« mixiとブログ | トップページ | TSH、FreeT4検査 »

2008年6月25日 (水)

精神通院治療自立支援

本日は外来Wヘッダー。これにて、O病院にある

全ての待合室を制覇scissors

しました。外科、婦人科、整形外科、精神科、女性専用外来、緊急外来、そして本日初診の口腔外科。
喜んでよいものやら悪いのやら。何やらようわかりません。まさに病気の百貨店と化しておじゃります。

まずはののちゃん外来。

自立支援(精神通院医療)の申請を御存知でしょうか?

精神科の治療は、薬と診察の長いお付き合いになるため、患者の状況によっては診察料や薬代への助成が自治体で用意されています。しっかし、今までこれには気がつかなんだ。

昨年は精神状況がズンドコだったので、薬なしでは働けませんでした。今もそうですが、当時と比べれば、状況はかなり改善されてきました。

確定申告時に思いましたが、やはりトータルにすると、薬代って結構ばかにならない。んで、昨日、区役所へ行く用事があったため、ついでに保健所に寄って話しと書類をもらってきました。新規申請に必要な書類は、

  1. 自立支援申請書
  2. 自立支援診断書
  3. 保険証のコピー
  4. 住民税課税・非課税証明書
  5. 印鑑

です。保健所で資料をもらい、しこしこ書いていたら、下線付きでこんな文章が記されていました。

※世帯所得が一定以上に該当する方は、平成21年末をもって助成が終了します。

んあ?世帯?!一定以上ってなんや?

保健所では管轄外なので、区役所の税務課へ行ってくれとのことで、そそくさと足を運びました。

すると、<世帯>なので、本人が多額の治療費を払っていても旦那の収入があれば助成がなくなること。そして、世帯の収入上限(一定以上の一定)は、だいたい年収換算で200万円台の後半だそうな。びっくら。去年から申請しておけばよかったじぇ!

ののちゃんに言うと、「だから、きゃん。さんの場合、旦那さんがいるからこの上限枠にひっかかって、来年からは受けられなくなるのよね。助成の金額と手間を比べると、トントンかな~と思って、薦めなかったのよ~」。

はい。おっしゃるとおりでごぜーます。でも、全部手続きしてしまったので、ひとまず半年ですが申請することにしました。

長期的ながん治療にも、こういった助成が認められれば良いのにな~と思いますが、患者数が多いし、安けりゃ無駄な治療を受ける(もしくは施す)人も増えて、国庫が破綻するんでしょうね。

« mixiとブログ | トップページ | TSH、FreeT4検査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« mixiとブログ | トップページ | TSH、FreeT4検査 »