« パソコン分解 | トップページ | 追悼 »

2008年7月10日 (木)

歯歯歯のはぁ~っ!

6月30日に口腔外科で手術を受けてきました。
幸い、全身麻酔ではなく、局所麻酔。何本も麻酔を撃って(←だってこんな気分だったんだもの)、なんだかんだいって2時間近くの手術になりました。
昨日までは体調すぐれず、ぐったりしていました。食べ物も制限されているため、飢餓状態だしdash 飲酒禁止だしcrying

採取した歯は↓これ(1本は写っていません)。

Rimg00551_2 

かなりショッキングな画像なので、モザイクいれます。
これを捕るために、まず

  1. ドリルで歯を3つに割り
  2. 骨を削り
  3. 歯茎を切開
  4. 歯根からとりだす

3本とも。時間がかかった原因が3本目。埋没していたため、掴める歯の部分がなく、一番大きく切開するハメになりました。感触ですが、全部で十数針ぐらい縫ったと思います。
場合によっては2回に分けて手術するかも・・・という術前の言葉がちらつく中、

頭蓋骨が曲がんぞ!

と思うぐらい、顎やら頭の骨をあっちからこっちから攻められました。
手術室を出るころから、ずっきん、ずっきん。歯茎に心臓annoyができたかと思うほど痛くなり始めていたので、早めに痛み止めの注射をしてもらい、あとはベッドで安静。ZZZ。
抗生物質と痛み止めの薬をガパガパ飲みましたが、身体への負担が大きかったのか、発熱でダウンしました。

一時は血行性による歯根へのがん転移の可能性もありましたが、診断の結果はシロ。
そのかわり、思わぬ難病を罹患していることが判明をしたため(筋肉が骨化していく難病の口腔外科バージョン)、2~3年おきに検査をし、進行の度合いをチェックしなければならなくなりました。

すなわち↓3年前の写真。歯根にぼわ~っとしたものが写っています。

Rimg0058

これが↓今の写真。

Rimg0056

輪郭がだんだん明瞭になってきているのがわかります。つまり骨化している。
悪性だと浸潤をしていくので、逆に境界が不明瞭になっていくそうです。

潤ちゃん先生の話によると、だんだん輪郭がもっと黒くなってきて(境界明瞭)、くっきりして歯根とつながりはじめると、どえらい大手術になるそうです。反対側にも3箇所同じ影が映っているので、顎の骨、総とっかえ?!との噂もありshock

原因も治療方法もわかっていない難病だそうです。
身体は骨粗しょう症なのに、どうして口腔内だけ骨化していくの~?と言いたいです。

そんなこんだで、ようやく体調が戻りつつある中、今日は、朝1番で血液抜いてきました。今月は本体の全身検査月なのです。がん患者に休みはありませぬ。

今回のけっちんは、プリンに変えたため、マーカー値と一緒に久々にホルモン値もチェックです。
そのため、歯は3本でしたが、血は5本分抜かれました。

Image465_2 

で、例によって1回目⇒途中で血がでなくなり規定量に足りず、、、2回目⇒手の甲へ移動。これも途中で出なくなり、かつ血液もれ。

「あざになるので、しっかり押さえてくださいね~」と言うけれど、こんな離れた場所、片手でいっぺんに押さえられるかい!
と憤りつつ、二箇所の合計でなんとか規定量クリアー。結果は24日。画像とあわせて通達です。

Image466

本当に、病院通いばかり。ぐったりの今月です。

« パソコン分解 | トップページ | 追悼 »

コメント

いっぱい”ち”ぬかれましたね
私は1本だったのに 同じく約5000円とらえられました
きゃんべるさんの方が お得ってことになりますかね

はは心配だね

投稿: ぺろまま | 2008年7月12日 (土) 08時38分

大変でしたね(;´Д`)ノ
お疲れ様でした。
 
そんな病気があるんだって、初めて知りましたよ~。
 
お大事にしてねっ!
 
ワタシ、親知らずを抜いた日にビール飲んで、どえらい頭が痛くなったことがあります(アホ)
 
飲酒はあかんでぇ~。

投稿: rider | 2008年7月14日 (月) 11時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パソコン分解 | トップページ | 追悼 »