« 朝の電話 | トップページ | 無題 »

2008年11月 3日 (月)

がんアニメ

母の容態も多少安定してきて、ひとまず、看護→介護レベルまでもちなおしてきました。
原因もわかってきました。ただいま、ネットで正しい情報、状況を収集中。

今朝、実家から病院へ行くまでの間、ごろごろとテレビをみていたところ、懐かしい

<ニルスのふしぎな旅>

をBSで再放送していました。

これが、びっくりで、ニルスが乗っている鳥が<雁(がん)>のようで、番組中、<雁(がん)>という言葉が、さんざ出てくるのですわ。

<俺たちは雁(がん)だからよ~>とか<雁(がん)だから飛んでいくのは仕方がないよ>とか<君たち、雁(がん)の集団をみなかったかい?>とか色々なパターンででてきます。
ちっと、雁(がん)探しをしてしまいました。

« 朝の電話 | トップページ | 無題 »

コメント

はじめまして!
「十字式健康法」を見ていてこちらに迷い込んできました。
2005年の頃の日記から見始めたので、現在までお元気かどうか心配しながら本日の日記を見てホッとしています。
私の父親は胃癌で全摘後、大腸癌と十二指腸の癌の再発で余命4ヶ月の宣告をされました。親を助ける為にいろいろな病院を探しましたが、温熱療法の病院は6ヶ月待ちなど、とても治療に間に合いませんでした。
そんな時に、仕事に取引先の社長から「癌でも治す事が出来る方がいらっしゃるから良かったらどうですか?」と電話がありました。信用できる方からの紹介だったので、すぐに父親に話しましたところ、父親も乗り気で話がまとまりました。
本来なら新潟の燕市に有る本部?に行くのが良いのだそうですが、父親の状況では無理だろうから、ひと月に一度埼玉県に見えるので、その時に合わせて連れて行くことになりました。その時の状態は、私が肩を貸してようやく10メートルぐらいを歩けた程度でした。顔色も悪かったことを覚えています。
先生(皆さんがそう呼んでいました)からの治療(お加持)で見る間に顔に赤みが出て、周りにいた人(その会の会員の人たち)も驚きと喜びにあふれていました。
帰りは車まで一人で歩きました。
その後、日曜日と月曜日を除く4ヶ月ぐらい毎日連れて行きましたが、こちらも仕事を毎日午前中を休むことも出来ず、父親は自分で車を運転して二ヶ月ほど通いました。
癌は完全に治ったと先生はおっしゃっていましたが、お加持を請けられなくなってしまいました。
先生を「信じる気持ち」「感謝の気持ち」が足りないと言うことでした。
こんな事を長々と書きましたが、もし嫌でしたらどうぞ削除して下さい。
私は全然気にしませんから。
もし、興味が有りましたら、メールを下さい。
今でも、新潟の燕市で宗教法人に登録しています。埼玉の「森林公園」のそばに埼玉の分院?が有ります。
龍命堂といいます。
必要なお金は「気持ちで」と言われていましたが、私の父の時(14年前)には毎日1000円ほどを、差し上げていました。
ひと月に一度御礼を差し上げます(1万円だったと記憶しています)。
1ヶ月ほど前に友人の兄さんが新潟に行ってきたようです。前立腺の腫瘍マーカーの数値が上がったからのようです。
最後に、見ず知らずの人間からこんな書き込みをされて迷惑だったかな?
今、友人の奥さんの妹さんが癌で全身に転移しているようで、何とかしようとがんばっています。
ここで、疑問です! どうして龍命堂を勧めないのか?
友人も知ってはいるのですが、奥さんが宗教と言うだけで拒絶しているようです。
こんな理由で助かるかもしれない命を無くすことは、良く有ります。
この書き込みを削除するにかかわらず
お元気で!!!
詳しいことは(あまり詳しくないですが・・・)メールにて。
それでは、失礼いたします。

投稿: hiroyuki4966 | 2008年11月21日 (金) 02時00分

きゃんべる。さん 疲れていませんか?
お母様の容態はよくなられましたか?
何も出来ないけれど・・・・祈っています。

投稿: ムク | 2008年11月25日 (火) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 朝の電話 | トップページ | 無題 »