったけど、熟女はそんなことでは泣かないのだ!

ところが、秋葉君は本気で血管を探ったらしく、血がなかなか止まらない。挙句の果てには絆創膏から血が溢れ出し、シャツにまで血がついてしまいました。ちくそー!秋葉め!

でも、このときまでは、一発で決めてくれたことの方がうれしくて、足取りも軽くスタンプラリー3《RI注射》へと向かったのでありました。まさか、このあと、あんな悲劇が待ち受けているとは露知らず・・・。  (続く)

| コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月17日 (水)

マンモへの道

来月、2年間のゾラ満期を迎えます。

今後の治療方針を決めるため、前回検査から2ヶ月しか経っていないのですが、マーカー値も微増しているし、新しい仕事を始める上で、現在の自分の身体状況を知っておく必要があるということで、急遽、検査月間になりました。

いろんな検査を受け、いろんなハプニングがおきました。連載レポートさせていただきます(←アホか!)。

乳がん患者は、対側乳がんの罹患率が高いため、術側でけではなく、対側にも気を配らなければなりませぬ。んで、罹患後、日本で1番と噂される某検査機関で診察を受けていたのですが、信頼していた先生が転院になってしまったので、やむを得ずT病院で初めてマンモを受けました。片チチロドリゲスなので、痛みも恥辱も普通の人の半分です。

で、これが噂の

マンモへの道。

Cimg0174

そうなんです。ぼろっちーT病院は、増設に増設を重ねているため、あちこちの病棟へ次々と移動しなければならないのです。

検査はまるでスタンプラリー。

で、患者の中で《究極》と言われているのが、このマンモへの道なのです。この道へ行くときは、看護師さんが誘導してくれます。そう、あまりにもわかり難くて患者が辿りつけないのです。

当然、雨の日は傘をさして移動・・・。

この道を進むと右手に小さなドアがあり、扉を開けるとこんな世界があなたを待っています。↓

Cimg0171

これはボロバン塾?

驚きです。病院なのに靴を脱がなければなりません。

で、階段をあがること3階分。息が切れましたよ、あたしゃ。方向感覚に加えて、体力も必要な道なのですね。

ようやくたどり着くと、一応、こんな《マンモがあるらしい待ち合い光景》が広がります。でも、おいてあるイスは全部違うデザインです。まるで、

バス停に持ち寄られたイスのよう。

Cimg0167

で、この中にマンモマシーンがあります。

帰りは、寄り道をせず、パンくずをさがしながら1人で帰らなければなりません。これ、お年寄りの方なんかはどうしているのでしょうか?絶対に往復で誘導してもらわないと行方不明になると思われます。冬なので、凍死者がでるかもしれません。

検査は看護師さんがやってくれます。検査技師ではないのですよね。良いのかしら?不思議。

こうして、ひとつめのスタンプラリーが始まりました。。。

| コメント (8) | トラックバック (0)

2007年1月15日 (月)

2年前の自分

2年前の今日15日。6回目のCEF治療を終え、退院をしました。

Dsc00192

退院する日の朝、HAGE頭でみた朝焼け。今でもこの写真を見ると色んな思いがこみ上げてきます。

『もう絶対にこの場所からこの風景をみない!』ってあのとき心に誓ったけど、1年後に転院したから、必然的に見られなくなったのよね。

そう、HAGEだけは元に戻りました。

| コメント (1) | トラックバック (0)

2007年1月12日 (金)

ハロー・ハロー

昨日はハローワークの初回説明会に行ってきました。なんだか免許証の更新に行ったような気分。。。

まずはハローワークで提供しているサービスの概説にはじまり、失業保険の説明・申請方法へ。これを3人のおじさんが交代制で登場、説明をしてくるのですが、みなさま三者三様で結構笑えました。

とどめで登場した白髪のオヤジ。もとい、おじさま。

不正受給は絶対にできません!

と力説すること数回。たしかに3倍返しじゃあ大変だし、いまどきスパコンで管理しているから、不正受給なんて難しいでしょうな~。

ビデオに登場してくるおじさんも、眉間にしわを寄せて、

不正受給は絶対にできません!

を連呼。この演出が、『勘定奉行におまかせあれ~!』みたいなノリで結構笑えました(笑うところではないのですが)。

はじめてのハローですが、なかなか面白いものですな。働け!と言っているのか、働くな!と言っているのか、ようわからんですわい。

ただ、話を聞いていてやっぱり基本は健康な人なのだな~などと思っちまいました。がん患者の就労に関する課題ってあんまり考えられていないな~と。

来週は検査が目白押し。週末はの~んびり身体を休めたいと思っていま~す。

| コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月11日 (木)

お見舞い

年末届いた喪中葉書の他に、もう一つ残念な知らせがありました。

11月半ばから体調を崩されていたようなのですが、自分のことでバタバタしていた私は、『いつも元気な彼女はこれからもずっと元気なんだ』などと思っていました。

肝転移の治療を続けていたのですが、12月初旬に黄疸がでて、そのまま肝臓機能不全を原因とする意識不明状態へ。友人のAさんが駆けつけたときには、もう話も出来ない状態だったそうです。

11月にあった『医とおかし』の会場で会ったのが最後になりました。いつもの爆発的に明るい笑顔をみんなにふりまいていました。いつもののりで『Tさ~ん』とハグをした後、小さな便箋を頂きました。

『きゃんべるちゃん。ありがとうね。』

後で聞くとそのときも体調があまり良くなかったそうなのですが

皆に会いたい

その一心で、会場まできてくれたそうです。

治療が大変なのは知っていたけど、まさかそれから1ヵ月後に、この世の中からいなくなってしまうとは思いも寄りませんでした。

温泉旅行にあわせて企画した陶芸。彼女の作品も1月末か2月の初旬に出来上がってくるはず。

『みんなでお披露目会をしよう』

そう約束しました。だから皆で集まって、やらなくっちゃ。ひょっとしたら、『ごめ~ん、心配かけた~』と言ってきてくれそうな気がします。

たくさんの仲間を喪失してきました。大変な病気をしたのだと痛感しています。今は、後悔しないよう、

  • 会えるうちに会う
  • やりたいことはやる
  • でも、ときどき自重する

これをモットーにしています。

そんな思いもあり、昨日は、遠出をして伊勢原の病院に入院中の友人に会ってきました。

机の上には、

負けないぞ! 

のんびり、ゆったり

抗がん剤の副作用に震える手で書いた文字がありました。

『最近は頑張るのは少しお休みしようと思っているの。のんびり、ゆったり、逝かせて。』と。でも、今日、あなた達の顔をみたから、『時々、がんばってみることにするわ』と。

リハビリでも『頑張れ』と言われる。みんなに『頑張れ』と言われる。『私はもうこんなに頑張っているのにね。』

『不思議だわ。みんなの顔を見たら涙がでるかと思ったけど、ちっともでないわ。なぜかしら?

・・・・・・そう、わかったわ。

きっと同じ仲間だからなのね。

同じ仲間だから、心で分かり合って、心で話をしているのね。』

もう言葉がでませんでした。その通りです。

彼女の心がみんなに届きますように。そして、私達の心も、彼女の心に届きますように。

時々頑張って。また会えるからね!会うからね!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 8日 (月)

お帰りなさい★清志郎!!

帰ってきたぜ!キング・清志郎!!詳細はスポニチへ。

Pfuln20070108006003001

最近のモットーは「楽しく生きる」ことだという。

「今までも好き勝手やってきたつもりだったけど、もっと楽しまなきゃダメ。楽しむことが一番の健康法だとよく分かった。曲作りも焦らずやっていきたいね」とほほ笑んだ。

そういえば、私も、ちょうど2年前、最後の化学療法で入院していたわ。

『もっと楽しまなきゃダメ』

そうだよな、師匠。キモに命じますです。

『ジャンルは問わず、駆けつけます!』

ボタで歌っておくれよ~!!ベイベ~!!

| コメント (8) | トラックバック (0)

2007年1月 5日 (金)

初外来

昨年28日は外来納め。今年の初外来はののちゃん外来からスタート。

新しい仕事の話など、雑談メインの中で、唯一でた癌話。

今月もまた検査があり、検査を受けるのも、結果を聞くのも、今からすでに憂鬱だという愚痴をしこたまこぼしました。ののちゃん曰く、『当事者の気持ちはわからないし、大変だと思う。でも、

避けては通れない道よね

はい。その通りでござんす。へへ~お代官様~。

この病気になった限り、避けては通れない道です。自分でもわかっております。ののちゃん、締めるところはきちんと締めてくれます。そして、きちんとやまいという現実と向き合わせてくれます。

逃げちゃだめだ。逃げちゃだめだ。逃げちゃダメだ。ば~い、碇シンジ君気分のきゃんべる。であったのだ。

| コメント (4) | トラックバック (0)

アルプスの少女・マルジ

ヨ~ロヨ~ロ、ろっひひ~、ろひひやロホホ~。

↓これが最近ブルグで噂のマルジ本店。本当は開店中の写真もあったんだけどな~。

Rimg2542_1

↓これが赤パン。巣鴨マーク。

Rimg1576

で、これを外来で履くわけですよ。

『みてみて~!先生!』

アッチョンブリケ!

で、今日から新しい仕事はじめ。気合をいれて履いていきましたよ、あたしゃ、これを。

なんだか久々に心が若返った気がしましたわい。

| コメント (8) | トラックバック (2)

2007年1月 2日 (火)

初詣はしご

はてさて、3が日はいかがお過ごしでしょうか?

昨日は、遠出はせずに近場で初詣を済ませました。うちの近所は神社が多いずらよ。

まずは真性寺へ。お線香を50円で買って焚くのですが、大抵横に転がしておくのに、相方が立たすことに執着して大変。時間がかかるっちゅーのに。

Rimg2534

後ろの人に迷惑がかかるからと諭し、巣鴨商店街を抜けて、高岩寺へ。

Rimg2536

高岩寺といえば、とげぬき地蔵です。1月に検査をひかえているし、ブロガーを代表して、オッパイ(肺を含む)と消化器、下腹(婦人科系)をゴシゴシと磨いてきました。みんなにもご利益があるはずです。信ずるものは救われる。あれ?宗教違うか。

Rimg2541

んで、yannさんのブログのコメント欄で盛り上がったマルジの赤パンに加え、腹巻も買おうかと、とことこ歩きましたが、あいにくお休みでした。残念。因みに楽天に店をだしたそうです(笑)。

Rimg2542

その後、庚申塚へ行って猿に健康祈願をし、

Rimg2545

都電に乗ってO駅で下車。その後は、超地元の天祖神社へ。

Rimg2548

ここで、おみくじをひくと『吉』んで、健康運をみると『医師を信ずれば治る』とある。去年もそんなんだった気がする。はかちゃん、ののちゃん、ももちゃん。3ちゃん信じるわ~。

家に帰ってからはずっと飲み続けて爆睡。夜、目が覚めて、また飲んで食べて爆睡。まさに、

オヤジ主婦!!

まいっか、お正月だもの。でも4日から始動じゃ~。

| コメント (13) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

Hope&Happy new year!!

今年もご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いします!!

今年は一人ひとりの、小さな夢を実現していきたいなぁ。合言葉は、

HopeHappy!

詳細については・・・乞うご期待を!

20070101_1 

| コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »