« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月17日 (木)

夫婦外来

みなさま、今年もよろしくお願いします。またまた、まとめての御挨拶で申し訳ありません。もう少し経ったら落ち着いてきそうです。

本日は年に1度の夫婦外来でした。

夫婦外来

そう、年に1度の①全身検査の結果を聞く、②治療方針を変更する、ときに行われる恒例行事です。

3診1番の座をゲトーするために、私が先行してでかけ、あとから社長出勤してもらってます。8:15に外来へ着き、誰もいないカウンターに予約票をわかるようにおいておきました。

ここから1番の座をゲトーしてから行ったトイレの回数3回!過敏性大腸炎です。3回目のトイレから出てきたところ、丁度、旦那が到着。するといつもの看護師さんがやってきて、「病棟の方で時間がかかっているので、診察開始が15分遅れます」とこっそりつげにきました。こんな情報でも勘ぐってしまうのが悪い癖。

画像全部みているんだ!ぐげげ!

と言ったあとは、寒さと緊張で歯がかみ合わない状態。

この「待ち」が嫌なわけよ!

それでも今日は旦那がいたので、気がまぎれました。

番号を呼ばれ、まずはじめにゾラ。洋服脱ぎながら「コブつきで来ましたから」と告げると「ああ、検査は問題なかったよ」と一言。

骨は?内臓は?マーカー値は?白血球は?アミラーゼは?赤血球は?コレステロールは?

と矢継ぎ早の質問に「ああ、全部大丈夫だから」と。

「最近、アガリクス飲んでいるからマーカー値、高くでるはずだよ」と言っても、「ああ、それでも大丈夫だから。他のも前より数値が良くなっているよ。俺よりも良いぐらいだ。」

なんとか一安心。

触診しながら「去年は、このしこり発見事件からはじまったんだよな~」と感慨深げに一言。そら、こちとらのセリフじゃい!主瘤の摘出から、その後のリンパ節の腫れ(これは今もだけれど)、本当に、病気にふりまわされた一年だったから。

洋服を着た後、次の治療についての相談。密かにセカオピで、私の年齢・ホルモンバランスだと5年のエビデンスが良いとの情報を入手済みだったので、このままゾラを続けたいこと。ただし、毎月は大変なので、3ヶ月リュープリンに変更をしたいことを告げました。

リュープリンへ変更したい話しは、前回の外来のときにも告げていたので、エビデンスを調べてくれたらしく、「最新の情報だけれど、ゾラもリュープリンも同等の効果」という結果がでている。ただ、うちの病院で扱っているかが微妙、とその場で薬剤へTEL。OKがでたので、3月から3ヶ月プリンに変更となりました。

はかちゃんも試したことが無いので、副作用など、何かあったら感想を全て聞かせて欲しいと約束。がんセンターなどは、ほとんどプリン3ヶ月と聞いていますが、どんな反応がでるか、びくびくです。これを5年(つまり、あと2~3年)続けることになりました。

経済的には大助かり!

ですね。3ヶ月プリンは、毎月ゾラの60%で済みますから。さてその分は、最近、御無沙汰のミニカーにでも投入しようと思っています。

何はともあれ、また半年寿命がのびました。一緒についてきてくれた相方、家族、仲間に感謝です。

| コメント (5) | トラックバック (3)

2008年1月 8日 (火)

新年早々検査

正月早々、検査でやんした。前回の血液検査の悪さもあり、正月はお酒も思い切って飲めず、

ストレス更にたまるじゃん!

しかし、今回は、体重の激減など自分でも少し心配な兆候もあったので、朝から腹痛のオンパレード。ふんばれば、ふんばるだけ出るから不思議です。

まずは、早朝採血。ただでさえ冬期で血管が萎縮している+低血圧が加わり、針刺し失敗確率50%以上。しかも、その後、RIの注射も待っていたので、なるべく太い血管を残してもらうよう頼み、2度目に手の甲でようやく成功。は~あ。

Cimg0313

1回目の場所は、初トライの場所だったので、絶対無理だと思っていたのよね~。見た目と違うのよんって言ったのに、なんで家庭教師のトライをしたがるの?

んでもって次はCT。3ヶ月前に造影剤入りで実施しているので、今回はプレーン。でも、何度も検査官が行ったりきたり、いつもと違う行動をみせるのが気になって仕方がない。は~あ。ため息たっぷりでちゃうよん。

次はRIの注射。前回は代打まで出て、入れるのに20分もかかったけど、今回はどうなんざんしょ。

なんでも、日本で製造している製薬メーカーのRI検査液の原材料は、その大部分がカナダで生産をされていて、この原材料の輸出が年末ストップしていたそうな。ようやく年が明けて手に入るようになったとかなんとか、一生懸命説明してくれたけど、あたしゃそんな説明より

一発で決めて欲しい!

だけなわけよ。

せっかく残した太い血管。ホカロンで温めておいたので、もっこり状態。これはいける!と思ったら、なんと

酸っぱい!

結局、またまた手の甲。ゆっくり、そ~~~~~っと入れられました。

Cimg0316

4つも絆創膏を貼られて、なんだかミシュランのようでした。

Cimg0318

この時点で10:30!!RIのお釜入りは13:40~だったので、延々時間をつぶさねばなりませぬ!ロイホと、待合室で粘ってなんとか時間をつぶし、きっちりRIで30分間縛られてきました。は~あ。スリッパの放射能マークに向かってため息。

Cimg0321

久しぶりのヨードに、なんだか気分は絶不調。ウツにヨードに、ヘロヘロ。

逃げられない道とはいえ、本当に参ります。

は~あ。

| コメント (5) | トラックバック (0)

2008年1月 1日 (火)

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます!

昨晩は、はじめてカウントダウンに参加してきました。人ごみが大嫌い、寒いの大嫌いな私にとっては、信じられないこと。

行った場所は、

高岩寺(巣鴨のとげ抜き地蔵)

だから、ディズニーランドとは違い、地元の人だけが集まる小さな小さなカウントダウンでした。

まず、出発前に母に電話をし、初詣というのは、00:00からスタートなのかを確かめました。「そりゃそうよ、11:59にお賽銭なげてもダメよ!」と言われ、11:30過ぎに家を出発。遠くから護国寺の鐘の音が聞こえてきて、煩悩モード炸裂です。

お寺に着くまであまり人と会わなかったので、

「ほれ、空いてそうじゃん!」

等といっていたのですが、着いてみたらびっくり。

それなりに人がいる!

Image397

しかも、賽銭箱へ続く行列は全く動かず???すると、どこからか「10、9、8、7、6・・・」とカウントダウンの声が。んにゃ、テープが流れ、最後のスリーカウントは全員で合唱。ゼロの瞬間、

ハッピーニューイヤー!

欧米か?と突っ込みたくなりましたね。下町なんだから、あけましておめでとうございますが似合うでしょう?などと、ブツブツ文句を言っている間に、列がドンドン前へ進み始めました。

お賽銭を投げたら、右か左かに流れてくださ~い!

との声に、右側乳がんだから右かな~などと思いましたが、ここまで来たら、やはり磨かねばなりませぬ!ということで、左側に抜け、磨きの列に並びました。

Image398

年明け早々には、全身検査が待っているし、たくさんの仲間と一緒に生きていたいから、わたしゃ、代表して持参の手ぬぐいでゴシゴシ全身を磨きあげました。

その後、真性寺へ行ってお線香をあげ、なぜかワラビ餅を試食して帰宅。

↓でかいです!

Image402

本年も宜しくお願いします。そして、それぞれにとって良い年でありますように、こころから祈っています。

| コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »