« RIへの道 | トップページ | CTへの道 »

2007年1月22日 (月)

エコーへの道

スタンプラリー4番。エコーへの道。

T病院は新病棟ができて、只今、あちゃこちゃ改修中。整形外科は美しい病棟に移り、アメ横から移転。でも、乳腺はそのまま。ちくそー!話が違う!

『入院すれば入れるよ』とはかちゃんが言っていたけど、金輪際、入院する気なんざぁ、さらさらない!お断りよ!

で、エコー検査室周辺は、旧館連絡通路の改修工事中。そのあおりを食って、待合室がなくなり、

↓こんな丸イスが旧廊下に並べてあるだけ。

Cimg0155

おんどりゃー病人バカにしとんのか!

おっと、口が悪くなりました。失礼。

こんな、丸イスで待てというのかしら?サービス良すぎてびっくりよ。『ぢ』だったら大変。すわってらんないわ。おまけに

ビニール破けているし。

私も腰が悪うございますし、おけつ、もといヒップにたくさん脂がのっております。こんな小さなイス、脂がはみでますわ。

このまま30分待たされたら立てなくなるぜ!と思ってたけど、予約がばっちり入ってたので、10分ほどの待ちで呼ばれました。

大嫌いなエコー

エコーって、検査技師の『やる気』と『技量』に大きく左右される気がします。

前回の技師は妊婦さん。『なにか気になる症状はありますか?』と聞かれ、『ないです』と応えたら、ものすごく簡単に終わってしまった。

縦・縦・横・横・丸かいてちょん

ってな感じで・・・。

ところが、今度の技師はマジモード。これが恐怖感を倍増させるのよ。

対側のリンパ、左脇のあたりを何度も何度も、執拗に検査する。イチイチ途中で画像をとる、

カチャカチャ

キーボードに何か打ち込んでいる。こういう検査技師の動作が気になる。

この白々しさが大嫌い!

でやんす。心の中で『ああ、この人、ここにもがんがあるわ。おかわいそうに。』とか思ってやがる、もとい、思っていらっしゃるくせに、それを表情にださない。それが嫌。

あと、はじめてプレ告知されたのが、このエコーなんですよね。

『これが正常な乳腺、これが異常なところ。変でしょ?』

と言い放った医者の言葉とみせつけられた画像。今でも忘れられないのじゃ。

Cimg0154_1

O病院のときは、甲状腺や肝臓などもみてくれたのですが、ここではみてくれない。せっかく緊張するのだから、転移の可能性がある場所はついでに全部、

み・と・け!!

とお願いしたいです。

おまけに、室内の空調が涼しくて、あたしゃ風邪ひくかと思いましたよ。

エコーの室温は裸にあわせろ!

と言いたいです。乳首も鳥肌もたっていました。 次はスタンプラリー5番。CT検査です。

« RIへの道 | トップページ | CTへの道 »

コメント

スタンプラリー4番ですか?!
丸イス・・・ 疲れがどっとでてきました。w( ̄▽ ̄;)w
蹴り倒したろか?!ボケっd(▼o▼)b(し、失礼。)
私が、下血で外来に行ったときの女医がこんなふざけたエコーしましたよ。「丸書いてチョン」・・・ワレ、どこ見てんじゃ!ちゃんと見ろよ。ほんまシバくで。(あら、いやだ、わたしったらクチ悪ぅ~w)
エコー室も、レントゲン室も『患者様』に合わせていただきたいものです。

投稿: オレンジ・みかん(*^_^*) | 2007年1月23日 (火) 14時03分

私、先日のエコーで「ほら、子宮こーんなちいさくなってる。」っていわれました。
いいんですよ。
望むトコロですよ。
でも、ちくっといやなのー。
デリケートなお年頃なのー。
きゃんべる。さん、
たいへんな中継なのに、息をのむおもしろさで、毎日楽しみにみてしまう。
ごめんなさい。
また、続報を待ってます。

投稿: antimony | 2007年1月23日 (火) 18時04分

>オレンジ・みかんさんへ
でっしょ~~~!あんまりしつこくされるのもストレスだけど、『まるかいてちょん』ってのもね~。
申し訳ないけれど、ど~も信頼度があがらないのですよね、T病院。

>antimonyさんへ
もうさ、取材だと思わないと冷静でいられないのよ。
これはブログを書くための取材なのよ!ブロガーがみんな待っているわ!と思うと、誰の検査なんだか忘れてしまいます。
ブログ魂炸裂。渾身の実況レポートです。

投稿: きゃんべる。 | 2007年1月23日 (火) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134301/13593362

この記事へのトラックバック一覧です: エコーへの道:

« RIへの道 | トップページ | CTへの道 »