« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月28日 (日)

中山氏★許さん!

麻生新内閣に変わって、早速第一号の辞任がでましたね。

中山国土交通大臣。

私、一番許せない発言がありました。TVで見ていて、その発言をみてソファからぶっこけました。

「日本の教育のがんが日教組。日教組をぶっ壊すために私は火の玉になる。」
詳しくはここから

そう、<がん>という言葉を平然と使っているのです。どういうつもりなんざんしょ。でも、こういう人にかぎってがんにはならないのよね。

あふぉ!

この<がん>発言を許してはいかん!がん患者に謝罪せよ!と言いたいのは私だけかしらん。

| コメント (1)

2008年9月24日 (水)

シンディ!

本日はライブ。そう、最近、80年代にはまっている私、青春の思い出・シンディローパーへ行ってきました。

Hfos41

女の道は一本道。

55歳になっても音量、音質(高音)、全く変わっていなかった!
ストーンズといい、やり遂げること、やり続けること、自分らしさを失わないこと。
何より、ハートがある。とことん、憧れます!

日本のシンディになっちゃる!

からだのラインのゆるさも、シワも、シミも、自分のからだ、そして人生に起こったあらゆることを、全て自分のものとして丸ごと受け入れ、自然体で生きる、歌う姿に、あたしゃ惚れました。

高校時代に聞いた曲なんぞ聴くと、ついつい「ああ、この頃はがん患者じゃ無かったんだなぁ~」などと考えてしまい、time after time や True Colors とともに、涙がこぼれてしまいました。

そこにとどまらないシンディの生き方には、本当に感銘と共感を得ました。
人生、とまっちゃダメなのだ~。 

  1. Into The Night Life
  2. Set Your Heart
  3. Change Of Heart
  4. I Drove All Night
  5. When You Were Mine
  6. She Bop
  7. Rocking Chair
  8. Echo
  9. All Through The Night
 10. Lyfe
 11. True Colors
 12. Girls Just Want To Have Fun
 【encore】
 13. Same Ol' Story
 14. Time After Time
 15. Rain On Me
 16. Money Changes Everything
 【2nd encore】
 17. Fearless

| コメント (0)

2008年9月23日 (火)

三鷹武蔵野自然祭

23日、お彼岸のさなか、ボタキッズの活動がありました。三鷹武蔵野自然祭。

今回は、グリーンバードさんとインプロモーティヴさんと、3団体のコラボ。それぞれの団体の特性がでて、大変楽しい活動になりました。

みなさま、本当にありがとう!

↓駆け回る子供においつけないカメラ班・きゃん。

Cimg0125

| コメント (0)

2008年9月16日 (火)

性格検査

連休中、がんプロの合宿に参加をしてきました。いや~~~長かったっす。でも、とても勉強になりました。

自分の患者としての経験がこうして役に立つこと、未来のお医者さんのたまご達が、是非、この合宿で過ごした日々を忘れないで臨床現場にたつ日を楽しみにしています。<患者中心>という言葉を観念で捕らえるのではなく。実践の中で役立てて欲しいです。

私は、<診察室は病状を伝える場ではなく、その人らしく生きる生き方を話し合う場>と定義をし、以下の点は絶対に忘れないようにと伝えました。

  • 患者の気持ちになる(言葉、態度、治療方法、年齢・・・)
  • 治療方法とそれぞれのEBM(リスク率、病期、・・・)
  • 家族背景、社会背景の把握
  • 医師としてのリーダーシップ(総合解析)とコミュニケーション(職能の活かし合いと補完)
  • 経済、制度の説明

私が担当をしたC班の学生たちはとても素直に患者の意見に耳を傾けてくれました。たとえば、悪い医者の例として<病気を患者のせいにする>例:何故今まで気がつかなかったの?などの台詞。「あ~~~、なるほど!!」
チームカンファレンスに患者を参画させるかどうかも「ドアを開けて6人も白衣の医者が座っていたらチビッテ帰る」という言葉にも「確かにそうかも。私達は白衣、見慣れているけど・・・同意をしてからの方がよいのでは?」などと意見が飛び交いました。

結果より、こうした議論のプロセスにとても大きな価値があるプログラムだと思いました。

おしまいに、教官側も、Myers-briggs Type Indicatorという性格診断テストを受けました。心理学者カール・ユングのセオリーをもとに考案されものですが、これがとても面白かったです。

私の診断結果はENTJ。Extraverted Thinking with Intuition。社交家で、新たな可能性を探求するのが大好き。でもって、それを論理的に判断するのが得意だそうで、感情に支配されることを最も嫌う人間らしい。むむむ。

| コメント (0)

2008年9月 3日 (水)

なぜ、今?

背景 福田様 なぜ、今、お辞めになられるのでしょうか?こんな週のあたまに。

背景 角界の皆様 なぜ、今、大麻なのでしょうか?こんな週のあたまに。

あ~あ、おかげで・・・。

| コメント (3)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »