« もじゃもじゃLIVE | トップページ | アルゼンチンチン珍道中記③ »

2009年12月14日 (月)

今日から新しい道がスタートします

今日から、私の新しい道が始まりました。この先、まだ、どうなるかわかりません。またトランジットするかもしれません。でも、活動を通じて病気の意味を探していきたいと思います。

さてさてアルゼンチン編はまだまだ続きますが、、、

今回の目的の一つに、MDアンダーソンツアーがありました。

米国の院内での患者アドボケイトや長期フォローアップ、チーム医療、小児病棟などを知りたかったため。

一番感動したのは、

患者が医療の中心にあったこと。

患者が医療の中心になるということは、患者も自分の病を知らなければなりません。

それは怖いことでもあり、知りたくない世界かもしれません。
その扉を開くために、サバイバーがきめ細かくフォローしていました。
そして、病院からはたくさんの情報が提供されていました。

Cimg1418

ブレストだけで、これだけの資料があります。重さにして5kg近くになりました・・・。

さらに、炎症性乳がんのパンフレットや論文集もあります。

Houston_056

Cimg0918

乳がん自体はとても罹患者数が多い病気ですが、その中でも、病理の結果によっては、非常に情報が少ない、治療方法がわからないものがあります。

炎症性乳がんは、ぶげさんハミさんも情報が無くて、本当に困っていました。
こういった論文が日本でも見られたり、翻訳してもらえるととても良いだろうなと思います。

NBCC、そして、MDACCで出会った皆から言われ、期待されていること。

<ここで得た学びとネットワークを、日本の医療に還元し、新しいアクティビィティを創造していくこと>を新しい道の柱していきます。

« もじゃもじゃLIVE | トップページ | アルゼンチンチン珍道中記③ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« もじゃもじゃLIVE | トップページ | アルゼンチンチン珍道中記③ »