« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

献体から帰ってきました

日にちが変わり、昨日になりますが、母の献体後の火葬に立ち会っ​てきました。

まず驚いたのは、落合斎場がめちゃくちゃ新しくなっていたこと!​火葬の間や待合も一新されていて、本当に驚きました。
義父のときは、本当に古くて(それが味でもあった)、寒かったこ​とを覚えています。

斎場内にはシャンデリアがさがり、エレベーターに乗ると<上へ参​ります~>とエコーかかったアナウンス。
<こ、これは、天の声か​?!>と家族でおののきました。

<○○家の皆様、焼きあがりましたのでご参集ください>みたいな​放送が流れたのも衝撃的でした(コメント、ちょっと違うかもしれ​ませんが趣旨は一緒です・爆)

医大の方の案内に従って待合室に入ると、他に3家族ほどいらっし​ゃいました。
次の時間にも何家族か入っていたので、今日だけで1​0家族ぐらいはいらっしゃったのではないかと思います。

しばらく待った後、お釜の間に呼ばれました。

え?と思ったのは、お釜の間に、この日に火葬をする方、全員の棺​がまとめて隅に置いてあったこと。
ただ、本当にポツーンと置かれ​ていました。棺とは気がつかないほど、普通に。
<これ、献体のだよね・・・?>と旦那に聞くと<うん、たぶんそ​うだね>

その中の一つが動かされ、母の棺だということがこの時点で分かり​ました。
写真立てに遺影を置き、棺をみると、本当にたくさんの釘が刺さっ​ていました。ふたは開けられませんし、もちろん、窓はあっても顔​は見られません。
<顔はみられないのですよね?>と聞くと<ええ、お顔はもう3年​経っておりますので、、、>とのこと。これは覚悟をしていたこと​なので仕方がない。

次にお焼香を済ませ、棺の上に花束を置き、家族・親戚で見送りま​した。
このとき、隣のお釜を見ると、豪華な棺にたくさんの花が手向けら​れ、たくさんの人が囲んで最期のお別れをしていました。
でも、うちの母の棺は、白い布が扉に巻かれただけ。
開けることも、何もできません。

本気で涙がでました。
ただ、棺に手をあてて<お疲れ様でした>とだけ言いました。

寂しかったです。

母の気持ちを尊重して生前に合意をしましたが、こうなると、本当​にそれが良かったのか?
もっときちんと見送りたかったという後悔の気持ちが出てきました​。

そして母の棺は消えて行きました。あっけなく。

しばらく待合にいると、<終わりました>と呼び出されました。
お釜の間へ行くと、ふたが開いて、出てきました。

骨の量が少ない!!

これが感想です。結構身長もあり、骨太だったのですが、なぜか原​形をとどめないほどスッカスカでした。
<スウィート←前に飼っていた犬の名前:ラブラドール>の骨の量​より少ない!

驚きでした。
んで、気を取り直して、皆で骨をひろいました。大きな骨を探そう​としてもあまりなかったです。
<火力が強すぎ?>などと言いながら。
愛犬のときと同じ大きさの骨壷なのですが、犬のときは満杯だった​のに、半分もいきませんでした。頭蓋骨の一部と、下あごの一部が​かろうじてわかるぐらい。
んで、あとは風呂敷にくるんでおしまい。

遺骨は父が持って帰りましたが、しばらくは家に置き、春、桜の季​節になったら納骨をする予定です。
でも、本当に、あの隣のお釜との差は大きかったな~と、ぐさぐさ​感じています。

ひとまず、お疲れ様でした!と言いたい。
私はあなたの娘に産まれたことを誇りに思います。産んでくれてあ​りがとう。
そして、空から見守っててください。

| コメント (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »