« 選択 | トップページ | 介護保険 »

2015年10月28日 (水)

質問

私と旦那が結婚するときに、彼女は一手にとりまとめを引き受けてくれたのですが、そのときにお付き合いをされていた男性とその後、結婚をしました。大学時代に卵巣がん(1c)を経験していた彼女は「人生の一番つらいときによりそってくれてくれたことに感謝をしている」と言っていました。ところが、その後、いろいろなトラブルがあって離婚をしていました。

実は、私も同じようなことが原因でつきあっていた男と別れたことがあります。その男は、別れて数年たったあと、突然の心筋梗塞で亡くなってしまったのです。だからおせっかいばばーとしては気になる。

私はまずメッセージで「池ちゃん、今日、お話をする時間はありますか?」と聞くと、妹さんが夕方帰るからそれ以降なら大丈夫!との返事をもらい、思い切って私の気持ちを伝えました。

私は、自分のときの話をし、気持ちとして「訃報を聞いた時、頭にきた。一度でいいから会って、バカヤロー!と言ってやりたかった」と言いました。そして、「池ちゃん、私が後悔するかもいれないから、聞かせてね。答えなくなかったら答えなくていいから。」「うん」

「彼と会いたい?」

ちょっとの沈黙が流れたあと、「いい。それは。会いたくない。」私は池ちゃんを泣かせてしまいました。「ごめんね、ごめんね。もう二度と聞かないから。私がそんな経験をしていたのと、自分がそれをひきずりかけたことがあったから聞いてみたけど、ごめんね。もう聞かないから。」というと、「ううん、ありがとう。聞いてくれてありがとう。まだ彼の病気は治っていないということを人伝てに聞くし、いま、私が会ったとしても、私は何もできないから。」

この時点で私は暴発。

「ええええええええ? ‘何もできないから’って、まだなんかしてあげるつもりなの???あんたは、菩薩か?私なんか、一発殴らせろぐらいの怒りの気持ちはないかを確認したくて聞いたのにーーー!」あまりの性格の違いでした。どこまでも、どこまでも、人に尽くす子なんだ・・・そう思って、笑いながらふたりで大泣きをしました。

ごめんな、池ちゃん。

« 選択 | トップページ | 介護保険 »