« 母が私に伝えたかったこと | トップページ | 東館の素敵なところ »

2010年5月30日 (日)

はまりんぐ

もう今日が何日なのかさっぱりわかりませんが、わりとマイペースで楽しんでいます。
肌に会います。この街は。気取りがないし。

昨晩は、夜中に雷雨があり、ピカピカ光る夜空を見ながら爆睡。

朝は早起き。メールと仕事をちょいとして、行きたかったスミソニアンへ。
national air and space museumから。
昨年、NASAへ行っていたから、何やら復習のような感じ。
着いたら、ちょうどツアーガイドが始まるところだったので、飛行機乗りだったというおっちゃんの案内に従って金魚のふん。

Cimg2242

飛行機。乗るのは大嫌いですが(理論は理解しています)デザインは好きです。
機能美。そういえば、こちらの警官は全員グロッグ17でした。あ、どうでもよいですね。

Cimg2283

リンドバーグの隣にあるのが、成層圏をグライドするやつですね。
デザインが進化して今のかたちになっていく様がとても面白かったでやんす。

Cimg2249

月の石。また触ってしまいました。

Cimg2298

エンジンづくりが、バイクづくりに変わった会社。
なにせ、スバルもSAABも飛行機エンジン作っていたメーカーだしな。
美しい。何気筒だ?

コクピットの歴史なんかも観られるのですが、年代、機種ごとに微妙にちがっていて、写真を並べると面白いです。
う~ん、今度、こういう講演会も普通にやりたいな~。ブログではおいつかない。

笑えたのが、スチュさんファッション。昔から、流行の第一線だったんですね。
まあ、↓これは許すとして

Cimg2318

↓これはないと思うよ・・・。

Cimg2319

そして昼食。はい、おきまりのマック。しかも大マック。マックシェイクの大きさが…。
たしか幼少のころも、これを一本飲みきれず、初めて飲みきった暁には家族中でお祝いをしてくれたことを思い出します。
昔は、紙容器じゃなくて、プラのコップを直参していたんだよね。

Cimg2333 Cimg2331

お土産はタグね。
どこで死んでもわかるように。1分で彫ってくれます。$9ちょい。

Cimg2305

その後、national gallery of artへ。
ここは東館に行きたかったのよね。

ダビンチとかボッテシチェリ、ターナーとか色々あるけれど、おらが好きな人はあまりいないのよね。西館には。フレスコ画とかって宗教わかっていないから意味わかんないし。

ただ、圧倒的な再現力。特に質感の表現の凄さと遠近法には感動しました。(下はラファエロ)

Cimg2352

東館はええ!

Cimg2367 Cimg2368

Serra先生のプレート。踏めません!
barnett newman,jean dubuffet,jackson pollock,robert rauschenberg,franz kline…
妻利にいけなかった反動がふきだしました。

Cimg2392

alexander calder こんな素敵なものもできるんだと思いました。いつもモビールだから。
jim dine 素敵です。遠くから見ると模様の3Dになっているのですが、近くだと文字なのです。こういうセンス。大好きです。

Cimg2371 Cimg2372

屋外彫刻もいかったっす。LICHTENSTEINとかもあったけど私のツボはこれでしょう。

Cimg2408

bary flanagan 考えるウサギ(ロダンのもじりですな)

そうそう、PANTONEなあなたにはこんなお土産も。
思わず、●番ありますか?って聞きたくなってしまうあなたは、かなりうまっています。

Cimg2399

帰りは、FEDERAL TRIANGLEから乗車して帰宅。ほえ~疲れたがな。

とにかく、こういうものが全て私物で寄贈されているっていうところがすごいです。
日本じゃ、何十億円で落札しても、どっかへ行って、高い入場料でみなくちゃいけないですよね。でも、スミソニアンは無料。でもそれを支えるドネーションマインドがある。

ゲージツは爆発なのだ!dash

« 母が私に伝えたかったこと | トップページ | 東館の素敵なところ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 母が私に伝えたかったこと | トップページ | 東館の素敵なところ »