« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月30日 (月)

発熱中

4種類目の抗生物質、クラリス薬が昨日から効かなくなってます。抗生物質も耐性とかあるんですかね?
しかも、肝心の相方は先週金曜日から今夕までオケ合宿で不在。パジャマの上にジャージ着て、フラフラ氷とポカリを買いに行ってます。人に会わないように祈りながら。
熱はどんどん上昇中。

38度の北朝鮮国境をいったりきたり。

薬効がきれる午後と未明は北朝鮮へ行きっぱなし。ロシアもほらすぐそこに見えるわさ。

薬が効いているときと、効いていないときで3度も体温変化があり、

まるで変温動物。

入院中、39.7度まで発熱したとき、看護師さんから「38度以上でたときは、頭じゃなくて、鼠蹊部とか腋とか、頸部とか、大きなリンパのある場所を冷やすとよいのよ!」というアドバイスを聞きました。そのため、只今、私の

パンツの中には氷袋が入ってます。

まりもっこり状態!

熱が高いせいか、あっという間に氷が溶けていくため、昨日はおもらしをしていまいました。ですので、今日は「ジップロック、ジップロック」とつぶやきながら、フラフラと氷を買いに行きました。

もうかれこれ一ヶ月発熱が続いています。いい加減辛いし、異常事態だと思うので、明日は採血して原因調べるつもりです。オッパイ同様、頸部の細胞針ちゅーのもあるそうな。こりはクマ先生と相談じゃな。

そんなフラフラ状態の私の腹の上を歩きまわる輩がいます。お願い、頼むから寝させて〜(寝ながら携帯で撮っているので顔もUPで横向きです)。

発熱中

| コメント (10) | トラックバック (0)

2007年4月27日 (金)

ふぬけ~

38度の発熱をおして作成したボタチラシが入稿ミスで流れました~。お知らせしたかった新企画がもりだくさんだったのに・・・。ブラザートムが~、田植えが~。

燃え尽きたぜ、真っ白に・・・。

矢吹ジョー状態に陥っています。今夜も37.8度の発熱。寒い・・。

B00007aju609lzzzzzzz

| コメント (5) | トラックバック (0)

2007年4月25日 (水)

W外来&風呂解禁!

本日は、婦人科外来(結果聞き)とののちゃん外来でした。

婦人科はももちゃんがいきなり3月末日で異動になり、4月頭に予約入れてた私は呆然自失。ののちゃんに相談したら「I先生が1番あっているわよ」と言われ、改めて予約を取り直し、2週間前に卵巣癌、子宮頸がん、子宮体がんの検査を受けました。確か、退院してすぐで、導尿のラインが抜けた後も、「変な感じがする!」と訴えておりましたが、すべて問題なしでパスしました。ほ~、良かった。

その後、ののちゃん外来へ移動。

ののちゃんと会うのは、いつ以来だったかしら???

「最近外来が続いていて・・・前回、どこまで物語をお話ししましたっけ?」

と聞くと、おもむろに電子カルテを開け、首外来の通院ぶりをみてびっくり。

のの「あら~~~、本当。ご苦労様。ほとんど毎日きているじゃない。」

きゃん「そうなんですよ。首に角が生えているんです。蟲師ってしってますか?あの中に出てくる女の子みたいなんですよ。」

のの「ああ、あの難しいムシの字を書く映画?」

ののちゃんまで蟲師をしっとるとは!

で、頸部を触りながら、「本当だ~、角みたいね~。私も腫れたことはあるけれど、ここまではあまり経験がないわ~」

なんだか嬉しそう。満面の笑み。

その後、病理の結果の話しとリンパの話しをすると、「やっぱり、39度まで熱だした人が3日目に退院っていうのが良くなかったんじゃないの?ただでさえ、がんの治療で免疫力が下がっているところに、手術でゼロになるわけでしょ?普通の人なら血液の中などで闘ってくれるけど、その能力が、今、ゼロなわけよ。だから抗生物質飲んでいるんだし、効いてるでしょ?抗生物質飲んでいる間は、外には外来以外でないで、とにかく寝ていなさい」

とお叱りを受けました。

考えてみれば4/4から抗生物質、毎日飲んでいるのですよね、私。今度の分も含めるとかれこれ1ヶ月。

というわけで、capさんの忠告を受け、昼は餃子を食べました。免疫UPだ!

そして、本日から風呂解禁です!

Images

逆さまに頭を洗わないでよい!

あれは頭に血が上るから危険だとおもっちょるとですよ、わしは。

今まで、半身浴をしていましたが、やっぱり肩や首まで入ると温まり方が違いますね。そして、自分で絆創膏をはがし、改めてキズ口をみました。

よくがんばったね。

思わずそう声をかけたくなるようなキズです。長さ7cm。

薄くなってきた長さ13cmの1回目のキズとあわせて合計20cm。ラオウ伝説を塗り替えるまではいきませんが、縦と横。2つのキズです。

| コメント (6) | トラックバック (0)

2007年4月24日 (火)

首外来

本日はクマちゃんの首外来でした。

ちなみに現在↓私の頸部にはこんな突起物が大小5~6個あります。大きなもので2cmぐらいあるでしょうか?

Mushi_gallery_img03_l

しこりが小さくなっていなかったら血液検査・・・とのことでしたが、最初に出来たしこり(頸部)は1cm、後頸部に新しくできたしこりは0.5mm小さくなっていたので、「来週にしてみましょう」とのこと。そして、抗生物質がクラビットクラリスに変わりました。

クラリス。なんてかわいい響きなんざんしょう。惑星ソラリスのようです。でも説明書きをみていると「マイコプラズマやクラミジアにも有効」「ピロリ菌も殺す」力があるようです。

はっきり言って、すごいです。

頸部リンパ節に直接効くそうなので、今後の展開が楽しみです。

診察の最中、「蟲師という映画をみて、おでこに角が生えてくる子どもがでてきた(画像のね)。私の首の突起もそうした呪いではないかと・・・」

と冗談まじりに言うと、

「ああ、オダギリジョーの出ている映画ね。あれと混同しちゃだめよ、あれはカルトなんだから。あなたのは、リンパの弱さからでてきているものよ。私もそうなんだけれど、左側のリンパ節が弱いのよね、きっと。」

え?クマ先生!オダギリ君も蟲師も知っているの!!

びっくらです!!

だってクマ先生ってば、どうみても50歳近く・・・。ああ、なんてすんばらしいお医者様なんざんしょ。笑えました。でも薬も合わせて2.5時間待ちには疲れました。

明日は、婦人科とののちゃん外来です。毎日外来ばかりです。

| コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月22日 (日)

復活の狼煙あがる

トイレと食事と外来以外、自分でも感動するぐらいとにかく大人しく1週間寝てました!!エライ!!(←えらかねーぞ、当たり前!)

ベック・コンサートも踊りまくる人々に囲まれながら、イギリス人の子どもとふたり。一回も席をたたず、おとなしく拝見させて頂きました。

そして、ようやく、ようやく、平熱近く(37度)にもどってきてくれました。

ありすけさん、easyさん、indyさん、俺の嫁さん、オレンジ・みかんさん、金子さん(優奈ママさん)、カラカラさん、がんこさん、capさん、かつたま桂花さん、スナさん、すまっぺさん、すみさん、ちゃこらさん、ちこちこさん、dekoさん、ナイトカオさん、ねこたさん、のほほんさん、のんさん、HANAさん、hhitomiiさん、パトさん、ぶげままさん、ミームラさん、ムクさん、merryさん、メリーさん、めぐみさん、yann姐さん、ゆうたんさん、riderさん、れひさん、他、直接メールなどをくださったみなさん。

本当にありがとう!

東京方面の空を見てください。まだか細いですが、

復活の狼煙があがりつつある!

残る課題は、先週受けた婦人科検診の結果と頸部リンパ節!

頸部のリンパ節は相変わらずボコボコが3つ。一つできるとひとつ消え、、、あ、逆だわ。ひとつ消えるとひとつでき。追っかけっこ、違うわ、イタチゴッコ状態。まるで先日観た映画、

蟲師の角のようだ

とか思っちまいました。

これについては、引き続き来週も治療を続けます。クマちゃん頼むよ!そして、頑張れ、クラビット!

ところで、昨日はずっと楽しみにしていたボタキッズの活動日でした。この日のために大人しくしていたのです。

Rimg2915

Rimg2939

朝から何回か、いろんな体温計ではかってみたのですが、どうしても37度前後の数値しかでないのですよね。どうしようかさんざ迷いましたが、ずっとこれを楽しみに入院してきたのだし、イチかバチかで行くことにしました。ああ~、みなさん、ごめんなさい。そんなヤツです、きゃんべる。は~~~~。

鞄の中には、抗生物質から体温計、熱さまし・・・。まるで富山の薬売り状態。ひさしぶりの人ごみ。。。

でも、チューリップやポピーが咲き乱れる景色、待っていてくれた友人たちの顔をみたら、熱も吹っ飛びました。ありがとう、ありがとう。何回言っても言い足りない1ヶ月です。

| コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月17日 (火)

ご心配をおかけしました

ただ今、病理の結果をきいてきました。

「一切の悪性の所見は見当たらず」このことばに赤鉛筆で印しがついてました。

よかったのだ===========!

みんなから貰った言葉がどれだけ心の支えになったことか(>_<)本当にありがとうございました。ご心配をおかけました。

と、ここまではよかったのですが、高熱による勁部リンパ節の腫れ。痛いから何とかしてと訴えたら耳鼻科送り。
耳鼻科ではしばらく寝てろとの令。これまた「100%悪性じゃないとは言いきれない」と毎度のセリフ。ひゃーあ、晴れやかな気分がまた少し曇り空。まったく、この病気は心が休むときがないですね。

再入院は回避しましたが、こんどこそ、2.3日は大人しくしてまーす。

一先ずベッドの中から携帯にて緊急投稿!

たくさんの心、言葉、本当にありがとう!ありがとう!

| コメント (14) | トラックバック (0)

2007年4月16日 (月)

病理の前にはベック

ここのところ左の扁桃腺がずっと腫れっぱなしで、なんだか微熱が続いていたのですが、未明にとうとうでました。天城越えです。

38度7分!

あわててクラビットを飲み、救急車を呼ぼうと電話を手に持ったのですが、「救急車ってただなのかな?」とか考えているうちに意識を失ってまた寝てしまいました。

でも今日はベックです。病理の結果をふっとばすにはベックしかありません。踊りたくてもおどりません。でもベックなのです。

Beck_070301

| コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月13日 (金)

みんなありがとう!

みんな、みんな、沢山のはげましを本当にありがとう!! とても励みになりました。

ひとりひとりのブログへハグしに行きたい!のですが、体調不良で寝込みが続いています。復活のあかしには、ブログ荒らしに行かせていただきますので、まっとって下さい。ああ、だって16日はベックが待っているのよ。ここは大人しく寝ていなくっちゃね。

やはり全身麻酔で3日目退院というのはちょっと強引だったのか、早々に「風邪」の洗礼を受け、毎日、寝たり起きたり。37度中盤~後半の微熱がずっと続いていて参っています。

「食べなきゃ!」という思いと「作るの面倒」という気持ち。食事はとらねばならねど、片付けを考えると、まだ動き難い右腕がね~。ついつい毒飯(レトルト)などに頼ってしまっています。ああ、カラカラさんの家が近かったらな~などと思いつつ、大正ばばーに負けず、もう少し入っていればとかったかな?と少々反省。

そんな中、昨日は傷口の消毒のために外来へ行ってきました。

消毒だけだったので医療者からみればとっとと帰っておしまいにしたいお客さんなんでしょうが、ずっと続いている微熱のことや、病理の結果をいつ聞きにいくのかなど、話をすることがたくさんありました。

何しろ、不安な気持ちたっぷりですから。ビビルだし。で、前々から思っていたのですが、とうとう昨日は炸裂しました。

看護師の意識が低すぎる!

のですよね。まだ、私の診察中だというのに、わざと次の患者さんのカルテを机の上においたり、会話の途中にも関らず、はかちゃんに次の人の処置を聞いたり(これって個人情報漏洩だよな~)、あきらかに、

とっとと帰れモード全開

なのですよ。まあ、結果は17日だし、仕方がないかと思いつつ、出してもらう予定だった薬も忘れられ、帰り道にふつふつと怒りがこみ上げて参りました。病院にご意見箱があったので、今度、投書しようと思っています。ラオウ様の怒りにふれると怖いのだ。

久しぶりの晴天にマットを並べていたら、爺次がやってきてこのありさま。私も横で寝てしまいました。こんな時間が続くことを願っています。

Rimg2862

| コメント (10) | トラックバック (0)

2007年4月 7日 (土)

祝★退院!

平熱に下がったけど、風邪をひいたらしく、場合によっては日曜日か月曜日退院にしようかと思っていましたが、朝、ドカドカと物音が。小声で話す看護師2名。

『ここにいた方、ICUから3日後に帰ってくるから、それまでの間に○○さんを入れて、我慢してもらいましょう』

『そうね、動けば○○さんも納得するでしょ』

何?抗生物質の点滴が落ちるのを眺めながらいや~な予感。

すると、とおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉくの方から大きな声が!

『私はね、第二次世界大戦のとき、あたしの亭主っていうのは君三位のなんとかかんとかで、どこどこ戦でなくなってうんたらかんたら』

何?大戦キャラ?

『その後、あんた、戦後の大変な時期に女で一つで男の子二人を育てたのよ!大変だったわよ!でも、亭主の言いつけ通り“学”だけはつけさせようと勉強させてね、1人は東大、もう1人は京大へきちんと入ったのさ。どうだい、そんな親がこの私の他にいるかい?』

す、す、すごい展開になってきた。。。

熱があっても絶対に退院しよう!

そう心に決めました。そして、のんびり落としていた点滴のスピードを自ら倍速モードへ上げました。患者歴が長いので、そんなこと、お茶の子さいさいです。

ちょうど、そのときに相方が登場。

『今、点滴をしているの。これが終わったら、ナースコールで連絡をして、今朝の採血の結果を含めてカンファレンスルームで最終決定。会計などはまだ、、、』とそう、1分もかからなかったと思います。必要事項だけ口頭(しかも自分の病気に関るプライベイトな話しだったのでかなりの小声)

すると、この大正婆。

『ちょっと、ここは病室よ!話しをするなら外へ行きなさい!』

あのね、ばーさん。今、点滴してんだよ。術後で熱あって動けないんだよ。おめーこそ、さっきあの大声はなんなんだよ、と思いつつ、旦那と目配せ。

今日、できるだけ早く帰ろう

その後、ちょうどはかちゃんが来て、私達より大きな声で会話を始めたため、あわてて『連れ出し』、カンファレンスルームへ。

『なんでそんなにゴソゴソしてんだよ』

『ここじゃ言えない!いいから早く早く!』

カウンセリングルームでは、一昨日の手術状況の説明などがありました。あとは、わたしからの質問。自慢じゃないが、二度目なので、的を得ている質問ばかりなのじゃ。

  1. 所見はどうだったか⇒がんのようには見えなかった。術前の触感もそれとは違った。俺は瘢痕だと信じている。
  2. 勘でいって白?黒?⇒おれは白だと思っている。ただ、正直言って1番気になっているのがこの1ヶ月の形状変化スピード。これさえなければ、手術をすることもなかった。そこだけがひっかている。それが100%大丈夫と言ってあげられない理由だ。
  3. ってことは、黒の可能性が高いということ⇒それはわからない。自分の経験でも、こんな場所に、こんな筋上の形で悪いものはでたことがない。だから、手術をして取り除いてきちんと診てみたかった。
  4. 術中の迅速診断は⇒精度が低いからしていない。
  5. 白黒だけは1週間で結果がでるはず。その時点で聞けないか?⇒黒の場合、今後の治療の相談が必要だから、全部の条件が出揃ってからにしたい。一緒に治療方法を考えたほうがよいだろう。黒だ。ああ、そうですかではストレスしかたまらない。解決策が提示できないから。
  6. これは再発なのか?転移なのか?⇒わからない。病理の結果がでて、前の病理と比べてはじめてわかる。性質が変わることもあるし、ひょっとしたら、前から(つまり2004年時点)からあったものが、何かのスイッチが入って、活動しはじめたのかもしれない。とにかく、わからない。そういう病気なんだ。
  7. お風呂は?⇒まだふさがるまではダメ。
  8. プールは?⇒当分ダメ。それより、あまり動きすぎるな。1週間は大人しくしていること!
  9. 他は⇒リハビリをしておいて。それから、重たいものは絶対にもたないこと。退院しても1週間は安静にしていること。
  10. 放射線は近くの病院で受けたい。ダメか?⇒まだ黒かどうかもわからないのに、なんでそんな先の話しをするの。その時点で考えよう。近くがよければ近くを紹介するし。

というロ~ングなやりとり終了。

で、丁度、がん友のIさんがきてくれ、そんな話しをしていると、うちの相方が、

『症例として見たことがない、確率も可能性も少ない。だけどここの所、なんだか妙な変化をしている。だ・か・ら、それが黒か白かはっきりさせるために手術したということ。それを調べることが、この治療と手術の目的なわけよ。もう採ってしまったんだから、あれこれ詮索しても仕方がないよ』と。

これに対して、I氏と私の反応。

『それは十分わかっている。でもね、でもね、その間が嫌なわけよ。これは経験者じゃないとわからないかもしれない!』

要は何かの確信が欲しいのよ!

女二人におしまくられ、だんなもたじたじたーじマハールになっていました。

今まで眠っていたものが目覚めたとするならば、この3年間の検査は一体なんだったのか?疑問を感じた1日でした。ま、あれこれ考えても仕方がありません。そんときはそんとき。覚悟をきめなきゃ!考えるのは、今日一日と、次回、説明会の日だけにします!(また下痢だわ~)

気張れ、きゃんべる。!!飛べ、きゃんべる。!! なのであった。

退院祝いで頂いた花束。ひまわりが輝いていました。

Rimg2854

花を見てたら、『うん、また頑張ろう!』

そう思えました。みんなもありがとう!

風邪がひどいので、また、2~3日は爆睡モードへ。時間に身体を治してもらうことにします。

| コメント (11) | トラックバック (0)

早朝採血で退院採決

早朝採血で退院採決

今朝未明、早朝採血を採られました。まだ5時30分にもなっとらんきに。しかも二度失敗。おかげで目が覚めました。どうせ採るときゃマーカー値も採ってくれりゃあ良いのに。

昨夕からおもいっきり風邪ひいてます。

私がいた病棟は臓器移植が多いということが判明。感染を防ぐため、小学生以下の立入は禁止なのだ。

移植なので、ドナーさんと患者さんは兄弟や親戚になることが多い。従って、術日には家族・親戚中が大集結という法事のようなパターンになってしまうわけ。昨日も、ばい菌集団総勢8~10人はいたでしょうか?咳をしている女の子が二人いて、嫌~~~な予感はしていたのですが、

はっきり言ってこれがうつった!

のである。他に要素がないから。ったく、お見舞いの作法に疎い人間が多くて嫌になるわい。おかげで、鼻水がとまらん!

| コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月 6日 (金)

座薬様

座薬様

昨日、最高39.4まで上がった高熱は、屈辱の座薬様と点滴様のおかげで36.9へ急降下。
眼下にはさわやかに光り輝く朝のスイカが…。

は~なんでスイカみなきゃなんないの~。東京タワーはどこ?

そうそう、夕飯、お粥です。術日が選択日だったので、最後まで選択の余地がないまま和食攻めになりそうです。かなすぃー。

↓カユ360.新しい怪獣です。

Image217_1

| コメント (5) | トラックバック (0)

2007年4月 5日 (木)

また点滴開始

自分の歳に近づこうという勢いで発熱。せっかく針がとれたと思ったのにまた針さして点滴再開。
三日間抗生物質の点滴決定。がなじー!

Image216_1

また点滴開始

| コメント (4) | トラックバック (0)

さらに上昇

熱が39度まで上昇。屈辱感たっぷりの座薬を入れられました。
でも腹は減る減る法隆寺。

ピグが私を守ってくれています。

Image208_1

| コメント (0) | トラックバック (0)

発熱中

Image214_1

手術は無事に終わりました。で、いつもの腰痛と発熱にみまわれてます。
朝38.5、昼間37.9。

右腕は痛くてまだ動かせません。それどこれか、ベットから身体を起こすのにこんなに胸の筋肉を使うとはおもわなんだ。いったん寝たらしばらくはそのままです。起きるときは腹筋でおきます。

そして窓から見えるのは、スイカ。。。

Cimg0022

| コメント (1) | トラックバック (0)

2007年4月 4日 (水)

もうすぐ手術じゃ!

まず点滴の前に恐怖と屈辱の下剤ですな。前はぶっとい注射針だったのですが、今度は、イチヂクポンプつきタイプです。

Cimg0020_1

は~あ。前の日からお腹の調子が悪かったのと、緊張で、こんなんいれなくてもでまくりですぜ。は~。

次に、朝9時から禁飲食の間の水分・栄養補給のための点滴を朝から開始しようとしたら、、、入らない、、、落ちない、、、

やっぱり一回化学療法でボツしたところはダメですね。というわけで、再度の点滴針刺し。子供用の針です。

最初にきた看護師さんがとても態度の悪い(ムカツク)人で、『あ~あ、入んないわね、この血管だめだ~』と言って、いきなり抜いたんですな。

みなさんご存知のように術中に使う点滴針は、先になが~~~~~い針がついています。従って、そんなふうに抜くと、ほれ、昔の日本映画のように血が噴水するのですよ。

おかげで、ベッドと左手が鮮血に染まりました。バーロー。

Image206

アホタレが!

結局、手の甲に再度いれなおし(別の看護師さん。上手かった。)、手術にのぞむことになりました。

| コメント (1) | トラックバック (0)

2007年4月 3日 (火)

入院完了

無事に諸手続き、検査を済ませ、明日にのぞむのみ!
たくさんの仲間が来てくれました。みんな忙しいなかありがとう!
相方も仕事で忙しいなか、ありがとう。

入院完了

前日の留置針のセッティングも完了。明朝6時から点滴開始!そしてまた恐怖の浣腸が!あと一時間で禁飲食。明日は午後2時から手術です。

管の中ってよくみると、アクアフレッシュ!綺麗だわ~とみとれてしもた。

Image205

そうそう、ネットが見られるんですよ!ノートを持ち込もうかと思っていただけにこれはラッキー。ただ、書き込みとレスポンスが非常に悪い!
みんなのブログ、書き込み出来ないけど、楽しませて貰ってます。
では、グッドラック!

| コメント (7) | トラックバック (0)

出発の朝

カテゴリーに2度目の手術が増えました。なんてこった。オーマイガー!

みなさん、たくさんのコメント、ありがとうございます。

やっぱり緊張しているのか、今朝から何度もトイレへ行きました。毎回でるから不思議です。プレゼントで頂いたカエル柄の変なトイレットペーパーでふきました(リアル)。早くカエルよ!

さて、出発の時間になりました。続きは携帯メールからレポートさせていただきます(笑)。

爺次、よい子で待ってろよ。でもさ、

退院したら身体の上を歩くなよ!

Rimg2850

では、行って参ります!(昨日もカキコした・・・)

| コメント (1) | トラックバック (0)

2007年4月 2日 (月)

術前ラスト★スイミング

昨日から少々風邪気味。今日はあんまりひどくならないうちに横になろうと思っています。

病院からも空きベッドの連絡が入りました。『11時にこいや~おんどら~』と言われました。手術・入院用のパッケージもほぼ完了。関係各位への連絡も全てすませました。改めて、人に支えられている自分をみつけました。

みなさん、どうもありがとう。

持ち物は『全身麻酔だから、術後はあんまり文字を見る気にもなれないかな?』と思い、音楽&マンガメインにしました。新病棟が電源放置プレーであることを願うばかりです。れひさん見習って、ブロガー魂は忘れずに!

2度目だから安心している部分と、2度目だからわかる嫌な部分があります。今ははかちゃんの言うことをを信じていこうと思っています。

またしばらく泳げなくなること。そして、何より今回は胸筋を切除するため、多分、バタフライやブレストは禁忌キッズになりそう。ということで、有森ラストランならぬ、きゃんべる。術前ラストスイムに30分だけ行ってきました。縁起をかついで550m。

Rimg2844

目の前に広がるこの水の世界にまた戻ってくることを私は誓います。もう使うことはないかもしれないけれど、プルブイはあえて置いてきました。

Rimg2845_1 

お世話になった15コース。因みに16コースは北島康介コースです。

もうスピードを競い合うことはできなくなります。でも、水はいつまでも私を待っていてくれると思います。

1回目の手術のときも誓いました。『必ずここに帰ってくる』と。

今度も誓います。『少し時間はかかるけど、必ずここに帰ってくる。だから待ってて。』

ゴーグルの中がしょっぱい涙でいっぱいになりました。

では皆さま、行って参ります。

イビキのうるさいお婆と詮索好きのお婆がいない部屋になりますように!あ、耳栓もってかなきゃ!

| コメント (7) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »