« カルテ情報開示 | トップページ | 失ったものの情報 »

2009年11月25日 (水)

生きる授業

え~、授業してきました。

某大学にて。

大学の授業って、学生時代は何につながるのか?ようわからんもんです。
実学が足りんからだと、今は思っていますが。
学生時代は学問として吸収することより、<単位のため>だったり<卒業するため>の目的の方が大きかった気がします。
おいらがいた学科は、必須授業や実習が多く、選択できる余地が少なかったから。

で、大学2年生を対象に、<がん漂流記>をお話してきました。そのあと、ワークショップ。

最初は、<がん>ではなく、<NPO>の話が聞けるのかと皆、思っていたようです。
授業が始まると同時に、<こうみえても、がん患者なんですヨ>とお話をすると、皆の目の色が変わりました。

そのあと、がんという病気の仕組みとか、診断されたときの自分の気持ち、今の問題点などをときおりクイズを混ぜつつ、ベラベラと話しました。

最後のワークショップ。とても感動しました。
私の方が、うるうるweep

それから授業の感想。裏側までびっしり書かれていました。お世辞とはいえ、

マジで感激しました。

そして今日は高校生。午前中は、新聞の記事がきっかけでめぐり合った新しい仲間たち。そして、午後は120人の若者。みんな、16歳・・・ええ、同い年ですね!(強引)

介護福祉を目指す高校生たちだったので、病気の話もとても理解をしてくれました。

それからワークショップ。とても面白かったです。すごい広い視野をもっていたり、将来を見据えて書いている子。様々です。

高校1年生の授業も盛り上がりました。手を上げる子なんていないだろうな~と思っていたら、あちこちから手があがり、自主的に発言をする子がいたことに、感激しました。

今どきの子と、自分のコムスメ時代を比べると、ずいぶん違うな~と。
生きること。未来のこと。きちんと考えていますよ。大丈夫。

« カルテ情報開示 | トップページ | 失ったものの情報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カルテ情報開示 | トップページ | 失ったものの情報 »