« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月30日 (水)

謎の外人コメント

なんか最近、外人コメントがごっそり届く!ping外してもだめだったよ~。

しかも彼らが反応しているのは

『はかちゃん★倶楽部』

なんかのエッチクラブ・キーワードにひっかかるのでしょうね。たしかに妖しいかも。明日は首外来・耳鼻科編。1番げとーして仕事へ行かねば!早起きせねば!ねばねば!

| コメント (3) | トラックバック (1)

2007年5月28日 (月)

ボタボタ

昨日はボタキッズの活動日でやんした。

いつもは国営昭和記念公園(昭和基地)ですが、今回は、新緑!!雑木林を使った遊びを提供したいと、都立井の頭恩賜公園へ飛び出しての活動。

木登り隊と、木の仕組みを学ぼう隊の2グループに分かれて活動。反省すべき点もありましたが、子供たちは大興奮。この経験が将来につながっていくとよいな~と願っています。

↓これは木の歳のはかり方。

Rimg3007

↓紅葉のタネをみつけて、子供さがし!

Rimg2980

↓子供発見!

Rimg2982

↓そして、木の中の音を聴きました。

Rimg2994

木も、人間も、水を飲んで、光を浴びて、みんな生きていることを実感してもらえたらよいな~というプログラムです。

↓こちらは木登り体験!初めてでもこんなに高いところまで!

Rimg3021

インストラクターの皆さま。樹木医のSさん。ありがとうございました!次回は9月!そして、6月はいよいよ田植えです!!

■追記

ZARDのいずみさんが、がん治療中の院内散歩中、足を滑らせて亡くなったとのニュース。心からご冥福をお祈りします。

| コメント (3) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水)

謎の首外来

本日は、ののちゃん、Y先生(特徴がなくてあだ名がつけられない)の首外来。

ののちゃんには、CTで問題がなく、本日血液検査の結果と重ね合わせて今後の方針をがきまると思うことを告げました。するとののちゃん、

『他に要因がないとしたら、一度、歯科にも行ってみて』と。

歯肉炎や虫歯などでも頸部のリンパ節が腫れる例はよくあるとのこと。

『あくまでも、要因をけしていくためにね』と。早速、かかりつけの歯科医に予約をとりました。(でも、なんも問題がなかった)

抗生物質でに反応するので、細菌性のものだろうとの弁。

そこまで話しをしてから、Y先生の下へ。

診察室に入ると、かる~く触り、抗生物質の量を半分にしたら少し大きくなっていることを告げ、自分としては、採ってほしいことを伝えました。

先生からは、画像と血液検査の結果が告げられ、腫瘍マーカー、ウィルスその他、全く問題がないこと。つまり、原因が不明であることを告げられました。

採る場合、もう少し固くならないととりにくいということと、経過をみるため、今日から抗生物質は一切飲まないようにとの指示がでました。そして2週間後(6/6)に再チェックをして、

『形成外科へまわす』

とのことで3連ちゃんの外来予約を入れられました。採り方、採るのかどうかは形成外科で相談をしてほしいとのこと。また、ひょっとしたらまた消えてしまうかもしれないので、何もせず、放置プレーをしておいてほしいとのことです。

これで、婦人科、外科、内科、神経科、女専、整形外科、リハビリテーション科に続き、新たに形成外科が加わりました。まさに、

病気の百貨店状態!

半期に一度の大セールはもうすぐです。みなさま、是非いらしゃってくださいまし。

| コメント (1) | トラックバック (0)

2007年5月20日 (日)

YMO再結成

本日は、Jウェルネスの『患者学入門』フォーラムがありました。『希望の言葉』チラシを同封させてもらうため、朝10:30に赤坂へ。

久しぶりに事務局の方や、竹中先生とあうことができました。あまりにも突然の手術、その後の経過の悪さ(痩せたしね)、みんなが心配をしてくれていて、次々と声をかけられました。嬉しかったです。ありがとうございます。

首は、みんなに触らせました。竹中先生にも触診してもらい、『心配だったら北村へおいで』とやさしく声をかけてもらいました。うるうる。

フォーラムの中で内富先生がお話しされていた言葉の中で、

  • あなたの体験は次の経験者への大きな贈りものです
  • 愛他主義の精神を忘れずに
  • 人生の意味探しは重要、病気の意味探しは無用

との言葉には、なるほどと思いました。んが、疲れたきゃんべる。お昼を食べすぎ、あとはほとんど爆睡してしまいました!ゴメンナサイ!

というのも、今日の私のメインイベントはこの後にあるのだ!

YMO再結成コンサート!

(財)がんの子供を守る会のイベントに賛同した3人が集まり、久しぶりのコンサート。パシフィコ横浜まで行かねばならず、休憩時間で早退しました。

YMOといえばわが青春の中学時代、よく聞きました。アルバム『増殖』。

まさか20年後に、がん細胞が体内で『増殖』するハメに陥ろうとは思ってもいませんでした。

小児がんイベントということで、お子様づれも多かったせいか、風太のようにどんな曲でも立ち上がるばか者はおりません。助かりました。

そして静かに始まった1曲目・・・

You've got to help yourself

いきなり涙が止まらなくなりました。

化学療法中、夜中に眠れないとき、何度もリピートして聞いた曲です。ボタの件で、はじめて、(財)がんの子供を守る会へ打合せ(お願い)へいったときも、この曲を聴いてから行きました。今でも、打合せなどに行くときには、気分をもりあげるために必ず聞いています。

会場ではサビの部分しか歌いませんでしたが、この歌詞のなかに、

《生きている自分を愛してみよう》

という言葉があり、私はこの言葉に救われました。自分を愛してみよう。

病気をして、自分を責めてばかりいた当時の私にとって、この言葉は、とても心に響きました。

その曲が1番目に流れるとは・・・。これまでの色々な出来事、亡くなった友人たちの顔が次々と思い浮かんでしまい、カバンの中からタオルを持ち出して大泣きしてしまいました。

そんなヤツは私だけ?

新旧あわせての演奏でしたが、もう少し、小児がんの話しとか、何故、チャリティに賛同したのかとか、説明してほしかったな~とか思いました。それと、選曲も、もう少し、生命を考えるような曲があってもよかったな~。フリーではいろいろあるのだから。

1日の密度が濃くてとっても疲れたけど、You've got to help yourself. これをナマで聞けただけで大満足です。ありがとうございました。今も聞きながらブログを綴っています。

| コメント (3) | トラックバック (1)

2007年5月18日 (金)

母外来

実は、きゃんべる。母。1年ほど前からずっと調子がおかしく、あちこちでぶっ倒れまくっている。

私に心配をかけまいと、聞いても『大丈夫』以外、何も言わないんですよね。ところが、とうとう日常生活にも支障が及ぶほど頭の中が真っ白になる回数が多くなり、さすがの昭和ヒトケタ世代も降参した模様。

病院へ行く

とようやく言ってくれました。ところが、先月約束していた日は『調子がよくなったから止めるわ!』とワケのわからない理由で、勝手にキャンセル。

身内としては、『情報がはいらないことの方がよっぽどストレス!』ということで、主治医に手紙を書き、次回から同席させてもらうことを伝えておきました。

数日後、丁寧なメールが届きました。病名から現在の状況から、すべて細かくかいてありました。

病名は『閉塞性肥大型心筋症

このサイトの一番右側の状態ですね。

カテーテルなど外科的に治す方法もあるそうですが、本人は絶対に手術は嫌と。確かに心臓手術はいったん『動きをとめる』ので、母の年齢を考えると、電気ショックを与えて再起動してくれるか?不安です。

午後も検査がスシ詰めだったので、一日付き添い。これで私の気持ちが通じたようで、帰宅すると『薬だけは必ず飲む』と留守電に入っていました。

名前からいろいろ調べると、これ50%遺伝するんですよね。でも、

私より5年健存率は良い・・・

あるとしたら、突然死(心不全)。

自分の病気のことでは、本当に心配をかけました。大きな親不孝をした分、私にできるだけのことはしようと思っています。血圧と生活管理につとめながら、なんとか共存してほしいと思っています。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月17日 (木)

はかちゃん外来

本日は『病院のハシゴ』の日。クマ(O病院)⇒はか(T病院)。

朝一番でクマに会い、先日の内科の結果を報告(要はCTと血液をとったということ。結果は水曜日にでるということ)。触診をすると、、、

『また増えているわ・・・』

どざ~~~~!前回まで問題にしていた部分が扁平になり縮小してきたと思ったら、今度は初の右側頸部にもコリコリが私の触診でも3つ!!

もう耳鼻咽喉科の領域は完璧に越えているようで、お手上げのクマ。私ももうラチがあかないと思い、内科で一応結果をみてもらったあと、再度診察をしてもらうことにしました。それでも???な場合は血液内科の紹介状を書いてもらおうとおもっています。

そこから処方箋だけ握り締め、T病院へGO!GO!

ところが、京浜東北線が事故で遅れた影響で、電車は動いているがなかなか来ない・・・。結局、病院に着いたら10:30。3診20番。は~あ。これは待つな、、、と思ったら案の定、

最長記録の3時間待ち!

診察室に呼ばれたら12:30を過ぎていました。。。

で、まずは高熱とリンパの報告。結局、内科へ行ってCTと血液検査を受けたこと、Y医師のお手紙、きゃんべる。作成の発熱グラフ、などをみせたところ、『う~ん、俺なら鼠蹊部まで含めてリンパ全体をみるけどな~』たしかにつながっているからね。

で、4月の術そうのチェックと浮腫チェック、触診。触診のときに今朝のクマ外来でもらってきた診察結果の写しを渡すと、はかちゃんも入念に首まわりをちぇっく。

『うわっ、ホントだ。ここにもある、ここにもある、これも腫れている。これは大きい。左だけじゃなくて、右も新しくできているじゃない!数え切れないほど腫れてるぞ、コレ

『でっしょ~!だから変だっていってんのさ~!』

さすがのはかちゃんもぶったまげの首。今度、内科の結果がでたあと、また報告することを告げ、そのときに相談にのることを約束。

『抗生物質で変化しているから、悪性じゃないよ。ウィルス性のものかな?』となぐさめられつつ、今度の内科で原因がわからないようだったら、一体、何科に行けばよいのさ?と途方くれるきゃんべる。であった。疲れました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月16日 (水)

首外来・内科編

本日、首外来の内科編でした。初めてみるY先生は白髪の物静かな紳士でございました。上司にしたいNO.1の雰囲気を醸し出されていました。

説明はとても親切・丁寧。恒例の私のくだらない冗談・ぼけにも、まじめに返答してくださいます。第一、先生がドアを開けてくれるなんて、考えられましぇんでした。ウエルカモモード全開です。

まずは、私が整理をしておいた発熱グラフと服用した薬と期間、しこりの大きさ変化を整理したグラフを渡して経緯を説明。ふむふむと頷きながら全部聞いてくださいました。

次に触診。頸部のあと、診察台の上で腎臓とか肝臓とか押されまくりました。

で、やはり、1番確実なのは、切除をしてしまうことらしい。でも、そのため(全身麻酔or局所麻酔)には頸部と縦隔リンパの腫れ具合を見ておく必要があるのと、血液検査でウィルス(なんか選択項目がどっちゃりあってびっくりしました)の有無を確認する必要があるとのことで、いきなりCT送還となりました。(1階⇒地下へ移動)

久しぶりのO病院CT。寝起きで言ったので造影剤使える状態でしたが、この1ヶ月で28回針刺しをされている私。プレーンを要望しました。

Image274

いつもは頭が上側ですが、今回は胸部~頸部にかけてCT撮影をするため、逆向きに。検査技師の人が細かいセッティングをしておりました。で、いつものオカマ入り。焼き上がりは30分後というので、そのすきにののちゃん外来へ直行。(地下⇒2階へ移動)

ところが、行ってびっくりたま五郎。

ののちゃんルーム・大混雑!

いつもの看護師さんに話しをすると『1時間は確実に待つわね』と言われ、げっちょり。診察カードを渡し、CT画像を受け取りに地下へ。(2階⇒地下)

次に、採血ルーム。下手くそにあたり、2回失敗されたあげくピンチヒッターへバトンタッチ。3発目でなんとか成功。おおお、これで、

1ヶ月に31回の針刺し記録達成!

Image275

悲しい記録です。1日1刺。

この後、内科へ行くと、病棟で患者さんが急変したらしく先生不在。ポケベルを持たされました。んで、もう一回ののちゃんへ。(1階⇒2階)

げ、前より混んでいる!!

諦めて、地下の食堂へ朝昼ごはんを食べに行きました。(2階⇒地下)

食べ終わった後、ののちゃんのところへ行き、『あとどのぐらい?』と看護師さんに聞いていたら、たまたま、ののちゃん登場。耳元で『次よ、次』。ラッキー。少しだけ待って、ののちゃん面談。(地下⇒2階)

『午後は仕事へ行く予定にしていたけど、もう間に合わないし、とても疲れたから休む。』といったら褒められました。

『休みも治療のうちよ!』

で、ののちゃん外来修了後、内科へ行きポケベルを返却すると『次にお呼びしますからどうぞ中へ』と言われ、これまたラッキー。(2階⇒1階)

焼き上がりのCT画像をみると、あんなにセッティングしていたのに、何故か恥骨まで写っていて『あれ、こんな広い範囲で撮ったんだ』とふたりでぶったまげ。でも、おかげで、腎臓や脾臓、肝臓までみてもらいました。

『来週の血液検査の結果がでてこないとはっきりしたことはまだ言えませんが、触診で肝臓が腫れていましたけれど画像でみると問題ないですね。左の腎臓が少し腫れていますね。これが原因かもしれないですね。頸部のリンパ節については腫れているのがわかります。ただ、今まであった他のリンパ節の腫れはすべて消えていますね。やはり問題は後頸部の腫れだけですね』

と、本当に親切、丁寧。ついでにメタボリックも問題なし。

『むしろ足りないほどですよ』

と油断させるような嬉しいセリフ。いかんいかん、これは聞かなかったことにしよう。

明日、はかちゃん外来があることを告げると、『では一筆書きましょうか?』とおっしゃってくださり、これまた涙もの。『もう一度お呼びしますから、外でお待ちください。』

キーボードの入力音を聴きながら待つこと30分。

先生、書きすぎ。。。

ありがたい。何が書いてあるのか、開けてみたくて今ウズウズしています。

来週の血液検査の結果と照らし合わせながら、もう一度よく原因をさぐる&治療をどうするか?ということになりました。

局所ならとってもよいけどな~とか考えてしまうきゃんべる。でした。だってホントに角なんですもの。

| コメント (5) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

エビネ姫

この時期、我が家の庭は、エビネやシャガがたくさん咲きます。今日は、菖蒲の花も咲きました。山野草ってけな気でよいですね。まるで私のよう。。。

Rimg2969

Rimg2970

↓エビネ姫。

Rimg2955

↓別品種のエビネ姫。

Rimg2957

↓シラン姫。ドレスが長いです。

Rimg2959

| コメント (3) | トラックバック (0)

2007年5月10日 (木)

首外来・続々編

10日は、クマちゃんとののちゃんのダブルヘッダー外来でした。

しかし、本当に外来が多い。一言で『外来』というと一般の人は、歯医者さん的なものを想像されるでしょうが、拠点病院の『外来』は1日がかりです。本やらi-podが欠かせません。

まずは、混雑するクマから。正面玄関が開く、1時間前に行ったのに3番。いったい1番は何時にきているんだ??

ファイバースコープをいれて、また同じチェックをしました。で、咽頭には全く問題なし。耳も問題なし。

しかし消えない首のしこり

最初と比べればかなり小さくはなったのですが、やはり気になります。触ると熱をもっているし。

で、はかちゃんの意見を伝えると、確かに、消化器系の内科を紹介しても意味がないという私の訴えに納得。腎炎・肝炎・ウィルスなどの疫学系に強いY先生に急遽変更。来週は、16日がののちゃん、安井ちゃん。17日がクマちゃん、はかちゃん。週に4つも科をめぐらなければなりません。は~あ。

内科的チェックはしていないので、よい機会と考え、この際、内臓関係全部チェックしてしまおうと思っています。

ののちゃんも、私の通院記録をみて、『は~、本当にご苦労様』と言っていました。また、発熱、リンパ節の腫れは、『腎盂炎⇒疲れ』なども原因なのでは?と言われました。

『見た目が元気そうだし、自分でも元気にふるまっているけど、今、あなたの身体は悲鳴をあげているのよ』とののちゃんから指摘されました。『もう少し、きゃんさんの周りの人で気づいてくれるといいんだけど、いないのなら、自分で訴えていくしかないわね』と。

でも訴えても、受け止めてくれる人がいなければ状況はかわらないのですよ、先生。

自分の分身が3人ぐらいほしい

というのが率直な感想です。

★なんか最近、へんちくりんな外人のコメントが増殖しているのですが、これは悪性新生物でしょうかね~。みなさんのとおろはどうですか?

| コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月 7日 (月)

ひさびさ都会へ

GW、みなさんの心遣いをしかと受けとめ、しっかり寝ていたおかげで、後半は熱も安定しました。

爺次が添い寝をしてくれ、、、ませんでしたけど!鼻息をふっかけてくれました。

Rimg2962

そこで、今日は久しぶりに電車へ乗り、都会へ出て1日仕事へ。

しっかし体力がおちたわ!

実感ですね。職場へついてしまえば、また、こうしてPC前に座っているときは感じない疲れを、歩くときには、一歩、一歩ずっしりどっかり感じました。特に足腰!これは筋肉がおちきっている(でも太いままなのは何故?)

10日に首外来があるので、そこまではもう少し大人しくし、ちょっとづつ、体力回復に勤しみたいと思います。

ちょっとづつね!

| コメント (5) | トラックバック (0)

2007年5月 6日 (日)

おはようNHK

あいや~、みなさん、きゃん。わかりました?一瞬でしたね~~~。あくびしてたらわからなかったはず!私は、爺次におこされ、しっかりナマで見ることができました。

岸本さんも朝5時にNHKからのお迎え(多分、ご本人は4時おきしていたはず・・・)。お疲れだったと思います。

あたしゃ朝からあんな笑顔はみせられません。

で、放送後数時間の間に、たくさんの作品がサイトを通じて届きました。

どれもこれも人生への思いがこもったものばかり。

がんだけが辛いのではないのですね。

みんな、いろんな辛さを経験して乗り越えてきている。今という時間をともに生きている。励まされました。

岸本さんが言っていたように、このサイトがみんなの宝箱になっていくと良いな~。

★希望の言葉サイトはこちらから

★岸本さんのメッセージはこちらから

| コメント (6) | トラックバック (1)

2007年5月 4日 (金)

安静の大獄

今日はちょっとしたイベントがありました。

実は、エッセイストの岸本葉子さんと「希望の言葉を贈りあおう」というプロジェクトを開催中しております。サイトはこちらからです。riderさんにも紹介していただきました。ありがとう!用紙もダウンロードできます。

なんか、既存のがんキャンペーンって、「早期発見!」ばかり。これって予備軍向けのものであって、今、現在、がんという病とともに生きているサバイバーにとっては、あまり意味がないのですよね。

それに、世の中にはがん以外にも、人それぞれ大変に感じる病気がたくさんあるし、家族の方も遺族の方もいるし、病気じゃない人の中にも凹んだり、悩んだり、苦しんでいる人が、たくさんいると思うのですよ。

このプロジェクトは、そんな話し合いの中から、「今を共に生きている人みんなでお互いに希望を贈りあおうよ!」とはじまったものです。言葉だったら、入院中の人でも、遠方の方でも参加し易いかな~と。

HPではサンプル版もアップしていますので、

是非、応募してくださ~い!

C

で、本日、その取材があり、チームNHK「おはよう日本」のクルーの方々が、我が家にきました。あんなに映すのだったら、

しっかり片付けとけば良かった~

「おはよう日本」は、日曜日の朝7:00~放映している番組です。ですので、スタッフの皆さんも、9時に我が家へ全員集合。

皆さん、朝が強そうです・・・

我が家での取材後も別の場所へ取材に。タフです!

岸本さんメインで撮影していただいているので、きゃん。は、横でほけ~と座っております。発言なしだったので、楽チンでしたが、岸本さんは「本当は、テレビに出たり、人前で話しをするの、とっても苦手なの!!」とかなり緊張されていました。

私は、撮影後、岸本さんと友人をとっとと帰し、また安静モードに突入。これを、

安静の大獄といいます。

放映は、5/6日7:00~7:45NHKおはよう日本です。

起きられたら観てください。起きられない方はビデオに録画してください。私は・・・両方にしておきます。。。

| コメント (11) | トラックバック (0)

2007年5月 3日 (木)

病牀五尺

よい天気ですな~。こういう日は外へ遊びに行きたくなりますな~。

いかんいかん。寝ていなければ!

病牀五尺な生活をせねば!

以下は初めて突然の高熱に見舞われた4月15日からの、夜23:00就寝前の体温表。薬の種類と外来へ行った日、行事などがあった日もあわせて記入しているのですが、やっぱり動きすぎたときに発熱していることがよ~~~くわかります。

Taion_1_1 

| コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月 2日 (水)

仰臥漫画

正岡子規ではござりませぬ。
皆さま、きゃんべる。は、きちんと、大人しく寝ております。

午前中は、タイトル見て「お気楽ダンス映画」と思いこんでかりてきた「ダンサー・イン・ザ・ダーク」を観ました。だども、この映画、激しい暗さとあんまりな結末に、

私の気分はダークダックス(やや古)

にさせてくれました。
やっぱり仰臥は漫画が1番じゃな。

午後は、診察時間の空きを探して、はかちゃんに、今までの状況(夜の発熱、頸部リンパ節の腫れ、処方されたくすりの話しなど)を告げ、対応を電話で相談しました。

すると、まずクマの対応(抗生物質の出し方と種類、投与期間)に疑問を感じると。「でもまぁ小さくなってきているなら大丈夫だから。次の外来で、俺も診るよ」といってくれました。

そして、電話による指示で術そうの自己チェック(押してみろ、とか、赤くなっていないかとか)を色々させた上で、術そうの経過は順調なことを告げられました。

なんだかテレビ診察みたいだ。

また、耳鼻科を離れ総合内科に移ることについては、「賛成!」とのこと。

「原因不明熱」というジャンルがあるそうでその原因を探るには「総合内科がベスト」とのこと。「リンパ節の腫れの大元の原因を探すにもよいと思うよ。ひょっとしたら腎臓かもしれないなぁ」とつぶやいておじゃりました。

次に、T病院に血液内科があることを告げ、O病院の総合内科とどちらに行った方がよいかを相談したところ、

「血液に大きな異常が認められないし、原因不明の発熱の場合、まずは総合内科から診察を進めたほうが良い」と言い、「発熱はすぐかけこめるよう、自宅前(笑)のO病院の方が良い」と、テキパキと相談にのってくれました。

うーん、頼りになるぜ、はかちゃん。なんか力強いアドバイスに熱もふっとんだ気がしました。

はかちゃんの声を聞いて一瞬うかれましたが、きゃんべる。は、きちんと寝ております~。

| コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月 1日 (火)

首外来・続編

↓昨晩、また、発熱しました。記念撮影。

Rimg2948

ぶったまげの北朝鮮です!

もうふくらはぎは痛いは、パンツの中はまりもっこりだわ、なんのこっちゃ状態!さすがの爺次も何かの異変を察したらしく、自分のベッドで大人しく丸まってました。

解熱剤を飲もうか悩みましたが、朝一番で外来があるし、そのままの状態をみせたほうがよかろうと、ただただ氷で体を冷やしました。

氷を取替えるため、冷凍庫を開けるたびにアイスクリームを食べてしまう自分。ということで、未明には「クーリッシュ」で体を冷やしていました。食べながら、冷やす。冷やしながら、食べる。画期的です!

で、クマ外来。まずは毎夜でる熱の話し。咽頭部を全部チェックしてもらいました。それから、ファイバースコープで耳から鼻から、耳鼻咽喉科で考えられる全てのチェックをしてもらいました。そして、血液検査へ。

薬物チェックを含め今月27回目の針刺し!

Rimg2950

マイスター様。1回で成功させてくださいました。ブラボー!ありがとう!

結果がでるまで40分かかるとのことだったので、ポケベルを借り、近くのDVDレンタル屋であふぉ映画を5本レンタル。GW後半戦もゆっくり身体を休める気合十分です。このほか、Ngonがあふぉマンガを送ってくれました。あふぉ仲間はありがたいこってす。

30分ぐらいしてコーヒー店の前を歩いているとポケベルがなりました。どうもこのあたりまでは電波が届くようですな。

診察室へ入ると、珍しく難しそうな顔で悩んでいるクマ。

「どうでしたか?」

私は悪性リンパ腫、リンパ性白血病あたりを心配していたのですが、これらの数値は全く問題がないこと。これは、一安心。

でも白血球が少ないわね~!

また言われました。3000しかありません。まあ、いつものことだし、ここの所、まともな食事をしていなかったので、仕方がありません。

他、CRPなどの炎症反応も全く問題なし。他の血液状態も問題なし。となると、

あの高熱は何が原因なのか?

ということになるのです。それでクマちゃん、頭を抱えていたのですな。しかも、解熱剤を飲まないのに朝には下がって37.0程度に落ち着く。

一度、総合内科へ戻りましょう!

んがっ???

そう、こうなると耳鼻咽喉科だけの問題ではなく、全身バ~ランスの問題らしい。ただ、頸部のしこりについてだけは、クマがはっきりと「悪性ではないからね。大丈夫よ」と言いました。

理由は、抗生物質で小さくなる(消える)こと、よく動くこと、などです。クマも同じものがあるそうで、触らせてくれました。私のよりは小さかったけど、クマも疲れがたまったり、風邪をひくとすぐ腫れてくるそうです。

こういうとき面倒なのが、メインの外科が他院だということ。どちらの病院にするか聞かれましたが、T病院の内科は、いるだけで院内感染しそうな場所。はっきり言って、あそこだけは

絶対に嫌!

ということで、ひとまずもう1週間、様子をみるのと、もしそれでも発熱が続くようなら内科へ行くということで、念のため予約だけとってもらいました。それから、最終兵器のボルタレン50mgも処方してもらいました。←命を支える薬ですね。(大げさな)

こうして、また一つ通院する科が増えました~。初めての内科~~~!わ~パチパチパチパチ!でもこれってよくよく考えると、

クマ、さじをなげる!

ってことではないでしょうか? がん難民ならぬ、首難民の誕生です。

昨日、一昨日は完全に寝ていましたが、その前、微熱のある中、期日までにやらなくちゃならないことがあって、少し働きすぎたかなと思っています。

夕方からは絶対に寝ていましたけれど、やっぱり、そんな作業に耐えられる身体の状態じゃなかったんですね。家にいれば良いのではなく、寝ていないとダメなんですねえ。

Kさんに言われた「体の中のどこかで必死に戦っているのよ。大人しく寝ていなさい」を耳に、GW後半戦こそ、ゆったり体を休めようと思っています。

さあ、餃子食って絶対ねるど~!

あ、でもブログはやろうっと。携帯でできるもんね。けけけ。

| コメント (12) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »