« あれから1年 | トップページ | 初メタルライブ »

2008年10月23日 (木)

あきれてものも言えない・・・

みなさん、最近、公共交通機関に乗るたびに目にするこのポスター。
そう、毎年やっているポスターデザインコンペ

マンモにはさまれているのも、どうよ?ってな感じですがね。
あんまり視界へいれないようにしていたのですが、、、今年はどうも目に入ってしまって。
まあ、目的が予備軍向けなので仕方がないとは思いますが。

Image492

レベル低すぎて話にならん。しかも、この絵はフランス革命を描いた絵じゃろ?
そんな歴史的な絵に、

<ちょっとね、私、乳がん検診いってくる!>
<い、いまですか?>

ふざけんな、っちゅーの。
周りはぜ~~~~~~~~~~んぶ、男やんけ。

しかも下には毎度のこのセリフ。。。

Image494

これが、<乳がん>への誤解を招いていると私は思う。そりゃ早く見つければ90%治るかもしれないけれど、10%の数字は0%にはならないわけですよ。
しかも、治療は5年は続く。心や身体の不安も続く。ずっと続く。
そういった情報、教育なしで、早期発見だけを啓発することに、私は大いなる疑問を感じています。

本人にとったら、0%か100%しかないのですよ。

莫大な資金が入ってくるのだから、その10%の人にも、その人にこそ、目を向けるべきではないですか?
ライトアップもよいけれど、その資金があるのなら、ドラッグラグの問題解決などにも投資をして欲しいですね。

以上!

« あれから1年 | トップページ | 初メタルライブ »

コメント

私も・・・ピンクリボンのポスターやコピーを視ないようにしている方だけど、患者側ではなく、未発見の患者さんが少しでも早く発見できれば手段はどんなかたちでもかまわないと思う自分も居ます。
それにしても・・・・興味を持つのではなく・・・・真剣に考えさせるポスターを作ってもらいたいと毎年おもいます。
私もお金や募金をもっと有効に使う方がいい。

ウォーキングはいい企画だと思うのですよ♪。

投稿: ムク | 2008年10月26日 (日) 11時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あれから1年 | トップページ | 初メタルライブ »