« 希望を探して | トップページ | ハグ »

2015年10月28日 (水)

希望が少なくなる中で

レジメンGが奏功し、彼女の呼吸はだいぶ楽になりました。そして、このまま、耐性ができるまで続けるのだろうと思ったところ、いきなり主治医から「私の手を離れてしまった。残念」という話を聞いておどろきました。

そう、治験に参加をしたのです。

あの状態で治験に?しかも、効いていた薬を途中でやめてまで??えええ、しかもP1?

これには私も合点がいきませんでした。私は池ちゃんにやんわりと聞きました。すると、自分が臨床研究に携わっていた薬を使ってみたかったのだと。

えええ?そんな理由?えええ?

この治験については病院のTOPページにも大々的に掲げられていました。癌治療の最先端にいた彼女のこと、伝達システムなどを熟知しての決断だと信じることにしました。

そして、そこから2週間程度たったころ、フィンランド旅行がはじまりました。FBから、とてもよい眺め、最高の天気、美味しそうな食べ物の写真がアップされるたびに、よかった、よかった、奏功しているのだと思っていました。そうはいっても、辛い身体はあるはずだから無茶をしてほしくないことを願っていました。

やがて無事に帰国。ほっとしたのもつかの間、「入院をしました」「放射線なので元気です」「お昼、中央で食べるときがあれば来てください」との連絡。放射線で入院という言葉にいやーな予感がしました。

速攻で、お見舞いにいき、思い切って、「放射線ってどこにあてているの?」と聞くと「脳」、努めて冷静に「うん、そうか、ガンマ?」、すると「多発ででてしまって全脳照射をしているの」とのこと。驚いて、そして、彼女自身のショックの大きさを考えて、「脳は放射線効くし、しっかり治療を受けようね。」
そして恐る恐る「治験は?」と尋ねました。

「当然、ドロップアウト。脳転移がわかってしまったので。」

と悔しそうな顔で話をしてくてました。私はショックでショックで、凍りつきました。
「治療は?次の一手はどうするの?Gに戻れるの?」思わず聞いてしまうと「Gに戻そうかと思っている」と返事がかえってきました。脳転移がわかったのは、旅行の前日だったそうで、どんな気持ちで風景をみてきたのかなと思うと、涙がこぼれました。と同時に、活かせてくれた担当医に感謝の気持ちでいっぱいになりました。あのときしか、なかったと思います。

だけど、このときの彼女の身体は既にボロボロの状態。入院中は暇とのことで何回か病院周辺のお店に外出許可をとってくりだしました。

« 希望を探して | トップページ | ハグ »