« 無事です・まずは落ち着いて行動を | トップページ | 東京の状況 »

2011年3月14日 (月)

正しい医療情報の提供を

聖路加に缶詰になったとき、一緒にいたサバイバーが「あ、お薬持ってこなかった!」と動転している姿を見て、「薬が切れる」ことに対する不安感、情報の大切さを知りました。

被災地だったら、、、

考えると自分にできること、ありますよね。
節電だって
自転車を使うことだって

できること。たくさんある。

必死にTWITTERで発信しています。
先生に情報ももらっています。
情報の一元化もしています。

日曜日の夜中に仲間と連携しあい、一枚の要望書を提出しました。「333.pdf」をダウンロード 

薬事法の壁があるのはわかっています。
でも私たちは患者の気持ちを伝えたかったのです。

今日、一枚のプレスリリースが返ってきました。「1111.pdf」をダウンロード

できること。たくさんある。

骨髄移植提供者の方が被災地で亡くなられたそうです。
この骨髄を待っていた患者さんが前処置をしていたら、どうしましょう。
とても危険な状態です。

できること。たくさんある。

今朝の外来。電車の本数が激減していて大混雑。
でも、みんな我慢して乗ってた。
普段だったら喧嘩だってあっただろうに。

日本ってすごいかも。

そう思い始めています。

« 無事です・まずは落ち着いて行動を | トップページ | 東京の状況 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 無事です・まずは落ち着いて行動を | トップページ | 東京の状況 »