« 2015年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2015年12月

2015年12月20日 (日)

介護保険

昨日の午前中は愛する友の形見分けというかスコアの整理をしてました。譜面にぎっしり書かれた文字にいろいろな思いや息遣いが聞こえてきて、妹のあっちゃんと盛り上がり、なかなか作業が進まず、あとは午後の旦那オケ部隊に任せて患者学会へ。



積極的治療を納得してやめた日の問診票や最後の希望にかけた日の問診票などがでてきて、「診察室はあんたの時間だから」とひとりで行かせたことに涙が出そうになった。

もう一つ束がでてきて、それがこの写真。最初にHELPコールが入ったとき、これまでの仲間の看取り経験から「これからの自分の生活のために介護保険の申請、しよう!」と伝え、文書係で一緒に申請をしたけど、その後、ひとりで場所さがしをしていたんだなぁと。



「こんな場所があります…って言うんけど、そこがどんな特色がある場所かは全然検証されていなくて、インターネット以上の情報、患者が一番知りたい情報がまったくないのよ。」と言ってました。「緩和まで見ない病院だからこそ必要なのに、今までここにきた患者はどうしたんだろう」と。

書き込みには審査のことやお金のことなど。彼女は、主治医から半年もたないと知らされた時点で介護保険申請を出したんだけど、「非受理」。
このときも「またダメだよ」と言いながらも、最後の場所探しを一生懸命やったわけです。で、結果は亡くなる4日前に「要介護1」。愚痴ひとつこぼさない彼女が初めて

「この状態で1かよ」

と吐き捨てたのに、私はなんにもできませんでした。そのときはポータブルトイレも電動ベッドも食事も酸素ボンベがつけられる車イスも清拭もあったわけで。

多くの仲間の看取りをしましたが、家族も寄り添えないような介護保険制度、届かない緩和ケアをなんとかすることが与えられたテーマです。

« 2015年11月 | トップページ | 2017年1月 »