« 銭亀平次です | トップページ | BIGニュース<その1> »

2007年7月 2日 (月)

首外来・間欠泉

この2週間の間に様々なことが起こりました~。中でもいくつかBIGニュースがあるのですが、それはじょじょに公開ということにして、まずは首外来の間欠泉、もとい、完結編から。

TIS病院の首外来へ25日に行ってきました。鉛筆先生の名前は裕ちゃんでした。でも私は彼を鉛筆先生と呼ぶでしょう。

入室するとまず始めに触診から。私、いかなる場合でも触診をしない先生は信用できへん。そして、『うん、まだあるけれど、扁平になってきてますね』との言葉の後、6月8日に受けた細胞針3箇所の結果報告。

まずはアデノイド。赤く炎症をおこしていたもっこりを内視鏡で採取したものです。『悪性の所見は認められず クラスⅠ』 次に、一番腫れていた後頸部のこぶ。『悪性の所見は認められず。クラスⅡ』とのこと。

『エコーの結果などとあわせ、悪性の可能性はほとんどないですね。100%とはいえませんが、ひとまず経過観察で良いと思います。』とのこと。シロは、安心・あ~んしん。

で、切除する場合の話しに移りましたが、採るにはもう少し大きさがほしいとのこと。また、場所が聴覚の神経や肩の神経と近いため、なるべくメスはいれたくないというのが、先生の意見です。

んで、自分で触っても、中のほうの変化(腫れ)はわかり難いから、2ヶ月に1回、外来で経過観察を続けていくことになりました。また、万が一、急激に腫れたり、高熱が出たりしたら『速攻でくること』と言われました。古戦場の跡地から原因を探すのは大変な作業のようです。

きちんと科学的な論拠に基づいて説明されると患者も大納得です。しかもアフターフォロー付きなので、安心。信頼できる医師と場所が見つかってよかったっす。ということで、ひとまず首は一段落。

そして、この結果報告は、6月28日の、くまちゃん外来で報告。

内科からたらいまわしにされたことからはじまり、首物語を延々と語ってしまいました。クマチャンも責任を感じているのか、TISに任せたほうが良いとのこと。形状変化を観察していくので、あちこちで診察を受けても無駄だし、エコーですぐみてもらえるのは良いとのこと。

ひとまず、何かあったら来るように言われ、診察は終了です。『色々お世話になりました』となんだか嫁入り前の娘気分状態で診察終了なのであった。

というわけで、これから耳鼻咽喉科は鉛筆先生にチェンジです。

« 銭亀平次です | トップページ | BIGニュース<その1> »

コメント

きゃんべるさん、こんばんは。先日は横浜ではお話もできずに終わってしまいましたが、お元気そうだったので、ちょっと安心しました。首外来、とりあえず、おおめでとう!!今度お会いする時はホントに祝杯ですね。

投稿: のん | 2007年7月 2日 (月) 22時07分

首のシコリが悪性のものでなくて一安心だね(^-^)v
良い耳鼻科医に出会えたみたいで良かったね!!

投稿: ゆうたん | 2007年7月 3日 (火) 00時03分

 ひとまず安心です。よかった。心配で何度か見に来ていました。

投稿: ねこた | 2007年7月 5日 (木) 22時00分

隣の席の胃がんとタイマン中の訓練生です。やっぱり、ブックマークしていたよ。しかもトップのほうに。なんたる偶然!。びっくらこいた。驚いた。こんなこともあるもんなんだあ。

投稿: 訓練生 | 2007年7月23日 (月) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134301/15626671

この記事へのトラックバック一覧です: 首外来・間欠泉:

« 銭亀平次です | トップページ | BIGニュース<その1> »