« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月22日 (土)

柳原和子さんのこと

先週、柳原和子さんの訃報が朝日新聞に小さく載っていたが、昨日の朝日新聞夕刊の<お悔やみ欄>には、とびきりの写真とともに記事が掲載されていた。

柳原和子さんには、昨年の冬、お会いしたことがある。あるレセプション(当然、柳原さんは受賞者)だっだのですが、私は、『百万回の永訣』で受けた衝撃と感想を伝えたくて、図々しくもお声をかけさせて頂いたのだ。

そういえば、がん罹患から1年後、私が「闘病記本ブーム」に陥っていたころ、がん患者学を読みました。その後、再発がんとの歩みをテレビで放映していたのを見て、「なんと強い人なんだろう!私には真似できない!」と勝手に思っていました。

しかし、百万回の永訣を読んで、そんな印象はぶっとびました。

強さと弱さ。

自分の病気をとことん知ろうという行為、そして、あらゆる治療方法を全国へ探しに行くこと。それは強さではない。

レセプション終了後で「この度はおめでとうございます。私も、自身、がん患者で、百万回の永訣には大きな衝撃と深い学びを得ました。」

「ありがとう。あなたはどこのがんなの?」

「乳がんです。今、<希望の言葉>を集めています。来年も行います。もし御賛同いただければ、一筆メッセージをくださいませんか。」と言いながら、依頼文を手渡しました。

にっこり微笑まれて受け取られたあと「あら、葉子ちゃんがなさっているのね(岸本葉子さん)」調子に乗ったきゃんべる。は、

「先生は講演活動などはなさっていますか?来年の春、暖かくなったら、私どもの会でお話しをいただくことはできませんか?」と聞くと、突然、顔が曇り、

「来年ね・・・。私、もう講演はしないことにしているのよ。ごめんなさいね。」と。

そして、足早に帰られました。

新聞には年明けからホスピスへ入っていたと書いてあったから、あの会話をしたときには、もう決断されていたんだろうな~と。

謹んで御冥福をお祈りします。

| コメント (1)

2008年3月11日 (火)

★お願い事★

今回は、皆さんにお願い事があり、投稿させていただきました。

きゃんべる。は、現在、「東京大学医療政策人材養成講座・4期生」に在学をしており、その卒業研究の一環として、

<がん患者体験者の活用方策・自立支援(就業・雇用実態)>

について調査を進めております。なお、本講座は、医療政策を立案・推進できる東京大学先端科学技術研究センターと医学部の教員が中心となり開講しているものです。(URL http://www.hsp.u-tokyo.ac.jp/

私自身、30代半ばでがんを罹患したこともあり、働き世代のがん患者雇用(復職・継続)、自立について、多くの問題と障壁を経験して参りました。

平成15年に実施された「がん患者の悩みや負担などに関する実態調査」(がんの社会学> に関する合同研究班)では、働いているがん患者の約35%が解雇・退職をしており、 <がん罹患が職業継続に影響を及ぼしている>ことが報告されています。

皆さんの中でも、就業について、同じような体験をされた方は多いかと思います。しかしながら、この問題に対しては、実態把握はもとより、行政の対応についても、全く手付かずの状態です。

そこで、卒業研究では、これらの実態を調査・分析を行い、社会提言書として発信していきたいと考えております。

研究成果は、患者の自立を促すとともに、医療・福祉における日本の社会力の向上や、医療施設の社会貢献材料としての患者力の活用につながっていくことを期待しています。

何卒、趣旨、御理解をいただき、アンケートにご協力頂けますよう宜しくお願い申し上げます。shine

※頂いたデータは個人を特定することができないものです。また、本調査研究以外に使用することはありません。

【アンケート回答方法】

下記アドレスにアクセスをして頂き、設問にお答え願います。アンケートは5分程度で終わる簡単なものです。何卒、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

●アンケート実施ページ

http://enquete.indierom.co.jp/member/index.php?id=39685058

携帯用実施ページ

http://enquete.indierom.co.jp/member/i.php?id=39685058

以上、宜しくお願い申し上げます。

| コメント (3)

2008年3月 4日 (火)

初ゲロゲーロ!

本日、帰宅時に何かを蹴飛ばしました!すっこ~んimpactふと見たら、

初ゲロゲーロ様

Rimg3161

夫婦の契りです

Rimg3160

おお、もうそんな季節になりましたか。

恋の季節よ~lovely(季節よ~note

| コメント (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »