« 謎の外人コメント | トップページ | ウラギラレタココロ »

2007年6月 1日 (金)

鳥越俊太郎さん

先日、ご案内させていただいた「希望の言葉を贈りあおう」に続き、第二弾プロジェクトとして「がんといのち、生き方を語りあおう」カフェトークイベントを始めま~す。
サバイバーならではの視点をいかし、がんサバイバーやがんの関係者が体験や課題を共有し、「生きる力」をわかち合うための、トークイベントです。

初回は、大腸がんサバイバーであるジャーナリストの

鳥越俊太郎さんをお迎えします。

Torigoe3

がんサバイバーが直面する問題は、家族、友人、仕事、経済、様々な範囲に及びます。そうした問題の提起や問題解決に向けた協働について、同じ目の高さで、お話しをしたいと思っています。

ジャーナリストとしての鋭い意見や切り口についても、異論・反論オブジェクションを交わしたいと思っています。

鳥越さんは、現在、肺への再発治療中のところ、今回の趣旨に賛同し、やってきてくださいます。

皆さまのご参加をおまちしております。

開催概要

【日時】2007年6月24日(日)14時~15時
【会場】Space&Cafeポレポレ(東京都中野区東中野4-4-1)JR東中野駅西口徒歩1分
【入場料】一般1500円 会員1000円(当日、会員になっていただくことも可能)
【お申し込み・お問い合わせ】 

参加希望者は氏名、住所、電話番号、メールアドレスを下記へお送りください。
メール:cafe@kibou.jp    FAX: 03-3202-5410               
携帯:090-6796-3814 (除く6月1日~7日)

よろしくお願いしますです。ぺこり。(参加者はがん患者に限りません。)

« 謎の外人コメント | トップページ | ウラギラレタココロ »

コメント

ガンはとてもシブトイ病気です。26年前から健康指導していますので、鳥越さんがガンになられた時から、とても心配していました。ガンを治すにも西洋医学だけでは治せない場合が多いものです。漢方医師の石原結實先生の本を必ずお読みください。本当の治し方が解かります。「体を温めると必ず病気は治る」「いま人参ジュースが絶対に効く」この2冊をお読みくださると目からウロコです。いろいろな方法がありますが、石原先生が一番、理にかなったことをきちんと、解かり易く説いておられます。信頼できる方です。私も鳥越さんと、同年齢です。今まで石原先生の本を10冊読み実行して、甲状腺、リュウマチを完治して、今は医療費は毎年0です。本当の予防、治療、が出来ました事に非常に感謝しております。末期ガンで手術もできなかった精神科医の星野先生も人参ジュースを1日に2リットル位毎日飲み続けて、手がオレンジ色になっていましたが、お元気になられました。是非鳥越さんも免疫力をアップしてガンを克服されていただきたいと、強く思います。人助けが私の与えられた使命と思っております。

投稿: 山口 紗智子 | 2007年10月27日 (土) 23時17分

2005年6月にS状結腸癌を手術後、肝臓、卵巣への転移、手術、抗癌剤治療をしてきましたが、今年の8月から星野式ゲルソン療法を始めました。食事療法もかなり効果があります。朝昼晩、可能な限り人参ジュースを作って飲みます。一杯分の材料は、人参大半分、トマト中半分、みかん半分、人参は千切りにしてから、水も100cc位加えてミキサーでジュースにします。繊維も全て飲みます。肉魚卵牛乳はとらずに、豆腐、納豆を食べます。ご飯は玄米。塩醤油味噌は使わず、黒酢やバルサミコ酢で味付け。この時期、干し椎茸と昆布でだしをとり、野菜たっぷりの鍋を毎日食べます。春雨を入れても美味しいです。砂糖は蜂蜜で代用。油はオリーブオイルなら加熱しないで使えます。ひじきや海藻や大根サラダも美味しいです。時々、無塩のカシューナッツとかくるみを食べる時も。無添加のプルーンなどドライフルーツもおやつにOK。おなかが空いてしまう時は、さつま芋やかぼちゃやジャガイモの蒸かしたものを食べると腹持ちが良いです。自己流なので、適当ですが、腫瘍マーカー少しずつ下がっています。大腸癌の方には、みんなに試してもらいたいです。(大根おろし皮ごとも抗癌作用あるらしいです。)

投稿: 小椋 恵理子 | 2007年12月 9日 (日) 15時06分

その後、私の癌は、中途半端な食事療法では抑えられなくなりました。ゼンケンのベジフルというジューサーを買い、フル活用しています。このGWには、徳間書店の「決定版」ゲルソンがん食事療法という本を読み、本格的なゲルソン療法へ移行中です。腸洗浄も一日2回出来るようになりました。抗癌剤は止めました。そもそも、最初の抗癌剤UFTの副作用を国立癌センターのホームページで調べた時に癌の再発とあり、疑問に感じていました。抗癌剤を非難することは全ての医療機関を敵に回す様で怖くて出来ませんが。ビタミンB12等は錠剤で摂ろうと考えています。パンクレアチンも健康食品で摂取可能です。痛みが出ているので、何が効果があるか分かるようになりました。

投稿: 小椋 恵理子 | 2008年5月 4日 (日) 16時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳥越俊太郎さん:

« 謎の外人コメント | トップページ | ウラギラレタココロ »