« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月29日 (日)

今日のきゃんべる。湖

今年も春がやってきています。

Image580

| コメント (0)

2009年3月19日 (木)

本日トリプル外来

本日はなんとトリプル外来でした。

  1. 乳腺外科
  2. 脳外科
  3. 骨塩検査

げっちょり。疲れました。

乳腺では、早くも次の検査月と内容の確認。
6月12日の診察で話がきけるよう前週に採血などの検査を受けるのである。
忙しい時期だけど、体調管理には注意をしなくっちゃ。

はかちゃん。なんだかず~~~~~~~~っと画面をみたまま硬直していると思ったら、
<骨塩、そろそろ受けようか?>
<ああ、今日、夕方受けますよ~>
<何!同じこと考えてんな~、数字を教えてな>

それから、最近気になっている、術側全体と健側のざわざわ感などを伝えたら、みっちり触診をしてくれました。んで、大丈夫と。

最近、触診をしない医者が多いけど、はかちゃんはおっぱいマニアなので、きちんとしてくれるのであった。

それから先週、頭を大きくぶつける大事件が発生したこと。最近物忘れが本当にひどいこと、頭痛があることを告げ、その場で

脳外科直行

を命ぜられました。およよ。

脳外科はたぶん初診の顔合わせだけだろうと思っていたら、話を聞いたあと
<じゃあ、CTとってきて>
<へっ?今から?>
<そう、今いってきて>

びっくり。というより、この時点で

確実に諭吉が足りない!

ことに気づきました。しかも、銀行カードを忘れていることにも気がつき、まままままずい!

と思いながらCTへ。頭のCTは初めてでした。
CTルームへ入ると、いつもとは逆方向に寝させられ、かつ、動かないようにヘッドギアのようなものをはめさせられました。しかも

唾液をのまないで

ぐげ。そういわれると、したくなってしまうもの。MRIの騒々しさとは違う、簡単なものでした。お値段5500円也。
診察室で見た結果、

  • 乳がんの転移らしき所見はない
  • 打撲の腫れも、内部には問題ない
  • 気になる隙間などもない

ということで無罪放免になりました。
ああ、きっとホルモン療法の副作用よ。この物忘れのひどさは。

薬局へ行き、たぶん、お金が足りないことを告げると
<借用書を書いていただければ、大丈夫ですよ>
そう、いつまでに返金します!宣言に署名をすればOKとのこと。

15000円の借金患者になりました。

その後、出勤をし、仕事をした後、夕方からは骨塩。
1年前にやったと思っていたら、2年前。去年やらなかったことに気づきました。
患者失格です。

Image583

結果は、、、、

同世代の84%!

ぐげげげ。2年前より確実に数字が落ちている!

<このままでは、骨粗しょう症まっしぐら>

と言われました。が~ん!
イエローゾーンからレッドゾーンへ落ちかけています。

<今の数字をkeepして!>

そう、もし、がんをのりきっても、骨がだめになるかもしれません。
これも、化学療法、ホルモン療法の副作用の果て。
エビスタのんでも、この状態ってことは、ちょっと考えないといけないっすね。

ま、ひとまず陽に当たりますかね。

| コメント (0)

2009年3月12日 (木)

連日ライブ

今週は中学・高校時代の思い出のバンドやロッカーの来日が相次ぎ、ライヴラッシュに陥っています!

まず、月曜日はジャーニー。懐かしすぎる!泣きのギター、ニールファンな私は、華麗なギターテクニックに惚れ惚れしましたよ。

腹はでたが、足は細い。

Images

アルバムで聞いていたとおり、ヴォーカルも、スティーヴをほうふつさせるクリアーボイス。

そして何よりドラムがすごかった!ディーン・カストロノヴォ!

もともとメタル系からきただけに、シャープなリズム、バスの聞いた音。しかも歌までうまい!最高でした。

でだしからオールスタンディング状態でしたが、心地よい疲れです。

そして、本日はロッドスチュアート。

ふたりに共通するのは、<やり続けていること>。貫き通す親父がどうも好きなのだ。

しかも娘まで出てきてびっくら。そのうち孫まで出てくるんじゃないかと思っています。長生きした甲斐があったというものです。

Image575

サッカーボール、欲しかったな~。

二つとも、客層がかなり上でした。。。

| コメント (0)

2009年3月 6日 (金)

告別式

告別式へ行ってきました。最後のお別れです。

魂の抜けた器となった彼女がそこにいました。でも、軽く微笑んだ顔は、いつもの彼女のままでした。

常に人を思いやり、感謝する気持ちを忘れず、死とまっすぐに向かい合いました。
何がそうさせるのか?

旦那様が彼女の年賀状を読み上げました。その中の一文に答えがありました。私も印象に残っています。

「人生の限られたロスタイムが、あとどの程度あるかわかりませんが、全うな大人として生きたいと思います。365日。」

<全うな大人>

素敵な言葉です。

彼女は、病とはかかずに<やまい>といつも書いていました。
以前、飲んだときに、その理由を尋ねたところ、
<やまい・やまう>。<病>はただの病名だから。だから<やまい>のほうが私にはしっくりくるの。

手術、幾度にもわたる化学療法をすり抜け、生き抜いたがん細胞の行き先は、自死。自死しかありません。それでも暴走し続ける、自死の細胞・がん。

不条理な奴よ。

心から、本当に心からご冥福をお祈りします。
ゆっくり、休んでください。
そして、花見の一等席をyue少納言さん、れひさん、ぶげママさん、つるさん(1月8日逝去)、ミームラさん、おおくのブログネットワークの仲間で確保しておいてください。
私たちもいつか行きます。

ってか、その前に一度こいよ===!待ってるから。

| コメント (1)

2009年3月 1日 (日)

合掌

昨日、28日は母の四十九日でした。

骨もないままの四十九日。なんだかとっても変な感じでした。
まだ、電話をすればそこにいるような。。。

とても疲れたようで、帰宅後から爆睡してしまい、先ほど(1日)おきてメールをみてびっくり。

最愛の友・はむさんが、28日の夕方、空へ旅立っていったことを知りました。

同期の桜。

仕事に悩み、続けるかどうか悩みを打ち明けたベルギービールを飲んだ夜。
私が二度目の入院をしたときも1番先にきてくれました。
そして、母の死を知り、<きゃんべる。さんの心と身体は大丈夫か?>と、

常に自分のことより、周りを気遣う優しい姉さんでした。

<春になったら桜を一緒に見に行こう!>とメールを送ったのが、最後になりました。
返事に、最近の写真と猫ポンの写真を返信。

<末期だけど痩せてません>などと、いつものはむ節を炸裂させていました。

今年になって二人も大切な人が逝きました。

病も人生の一部とはいえ、悔しい。早すぎる。

遺志を引き継ぎ、生きていきます。

お花見の一番良い席、みんなでkeepしておいてね!!

今まで本当にありがとう。合掌。

| コメント (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »