« 紹介状リストアップ | トップページ | 初外来 »

2009年9月 4日 (金)

涙★涙の外来

涙でいっぱいの外来になりました。

5年間。ずっと診てくれたはかちゃんとの最後の外来です。

Cimg0715

はじめて診察室へ入ったときの<ストレスためちゃったでしょ?>の一言。
延々3時間にもわたる説明。
<一緒に生き方を考えていこう>の一言。
<糸がきれちゃうよ>の一言。

ぜんぶ、ぜんぶ、私の心の支えになってくれました。weep
先生の言葉でどんなに救われたかわかりません。
心も身体も。そして家族も。

あれから5年。
倶楽部の患者さんが亡くなったとき、一緒に寂しそうな顔をしてくれましたね。
母がなくなったときも。父の大腸癌のときも。一緒に考えてくれました。

<人間ステロイド剤>と私のことを呼びましたよねpout
<昼間っからあんなに爆睡するか~?>抗がん剤のオエオエで昨晩は一睡もできなかったのよ。

<本当に急なことになって申し訳ない。>

紹介状を書きながら、ポツリとつぶやいておりました。
2週間前に決まったそうです。
実家(病院)の家業を継ぐための帰還。

この先、どうなるか100%大丈夫とは言ってあげられないけれど、とにかく、糸をはりつめすぎないように。ゆったりと生きなさい。そして、頑張りなさい。
おれもフリーターとして頑張る。

↑これは映像つきで撮影しちゃいました。

静岡へ1年に1回、診察してもらいに行ってもよい?と聞いたら、<いいよ>って。
温泉付でいくわよ、私。

待ち時間によく行ったコーヒー屋。

Cimg0722

この風景とも最後。

Cimg0724

最後の注射は、はかちゃんにしてもらいました。私の下腹が見えてます。

Cimg2009090302

そして、5年分のお礼を言って一緒に写真を撮りました。

Cimg2009090301

命を救ってくれてありがとうございました。

心を救ってくれてありがとうございました。

家族を救ってくれてありがとうございました。

病気を教えてくれてありがとうございました。

生きるのに必要な気づきをありがとうございました。

本当は最期まで看取って欲しかったけど、仕方がありません。
先生の最期は私が看取ってあげるわ!!

私は生きてやる!

カルテの情報開示請求の提出書類を書いて、医務課へ。審査があるらしい。
若い兄ちゃん。<医療訴訟ではないですね?>だと。

あ・ほ・か?

自分の身体のこと、自分の身体にくわえられたこと、しっとかんでどないすんねんて。

あんなに世話になった先生、訴えるわけないべさ。ったく。

帰り道、もうこれで会えないのかも?と思うと、寂しくて、哀しくて、いろんな思い出がよみがえってきて、涙がこぼれても止められませんでした。

心から尊敬できる、人格者であり、医師でした。
5年間本当にありがとうございました。
身体に気をつけて、ともに生きていきましょう。

薬の影響か?なんだかとても疲れました。明日は、転院先で初めての外来です。

チョイ緊張。

« 紹介状リストアップ | トップページ | 初外来 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 紹介状リストアップ | トップページ | 初外来 »