« アルゼンチンチン珍道中記④ | トップページ | ののちゃん外来 »

2009年12月20日 (日)

アルゼンチン珍道中記・宇宙編

今回、ヒューストン経由でアルゼンチンへ行きたかったので、航空会社はコンチを選択しました。

んで、ヒューストンといえばNASA・・・

行ってきました。面白かったっす。

というのも、高校時代、機械工学へ進学しようかと密かに思っていたのですよね~。
でも、女の子が少ないのこと(=就職困難)、製造業界が下火になっていたこともあって、辞めたんですわ。

でも、今だにミニカーなどのおもちゃが好きなのは、工学デザインがすきなんですな~。

んだもんで、NASAは、その宝庫でした。

Houston_002

これがNASAのスペースセンター屋内展示棟です。

Houston_004

敷地が広いので、こんなトラムで移動します。
この日はスッゲー寒くて、凍えてました。確か、8度ぐらいだった。
んで、チェックも厳しかったっす。

この日は何故かアラブ系の観光客が団体で押し寄せており、集合時間をまもらずに大変でした。寒いから、早くしよ~ぜ~。という感じで。

Houston_006

これがパンダ。。。スペースシャトルです。
これで訓練します。
↓ロケット型のものと比べて(これはアポロ計画)シャトルはコンパクトです。

Houston_018

んで、これがロケット噴射部分。綺麗です。↓

Houston_026

これが連結部分。↓

Houston_024

この中にアポロが収納されます。↓

Houston_022

こんなエンジンで飛ぶのかい?といいたくなるけど、無駄が無く、綺麗です。↓

Houston_014

んで、月の石。触れます。
私、大阪万博、渡米中で知らんのですよね。盛り上がりを。

Houston_030

笑ったのが、この写真。
トラムに乗る前に写真を撮るのですわ。
ああ、きっと皿とかに貼りついてくるのね~と思っていたら、合成写真になっていました。

私のポーズが良かったのか、大爆笑もののおさまりになっていました。
違和感ないし~。

Cimg1420

NASAスペースセンターは結構おすすめです。

ただ、かなり遠いのでレンタカーかバスで。
タクシーだと1万円以上かかるのでは?

バスは、ダウンタウンのホテルから、<スペースツアー>と称して、60$で行けます(入場料込み)。これはかなり安い!
ホテルで問合せをして、予約をしてもらうか、自分でするか、どちらかです。

« アルゼンチンチン珍道中記④ | トップページ | ののちゃん外来 »

コメント

6年前、オーランドに出張したとき、同僚の男性とふたりでスペースシャトルを打ち上げる準備中のスペースセンターに行きました。その同僚とは仕事の接点が全く無かったのに、シャトルや火星探査機の話題で盛り上がり、楽しく過ごしました。

帰国後しばらくして、彼の肺がんが発覚。一度はバンダナ姿で仕事復帰したのですが、1年もたたずに亡くなりました。
その後、私が乳がんに罹患。バンダナの意味が始めてわかったんです。。。仕事をどうしようかと考えるたびに、スペースシャトルの前で撮ってもらった写真を思い出し、志半ばで逝った彼の分まで働こうなどと思うのです。

機械工学、面白いけど大変よ。。。火星探査機やボーイングは我が社の製品で設計開発されてます。あ、マンモやCTもね。

投稿: あんず | 2009年12月22日 (火) 00時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アルゼンチンチン珍道中記④ | トップページ | ののちゃん外来 »